teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


古写真のサイト

 投稿者:一風斎  投稿日:2008年 6月22日(日)18時56分39秒
  素晴らしい古写真のサイトがありましたので、
皆様にご紹介申し上げます。


幕末に来日して多くの写真を撮影した、ベアトの写真をフィーチュァしたサイト。
Felice Beato's Japan Place
http://ocw.mit.edu/ans7870/21f/21f.027j/beato_places/fb_menu.html

こちらも素晴らしいです。
OLD PHOTOS ofJAPAN
http://oldphotosjapan.com/en/
 
 

いつもどうもです。雑記更新しました

 投稿者:とし  投稿日:2008年 5月 6日(火)18時37分16秒
  この連休は天候にめぐまれました。どこかいかれましたか。私はどこにもいきませんでした。携帯替えていろいろ操作してました。ワンセグ、写真、動画、そして、記録などなんでもありですね。独りでもなかなか愉しめます。笑
さて、雑記ですがいつもレスしていただいて嬉しく思います。今回は徳川家光。短いですが近々に次作も予定してます。唐太宗や徳川家康など。日露戦争の大山厳元帥もだしたいと思います。大山は司馬遼太郎さんが坂之上の雲で印象深く書いていました。武人の徳操も長くなりましたが、教本に書かれていることは道徳としては色あせない感じがしますね。書いていていつも思います。忠心というのがやや鼻につく時がありますが、総じて善良です。これを読むと日本軍人もまんざらではなかったように感じてくる。今後も今に受け入れらすい部分をひろって挙げていきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

http://www.k2.dion.ne.jp/~bakumatu/

 

RE:とし様

 投稿者:一風斎  投稿日:2008年 4月13日(日)17時41分45秒
  とし様

昔の中国の王や将軍がいかに優れていたかがよくわかるエピソードですね。

それにひきかえ、今は・・・と思ってしまいます。

ありがとうございました。
 

御無沙汰です

 投稿者:とし  投稿日:2008年 4月13日(日)16時50分7秒
  一風斎さん、お元気ですか。相変わらず賑わってますね。うちもほとんど放置していましたが今回武人の徳操、新しいのあげました。中国の人物です。よかったら、お立ち寄りください。少しずつでも更新しますのでまた連絡しますね。ではまた。

http://www.k2.dion.ne.jp/~bakumatu/

 

RE.舞矢さま

 投稿者:レイ  投稿日:2008年 3月26日(水)15時24分15秒
  写楽?版下絵の件大変参考になりました。ありがとうございました。
図録に掲載されている版下絵9枚のモノクロ写真についても現存していない様子ですね。作者が写楽でないにしても、なかなか素晴らしいので、誰の作品なのか気になるところです。
 

北斎展

 投稿者:一風斎  投稿日:2008年 3月 2日(日)18時29分26秒
  名古屋市美術館で開催中の「北斎展」を見てきました。

オランダからの里帰りの、シーボルトから依頼され北斎が弟子達と共に描いた、「日本の風景や慣習」を描いた作品は、今回初めて見ましたが、それは興味深く素晴らしいものでした。また北斎得意の肉筆画も名品・佳作ぞろい。

遠くからでも見に来る価値が大有りです。

北斎の展覧会だと、普段は美術館に縁の無い老若男女が集まるというのが、
楽しいですね。それだけ万人をうならせるパワーが作品にあるということでしょうか。
 

トンデモ

 投稿者:舞矢  投稿日:2008年 2月24日(日)23時41分19秒
編集済
  一風斎さんご自身も下で書かれているように、写楽に関しては謎が多いので、
何を言ってもいいという風潮になっているのでしょう。
韓国側としても、「北斎=韓国人」という映画だったら、作りにくいかもしれません。(^^;

もっとも、韓国のトンデモ説の中には、「日本人=在日朝鮮人の成れの果て」というのまで
あるそうですから(;^_^A、その論理でいくと、全ての日本人が韓国人になってしまいます(笑)。
韓国の反日は政治的なガス抜きであり、その根本には何でも自分中心の中華思想があるので、
何を言ってもムダでしょう。
日本人のように、相対的なものの見方ができる文化って、意外と少ないみたいです。

あまりに滅茶苦茶な誹謗中傷、嘘に対しては反論すべきかもしれませんが、
その場合は論理的な根拠をきちんと提示できるよう、日本人も自分たちの歴史や文化を
勉強しておくべきと思います。(私自身への反省も含めて。(^^;)理論武装しましょう!

http://homepage2.nifty.com/3bijin/

 

RE:舞矢様

 投稿者:一風斎  投稿日:2008年 2月24日(日)15時03分31秒
  舞矢様

版下絵について貴重なご意見ありがとうございます。
ギメ美術館云々のことは恥ずかしながら知りませんでした。
勉強になりました。

映画に関しては、
マスコミ・メディア関係の影響力は軽視できないものがあり、
「とんでも本」が見過ごされるのは私は我慢出来ません。

というのは、例えば「剣道」を韓国起源だと主張し、そういう主旨の団体を作り、アメリカで積極的に普及活動をしているという実態もあります。

私が出来ることは微々たるものですが、世の中には、許される嘘とそうでないものがあるといった所でしょうか。

http://poirot2.hp.infoseek.co.jp/

 

韓国の写楽映画

 投稿者:舞矢  投稿日:2008年 2月21日(木)21時01分52秒
  一風斎さんのお怒りはごもっともですが、日本人スタッフについて、映画業界なぞというのは、
お金をもらえばなんでも作る世界ですから、あまり真に受けないでください。(^^;
私も以前に、某宗教団体がスポンサーのトンデモ映画(アニメ)の製作に関わったことがあります。
下請けとしては、そういう仕事が流れてきたら断れません(笑)。

それよりも、日本国内でもまだまだマイナーな感のある浮世絵が、韓国で認知されたことだけでも
楽しいと思ったりして(笑)。

http://homepage2.nifty.com/3bijin/

 

写楽の版下絵について

 投稿者:舞矢  投稿日:2008年 2月21日(木)20時51分51秒
  下のレイさんのご質問について、横レス失礼いたします。m(__)m
一風斎さんも「この絵について問い合わせがあったのは、これで二度目です」と書かれていますが、
いまだにこの絵が写楽の版下絵として紹介されているとは、困ったものです。(^^;

この絵は、ギメ美術館などが所蔵する一連の版下絵(現在、9枚が確認されています)の1枚で、
明治時代にバルブトーというフランス人が収集したものだということがわかっています。
絵師は不明ですが、役者の顔や紋所が写楽の時代と違っているところから、写楽でないことは
確実視されています。
詳しくは芸術新潮の昭和41年2月号に、ハリー・パッカードが考証を寄稿していますので、
図書館などで確認をお願いいたします。

http://homepage2.nifty.com/3bijin/

 

レンタル掲示板
/43