teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


三角タモが入荷しました

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年 6月25日(月)11時48分44秒
  皆様に大好評のカーボン製折畳み式三角タモがリニューアルして入荷しました。

差し込み部分をステンレスに変更して強度アップしました。
超軽量で竿袋に竿と一緒に収納できるコンパクトさが、都会派や担ぎ込み派の釣人に大人気です。
もちろん、今まで通りこれまでのタモの柄に合うネジ仕様。
価格はこれまでと同じ5,500円です。

ご予約の皆様には、順次発送致しますので暫くお待ち下さい。
 
 

スッポ抜けを減らすために

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年 6月25日(月)09時37分56秒
  >TOKUさんへ

いつも大鯉研究所をご愛顧戴き、誠に有難うございます。

スッポ抜け問題は、永遠の課題ですね。

特に、野鯉が警戒心を抱き始めるとスッポ抜けが増えるようになります。

これは、野鯉が警戒して強く吸い込まなくなるからです。

私もこの問題に対して、色々試行錯誤してきましたが、最後に辿り着いたのが昔から行われている半誘導仕掛けです。

これは、オモリの部分を半遊動式にして、吸い込むときは抵抗を少なくし、吸い込まれてからはオモリが利くというものです。

遊動距離は5cm程で十分で、これで殆どスッポ抜けはなくなりました。

この仕掛けは、ユーチューブの<WCCS冬用仕掛け>の中で紹介していますので、参考までに御覧ください。
 

スッポ抜けを減らすために

 投稿者:TOKU  投稿日:2018年 6月24日(日)11時45分25秒
編集済
  鯉研様、皆様、初めまして。江戸川下流域で鯉釣りをしているTOKUと申します。龍王を使うまでは60台までしか釣ったことがなかったのですが、昨年の夏から龍王を使いはじめ、70台、80台が釣れるようになり、今年になって90オーバーが釣れ、とても嬉しいのですが、悩みが1つあります。それは、スッポ抜けが多い事です。仕掛けはスパイクオモリにダンゴの発泡吸い込み1本針です。ハリスの長さは10㎝、15㎝、20㎝を打ち替えの度にローテーションしています。これを今年1年間試し、来年のハリスの長さを決めようと思っています。今のところ、どの長さでも釣れ、どの長さでもバラシ、どの長さでもスッポ抜けます。針はソイ針で寒い時期16号からはじめ、小型のニゴイやヘラブナが掛かる度にサイズアップして現在21号です。最大22号まで使う予定で10月頃からサイズダウンしていくつもりです。私はスピニングリールを使用しています。アタリがあり、糸が引き出されていくと、スプールをおさえ、かるくアワセます。そして掛かったらドラグを調節してやり取りします。いつもこのやり方ですが、糸が引き出されいるのにアワセても全く掛からない場合と、掛かったと思った瞬間フッと軽くなって外れてしまう場合があります。また釣りあげることができた時もラジオペンチでないと外せないほど針がしっかり掛かっている時もありますがケアマットまで運ぶ間にタモの中で針が外れてしまう時もあります。私のアワセ方などの改善点を見つけ、スッポ抜けを減らすために鯉研様や皆様のご意見がいただきたく、はじめて投稿させていただきました。宜しくお願いいたします。

5月に釣れた92㎝ 12.7㎏です。
 

釣りキチ30平さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年 6月17日(日)19時48分36秒
  レンギョのメーターゲット、おめでとうございます。

荒川のレンギョは、小西さんの本で良く紹介されていましたが、大型が多いようですね。

レンギョのタナは、初めての場所で見つけるのは中々難しいものですが、3m程のタナでアタリが出るときは、結構大型が多いようです。

濃尾地方では、殆どレンギョが生息していないので、関東にお住まいの方が羨ましいですね。
 

今年初のレンギョ釣り

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2018年 6月17日(日)17時38分19秒
  本日、午前中は荒川へ発泡part2によるレンギョ釣りに行って来ました。荒川は利根川水系ではないため、禁漁期間はありません。それでは何故今まで、この時期荒川でレンギョ釣りをしなかったのかというと、川の近くにパーキングがほとんどなくけっこう長距離の担ぎ込みになるため、敬遠していたからに過ぎないのですが、今日は突如やる気になったのです。虫の知らせとでもいうのでしょうか・・・。

本日のポイントは初場所でした。そのためタナ取りにはかなり苦労したのですが、何とか2本をゲット。その掴んだタナは私にとっては初体験の深さで、何と2.5m。広芝池だと3mくらいのタナになることはこの掲示板で以前高橋さんに教えていただきましたが、荒川あたりでこんなタナで食うのかと驚いた次第です。

そしてさらに驚きだったのは、最後の団子餌でアタリを取り、それがメーターレンギョだったことです。まさに大物は忘れた頃にやってくる。4年ぶりのメーター魚に出会えて、しかも大好きな発泡part2によるメーターレンギョ。感激でした。

これからも頑張ります!


 

琵琶湖大会

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年 6月 4日(月)11時29分6秒
  今週末は、全国鯉釣り協会西日本ブロック主催の琵琶湖大会が開催されます。

私は、10日に本部会場のさざなみホールで、いつものように展示即売会にお伺いいたします。

多くの皆さんのご来場をお待ちしています。



>黒のエブリイさんへ

掲示板のチェックを忘れていまして申し訳ありません。

折り畳み検寸台の、再入荷予定は秋頃になります。
 

折り畳み検寸台

 投稿者:黒のエブリイ  投稿日:2018年 5月25日(金)21時22分33秒
  折り畳み検寸台の、再入荷予定ありますか  

三角タモ

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年 5月18日(金)19時12分56秒
  連休明けに入荷を予定していました三角タモに就きまして、かなり遅れるとの連絡が発注先より入りました。

既に製品は完成しているのですが、船便の積荷が揃わず入荷は6月20日頃にずれ込む予定となりました。

商品の入荷を心待ちにしているお客様には、大変ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ありません。

誠に畏れ入りますが、今しばらくご猶予の程お願い申し上げます。
 

三角タモ

 投稿者:鯉釣りマン  投稿日:2018年 5月15日(火)12時37分25秒
  連休明けましたが、まだタモ網の入荷予定は分からないんでしょうか??  

5月例会

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年 5月14日(月)17時05分5秒
  今週末は濃尾野鯉会の5月例会が木曽三川で開催されます。

例年ですと、5月の琵琶湖大会に合わせて行われていましたが、今年は琵琶湖大会が6月に開催されるため、5月例会は木曽三川で行われます。

集合場所は、5/20午後2時、長良川・南濃大橋下左岸です。

なお、先日、津崎会長のほうから送付されました春の琵琶湖大会の申し込みに就きまして、月例会での手渡しもOKですので、参加予定の方は申込書をお持ち下さい。

>赤トンボ(新潟)さんへ

今年の新潟地方の野鯉釣りは、例年より遅れているとの事、少し驚きました。

確かに今年の冬は、濃尾地方も1.2月と厳寒でしたが、3月以降ぐっと気温が上昇し、桜の開花も例年より1週間以上も速まりました。

その影響で長良川では4月早々に産卵が始まり、合同釣行では大型ラッシュに湧きました(私だけ蚊帳の外でしたが…)。

さて、今年はこれからどうなるのか予測不能に陥っています。

赤トンボ(新潟)さんは、遅れた春を是非共取り戻して下さい。
 

レンタル掲示板
/278