teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:クレイジー鯉太郎  投稿日:2018年 7月13日(金)12時13分6秒
  コンケンサンへ

いつも、動画楽しみにしています。
琵琶湖尾上漁港でのメーターオーバーは、
さすがコイケンさんです。


琵琶湖のような、広大な場所での鯉釣りは、


新規ポイントかどうかで、考え方が変わるかも知れませんが、

やはり、狩猟的釣行ではなく耕作的釣行が
大型への近道ですか?
 
 

ありがとうございました

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2018年 7月12日(木)21時04分4秒
  ご回答、ありがとうございました。これから針はサイズを取り揃えて持っていこうと思います。

先日の釣りでは、現場にて浮木下を発砲針のハリス分を調整し、1本目を上げることができました。理由は、レンギョが団子を直に吸い込んでいるかもしれないと考えたからです。しかしそのアタリ方も微妙で、前述の質問のように1回浮木が消えすぐに水面に戻り、また駄目か、と思った途端、今度こそズッポリ水中奥深く浮木が消えていきました。95cm。良型です。

これで浮木下調整で解決したのかどうかはしりませんが、1時間後に2本目。しかしこのアタリ方も実に微妙で、仕掛けを投げ込みボケ-っと浮木の動向を眺めていますと、ちょんちょんと浮木が動いたかと思ったら少し沈み、元に戻り、すぐさまちょんちょん横走りで静かに浮木が動いたかと思ったら、また少し沈み、を繰り返したのです。
完全にスレでジャミが針掛かりした感じでした。ボラでも付いちゃったかなと思ってラインを巻き取り竿を煽ると、寝掛かりのような手応えです。もちろんレンギョなのですが、たぶんスレだろうと思いました。鯉のようにえらく勢いよく走ったのです。しかし手元に寄せるとちゃんと上唇に針は刺さっていました。97cm。これも良型です。そしてそこで納竿しました。

もしかしたらですが、大型の群れが寄っていたのかもしれません。大型は警戒心が強いため餌を吸い込む力が通常の型(80cm~90cm前半)より弱い認識を持ったほうが良さそうです。冬はともかく盛期に質問のようなアタリが頻発したら、それは大型のチャンスかもしれません。
 

釣りキチ30平さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年 7月11日(水)23時23分7秒
  ご心配戴き、誠に有難うございます。
さいわい、私の居住地では何の災害も起きず、無事に過ごすことができました。

ご質問の件に就いてですが、発泡仕掛けpart2に於けるそうしたアタリの経験はありませんでした。

原因に就いては、ソイ針の19号を用いられていることから4はおそらく無いと思います。

その状態は、ハリ掛かりが悪いため外れてしまうことだと思います。

ハリ掛かりが悪くなる原因は、オモリが軽くて利いていない、獲物の口が小さくてハリが深く入らない、警戒心が強くて吸い込む力が弱いなどが考えられます。

そのような場合、ハリを小さくしてみると効果が出る場合が多くなると思います。

ブッコミの野鯉釣りの水中映像を見ていますと、フナと替わらないサイズの野鯉の群れが寄っている場合に、そのようなすっぽ抜けのアタリが多く見られました。
そこで、ハリのサイズをおとしてみると、小型の鯉が釣れてきました。

そのようなケースがまたあれば、一度試して見て下さい。
 

先ほどの質問の追伸

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2018年 7月11日(水)20時58分27秒
  スレの可能性もありました。付け加えさせていただきます。  

質問です

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2018年 7月11日(水)20時46分18秒
  先日の日曜日は、久しぶりに釣りができました。それにしても東京は豪雨とは無縁でした。岐阜県が大変だったのはテレビで見ていて知っていましたが、高橋さんがお元気そうなのは何よりかと思います。

今回の釣りは前回味をしめた荒川のレンギョ釣りで起こった出来事についてです。発泡part2による向こうアワセのレンギョ釣りです。

簡単に言いますと、アタリは出るのですが、針かかりしないのです。そのアタリ方とは、大型玉浮木がズボッと沈みはするのですが、おっ、来たっ!、と腰を浮かせて竿に駆け寄る合間に、浮木は元に戻っているのです。これが三回続きました。正直な話、私からするとほとんど経験のない出来事でした。
思い返すに、そういえば12月にレンギョ釣りした時似たようなことが一度あったのが脳裏に甦りましたが、それっきりです。原因は何か?

