teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


釣果が400尾に・・・?

 投稿者:つるたろう  投稿日:2020年10月 6日(火)06時15分12秒
  秋口になってから釣果が少なくなったが、何とか今シーズンの釣果が400尾に・・・
50cm以上のサイズを数えています。
鯉釣りを長い間やってますが、今回の記録は自分でも2度とクリアー出来ないのではと
思っています。
興味のある方はブログを・・・https://ameblo.jp/kita-kobusi/  
 
 

全国鯉釣り協会西日本ブロック主催-合同大会

 投稿者:コイケン  投稿日:2020年 9月29日(火)13時24分54秒
  場所:琵琶湖全域、今回のみ余呉湖含む
期間:10/23(金) 18:00 ~25日(日) 12:30(集合時間)
参加費:無料
集合場所:長命寺三角地のアスファルトの駐車場
集合時間:10/25 12:30厳守
景品:1~10位、メーター賞
検量:各自のスマホ/デジカメ等での鯉の自撮り(検量台と手持ち)
   集合場所で審査員に自撮りしたスマホ/デジカメ等の画面を見せて確認してもらう。重量は各自で測定(同寸の場合重量で判断)
順位:1匹の全長、同寸の場合は申請重量又は抽選

濃尾野鯉会の10月例会は、これに参加もしくは濃尾一帯で行います。
釣果報告は、会長まで連絡して下さい。
 

9月例会

 投稿者:コイケン  投稿日:2020年 9月21日(月)09時53分9秒
  今週末は、濃尾野鯉会の9月例会が久々に開かれます。
新型コロナウイルスの影響で春の月例会は全て中止になり、後期日程なども決まっていません。

暑かった夏もようやく彼岸を迎えて秋めいて来ました。
今までの溜まっていたもやもやを、広大な木曽三川の大自然の中で吹き飛ばしましょう。

そして、今後のことを話しましょう。

夜の明けない夜はありません。
必ず、日は昇ります。

withコロナの時代にも、野鯉釣りは不滅です。
 

喫茶るんるんさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2020年 9月18日(金)09時41分0秒
  引き続き揖斐川の野鯉ゲット、おめでとうございます。

鷺田橋のポイントは、静かで自然豊かで、実に色々な生き物が見られます。
過去には、鹿やキツネも現れました。

難点は、少しの増水でも入れないことです。
水位に注意して楽しんで下さい。

それと、先生付けは止して下さい。
普通にさん付けでお願いいたします。
 

鷺田橋の鯉

 投稿者:喫茶るんるん  投稿日:2020年 9月17日(木)22時32分46秒
  連続でスミマセン(-_-;)
本日(9月17日)鷺田橋下流にて74cm程の鯉をあげました!
名前の通り鷺がちらほら、対岸では狸?、草むらには鷲のような生物がいて
とてもにぎやかな様相でした。

揖斐川で釣りをするようになって鯉は流れのない淀みや池にいるものと
勝手に思い込んでいましたが、流れのある中流域にも生息するもんなんですね!
川に生息するんですから当然ですが、改めて実感しました。

次回はコイケン先生の動画を参考に長良川の初鯉にも挑んでまいります!!

※私はラーメン好きでもありまして、鷺田橋近くの「我一豚」さん
 味が濃いめですが結構美味しかったです!

 
 

喫茶るんるんさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2020年 9月11日(金)18時19分58秒
  揖斐川の野鯉ゲット、おめでとうございます。
揖斐川の野鯉のパワーとスリルを満喫されたようで、堪りませんね。

これから秋が深まるにつれて野鯉の活性も上がり、大型も更に現れるようになります。
是非、どうしようもないようなパワーを味わって下さい。
 

揖斐川初鯉Get!

 投稿者:喫茶るんるん  投稿日:2020年 9月11日(金)15時17分3秒
  こんにちは。
苦節1年と4か月!とうとう揖斐川で鯉を釣りました!!
場所は以前に高橋さんが紹介されていた「万寿のテトラ」です。

高橋さんの動画を参考にしまして
早朝、明け方よりコマセを10個ほど撒き
発泡吸い込み仕掛けに龍王の素練りの団子仕掛を
約1時間後に投げ込み、ひたすら待つ。

90分後にエサ交換をし、40分ほど過ぎたころ
突然バイトアラームが鳴り、道糸が排出されていくではありませんか( ゚Д゚)
しかも、ドラグの調整がうまくいっていなかったのか?
途中でバックラッシュをしてしまい糸がリールに引っ掛かり
ものすごい力で水中へ竿が持っていかれそうになりました!
しかし前回の教訓を生かして竿には尻手ロープを繋いであったため
そのまま竿を手に取り、走り回る鯉と約10分ほどの格闘
なんとか78㎝の鯉を釣り上げました!!
噂には聞いていましたが揖斐川の鯉のパワーと走行性(笑)は凄い?

そこから約1時間後、ほったらかしにしていたもう一本の竿にもアタリが!
最初の鯉よりもさらに走ること走ること!!(80mほど道糸が持ってかれました?)
約15分の格闘の後、80cmの鯉があがりました!!

ちなみにこの2匹との格闘で(安物ですが)タモが殉職されました(泣)

揖斐川の鯉、病みつきになりそうです。
今後もまだまだ挑戦してまいります!!
 

TOKUさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2020年 9月 8日(火)04時40分30秒
  小型を避ける方法としてハリスを長くするというのは、オモリまでの距離を長くすることにより、オモリを利きにくくする為です。

吸い込む力の弱い小型は、ハリを吸い込んでも、オモリが利かずハリ掛かりしないで吐き出すという方式なのです。

ただし、吸い込む力が弱い場合は大型でも掛かりません。
 

小型を避けるために。

 投稿者:TOKU  投稿日:2020年 9月 7日(月)17時51分50秒
  引き算の釣り96㎝×2観ました。
小型を避けるためにハリスを長くし、針を大きくするとありましたが、針を大きくするのは分かりますが、ハリスを長くするとどうして小型が避けられるのでしょうか?
 

(無題)

 投稿者:つるたろう  投稿日:2020年 9月 1日(火)08時16分55秒
  ご指導頂き有難うございます。
私の場合は近くのブッシュや浮草、ゴミの集合などがあるところが
狙い所なのでトラブルはよくあります。だから足元のトラブルは下流に走らせると言う
のは今度試して見ます。私の場合は自分で作った写真のような道具を使ってブッシュや流木を寄せるのに使っています。
 

レンタル掲示板
/303