teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


つるたろうさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 2月13日(水)08時37分19秒
  いつも私の拙い動画を御覧戴き、誠に畏れ入ります。

水門川は水都と呼ばれる大垣市を水源としている都市河川で、湧き水も多く真冬でも10度を越える水温を誇っています。

下流では牧田川・揖斐川へと注ぎ、数年前には30km下流で釣れた1mの大鯉が釣れた記録があります。

横曽根排水機より下流では汽水域となっていて、昨年に伐採工事が行われるまでは鬱蒼と柳などの大木が両岸を覆う、絶好の隠れ家となって居ました。

そのため、野鯉たちの絶好の越冬場所ともなっていて、更に春に本流に雪解け水が流れるようになると群れが大挙して昇り、春のお彼岸には大鯉が良く釣れて釣人で賑わった覚えがあります。

季節的な移動に関しては、この春の登る時期と、晩秋の落ちの時期の2回があります。

問題は、昨年行われた樹木の伐採です。

浅くて狭い河川の陰が無くなると、野鯉たちが留まってくれるかどうか心配ですね。
 
 

水門川 釣行記を見て

 投稿者:つるたろう  投稿日:2019年 2月12日(火)20時21分31秒
  今回もお疲れ様でした。悪条件の中 見事に釣果があってさすがですね・・・
マップで見ると下流の方に行くと大きな川と合流しているようですので鯉の動きも
かなり遠距離を移動するんでしょうね・・・?その中でも冬期間は餌の多い所を
移動しているのでしょうか???
 

つるたろうさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 2月 5日(火)20時48分30秒
  いつも私の拙い動画を御覧戴き、誠に畏れ入ります。

つるたろうさんこそ、厳寒の北の大地で釣果を上げられ感心致します。
これからも頑張ってチャレンジしてください。
 

牧田川釣行記をみて

 投稿者:つるたろう  投稿日:2019年 2月 5日(火)18時19分46秒
  いつもながらご苦労様でした、今回の釣果も綺麗な型でしたね、
1月に入ってから釣れたのですが、この季節はなかなか難しいものがあります。
 

2018年・釣果報告の申請をお願いいたします

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 1月 8日(火)14時23分0秒
  濃尾野鯉会の皆さん、新年おめでとうございます。
昨年中の成果は如何だったでしょうか?

2018年・釣果報告の申請をお願いいたします。
1月19日の新年会で年間大物賞を決定いたしますので、15日までに高橋までご連絡下さい。

現在までの報告による候補は次の通りです。
野鯉の部 1m3cm(15.7kg) 11月24日高橋冨士夫 琵琶湖
努力賞の部 97cm(15kg) 11月10日 坂口和憲 木曽川
草魚の部 1m30cm(38.2kg) 4月1日 津崎信好
青魚の部 該当無し
レンギョの部 該当無し

また、全国鯉釣り協会への大物申請も同時にお願いいたします。
サイズは、90cm以上です。
 

行く鯉・来る鯉を見て・・・

 投稿者:つるたろう  投稿日:2019年 1月 8日(火)12時45分56秒
  改めて 行く鯉・来る鯉 を拝見して琵琶湖のポイントは凄いな~…と感じました。
北海道には色々なポイントがありますが、私は札幌近郊のポイントより回らないので
道内の他のポイントは余り知りません。身体がもう少し若かったら・・・?とも
思いますが私の能力では今の条件で満足しております。
ただ高橋さんの色々な知識と説明がとっても参考になるので、今シーズンは
私の釣果数をもっと更新できるようにがんばりますよ。
 

釣りキチ30平さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 1月 6日(日)20時31分12秒
  新年おめでとうございます。
また、初鯉ゲット、おめでとうございます。
本年もどうか宜しくお願い申し上げます。

>つるたろうさんへ

凄い釣果ですね。
私の知り合いにもパックン釣法といって、同じように鯉を浮かせて釣る方が居ますが、やはり凄い数を上げられていました。

それにしても、北国の北海道でそれだけの釣果を上げられているとは素晴らしいですね。
 

初鯉

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2019年 1月 5日(土)11時54分41秒
  高橋さん、行く鯉、来る鯉の成功と無事の御帰還、おめでとうございました。

私も昨日、平成最後の初鯉をゲット出来ました。
そしてそれは、発泡吸い込み仕掛けによるダンゴでの80オーバーと良いスタートがきれました。

今年も頑張ります!
 

コイケン さんへ

 投稿者:つるたろう  投稿日:2019年 1月 4日(金)11時22分30秒
  ゆく鯉 来る鯉」お疲れ様でした。
ご丁寧な対応を有難う御座いました。FBでは今回ご一緒のShinzo Taniyamaさんもですが、
コイケン さんともだいぶ前から友達とさせて頂いてました。

こちらの釣りはこの時期になるとポイントが凍らない、温排水地域に限定しているのと
駐車場で車から見ていられるようなところでないとアタック出来ないもので・・・?
中々厳しいものがあります。

又、私の釣り方は皆さんと少し違う釣り方をシーズンの大部分で行っていますが、
11月後半頃から翌シーズン5月中旬頃迄は投げ釣りですが、それ以外は竿1本で浮いている鯉を
専門にポイントを移動しながら狙っています。こんな釣り方で、2016年270尾,2017年165尾、2018年271尾と(50cm以上)
数で楽しんでいます。本州各地のような大物は少ないのでこんな楽しみ方をしております。
今後もよろしくお願いします。
 

つるたろうさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 1月 4日(金)09時53分50秒
  新年おめでとうございます。

また、初鯉ゲットおめでとうございます。
それにしても、北海道の白銀の中での釣果は素晴らしいですね。

北海道は、「遠征でまた行ってみたい釣り場はどこですか?」と聞かれたとき、北海道ですと即答した憧れの大地です。
広大な大地に、大河あり、三日月湖あり、山上湖ありの美しくて人情あふれる夢のようなフイールドでした。

さて、私の方は、記念すべき平成最後の【行く鯉・来る鯉】を初めて琵琶湖で行いました。
ポイントは、初日の出を正面に拝める場所ということで湖西の北小松に決定し、あとは運を天に任せ晴れることを祈るだけでした。

今回は30年来の旧友や新しき友人と4人で、テントを張り暖かい鍋を囲んでの楽しい語らいの釣行となりました。
愛知県、三重県、岐阜県、滋賀県の別々に離れた地域に暮らす釣友が集まりました。

実は、岐阜や琵琶湖も年末寒波で雪が積もり、私の大好きな雪の中での年越しとなりました。
私は30日の午後に雪の中を琵琶湖に到着し入念に準備をしましたが、残念ながら琵琶湖の寒鯉は中々厳しく、行く鯉に出会う事はできませんでした。

元旦は、それまでの時雨模様が奇跡的に晴れ渡り、素晴らしい初日の出を拝むことができました。
これだけで、琵琶湖に来た甲斐があると感激したものです。

その後、夕方には一緒に年越しをした仲間達が帰宅し、私もアタリの無いポイントを少しずらして眠りに就きました。
すると、その夜に2尾の来る鯉が私を訪れてくれ、素晴らしい思い出となりました。

翌日は、石川県と滋賀県の釣友もわざわざ陣中見舞いに訪れてくれ、お土産まで戴いて意気揚々と琵琶湖を後にしました。

私の人生も残り少なくなりましたが、体力の続く限りこの行事を続けて行けたら良いと思っています。
 

レンタル掲示板
/283