1、レンギョの吸い込みが甘い
2、タナが微妙にズレている。
3、外道。
4、発泡針が小さくテコの原理が効いていない。

高橋さんが発泡part2を開発されていたとき、似たようなことはあったでしょうか? 私は1から4、いずれも当てはまると考えますが、1と2が最も有力かと考えています。ちなみに針はソイ針の19号です。

ぜひ高橋さんの考えを教えていただければ幸いです。宜しくお願いいたします。
 

TOKU さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年 6月25日(月)18時56分46秒
  三角タモは本日カンガルー便にて発送致しました。
おそらく明日には届くと思います。
以上、宜しくお願いいたします。
 

鯉研様、御回答ありがとうございます。

 投稿者:TOKU  投稿日:2018年 6月25日(月)11時50分8秒
  28日に釣りに行くのでさっそく試してみます。

三角タモ27日までに届くでしょうか?
 

三角タモが入荷しました

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年 6月25日(月)11時48分44秒
  皆様に大好評のカーボン製折畳み式三角タモがリニューアルして入荷しました。

差し込み部分をステンレスに変更して強度アップしました。
超軽量で竿袋に竿と一緒に収納できるコンパクトさが、都会派や担ぎ込み派の釣人に大人気です。
もちろん、今まで通りこれまでのタモの柄に合うネジ仕様。
価格はこれまでと同じ5,500円です。

ご予約の皆様には、順次発送致しますので暫くお待ち下さい。
 

スッポ抜けを減らすために

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年 6月25日(月)09時37分56秒
  >TOKUさんへ

いつも大鯉研究所をご愛顧戴き、誠に有難うございます。

スッポ抜け問題は、永遠の課題ですね。

特に、野鯉が警戒心を抱き始めるとスッポ抜けが増えるようになります。

これは、野鯉が警戒して強く吸い込まなくなるからです。

私もこの問題に対して、色々試行錯誤してきましたが、最後に辿り着いたのが昔から行われている半誘導仕掛けです。

これは、オモリの部分を半遊動式にして、吸い込むときは抵抗を少なくし、吸い込まれてからはオモリが利くというものです。

遊動距離は5cm程で十分で、これで殆どスッポ抜けはなくなりました。

この仕掛けは、ユーチューブの<WCCS冬用仕掛け>の中で紹介していますので、参考までに御覧ください。
 

スッポ抜けを減らすために

 投稿者:TOKU  投稿日:2018年 6月24日(日)11時45分25秒
編集済
  鯉研様、皆様、初めまして。江戸川下流域で鯉釣りをしているTOKUと申します。龍王を使うまでは60台までしか釣ったことがなかったのですが、昨年の夏から龍王を使いはじめ、70台、80台が釣れるようになり、今年になって90オーバーが釣れ、とても嬉しいのですが、悩みが1つあります。それは、スッポ抜けが多い事です。仕掛けはスパイクオモリにダンゴの発泡吸い込み1本針です。ハリスの長さは10㎝、15㎝、20㎝を打ち替えの度にローテーションしています。これを今年1年間試し、来年のハリスの長さを決めようと思っています。今のところ、どの長さでも釣れ、どの長さでもバラシ、どの長さでもスッポ抜けます。針はソイ針で寒い時期16号からはじめ、小型のニゴイやヘラブナが掛かる度にサイズアップして現在21号です。最大22号まで使う予定で10月頃からサイズダウンしていくつもりです。私はスピニングリールを使用しています。アタリがあり、糸が引き出されていくと、スプールをおさえ、かるくアワセます。そして掛かったらドラグを調節してやり取りします。いつもこのやり方ですが、糸が引き出されいるのにアワセても全く掛からない場合と、掛かったと思った瞬間フッと軽くなって外れてしまう場合があります。また釣りあげることができた時もラジオペンチでないと外せないほど針がしっかり掛かっている時もありますがケアマットまで運ぶ間にタモの中で針が外れてしまう時もあります。私のアワセ方などの改善点を見つけ、スッポ抜けを減らすために鯉研様や皆様のご意見がいただきたく、はじめて投稿させていただきました。宜しくお願いいたします。

5月に釣れた92㎝ 12.7㎏です。
 

レンタル掲示板
/277