teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


3月例会

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 3月11日(月)08時54分47秒
  今週末は、濃尾野鯉会の3月例会が開催されます。
新年度最初の例会は、恒例となった釣堀からスタートです。

例会後には、年間大物賞の表彰式が行われます。
該当者及び前年度受賞者は、万障繰り合わせの上ご参加の程お願いいたします。
 
 

釣りキチ30平さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 3月11日(月)08時34分9秒
  大鯉ゲット、おめでとうございます。

体型を見ると、歴戦の強者という感じですね。
巣離れして間もないのか、都市河川の割にはスマートですね。

いずれにしても釣人の多いポイントで、状況に応じて攻め方を組み立てられるという事は、それだけ多くの引き出しを持っているという証明です。

これから春も本格化します。

大いに頑張って下さい。
 

5年ぶりの90オーバー

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2019年 3月10日(日)20時01分59秒
  昨日は都内も絶好の釣り日和でした。私は張り切って日本一汚い川の支流へ朝から向かいました。春の野鯉の動きを知るため、浅場のポイントを狙いたかったためです。

しかし、着いてみるとそのポイントは少し上流に水底を掘るための船舶があり、釣りが無理な状況。がっかりです。仕方なくHG河川へ向かうと、今度は常連さんたちが珍しく勢揃い。挨拶した後、隙間をぬって竿を出す他ありませんでした。アタリは遠そうな状況です。

そのなかで、どうやって釣るか。私が本命にしたのは、ヘチ、でした。都市型河川であるHGは、人工護岸で足元から深いわけですがここを上手く釣れば大型が狙えます。ポイント的には最も狙いやすいのです。ただしアタリは少ない。まあ、一発に賭けたわけです。

上げ下げの潮の動きを見計らい、ボイリーとペレットにより時間をかけてフィーディングを行いながら、下げ止まり一時間前から餌を入れます。餌交換は一時間半から二時間が目安です。

時間は過ぎていきます。アタリは出ません。しかし他の常連さんたちの竿にも滅多にアタリは出ていませんでした。ノッコミ前の食い渋りか、巣離れのためか、バカみたいに竿が並んでいるためか、おそらく全てアタリが出ない理由に当てはまっていたのでしょうが、釣り人が一人帰り、二人帰りで夕方4時50分頃。ヘチの竿を餌交換し、ボケっとしているとバイトアラームの音が聞こえました。誰の竿かな?  まさか自分のものとは思いませんでした。気づくと、さっき餌交換したヘチの竿です。竿の角度を低くしていたので竿先の動きが不明で、さっぱり分からなかったのです。
慌ててダッシュし竿を取ると獲物は上げ潮の流れに乗って走っていきます。手応えは80オーバー。ただ走り終えると足元に寄ってくるまではすぐでした。姿が見えます。うわっ、間違いなく90は越えてる! 数分後、タモ入れに成功。無事にゲットできました。

私は野鯉釣りを始めて8ヶ月で90㎝を釣り、その4ヶ月後にメーターぴったりを釣りました。それから5年間、90オーバーの鯉を上げることはできませんでした。それはビギナーズラックの反動であったのだと思います。つまり、実力もないのに簡単に釣ってしまった反動です。

己の壁を破った気持ちです。

今回の魚は、実力で釣った90オーバー。自信になりました。
これからも、頑張ります!
 

つるたろうさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 3月 6日(水)09時07分47秒
  いつも拙い私の動画を御覧戴き、誠に畏れ入ります。

いやあ、本当に凄い重量でした。

取り込み場所が泥の急斜面のため、ケアーマットのある場所まで運ぶのに何度も滑って大変でした。

この18.2kgの重量は、私が木曽三川本流で記録した野鯉では最大のものです。

しかし、揖斐川ではもっと大型も目撃していますので、体力の残っているうちに出会える事を願っています。

札幌付近でも、これ以上の大物は一杯居ると思いますよ。
 

揖斐川 釣行を見て

 投稿者:つるたろう  投稿日:2019年 3月 5日(火)23時09分18秒
  揖斐川に野鯉を探る- 早春の大鯉18 2kg 』を拝見させてもらいました、おつかれさまです。
メーター物に見えましたが、わずかに足りなかったんですね。それにしても18kg オーバーとは
凄い重量でしたね。札幌にはこんなに思い奴はいないだろうと思います。
 

釣りキチ30平さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 3月 4日(月)08時11分44秒
  爆釣おめでとうございます。

3月に入りめっきり春らしくなって来ました。
都市河川の野鯉達は、冬の間もエサを採って産卵準備は万端のようですね。

木曽三川の揖斐川の野鯉も少しずつ巣離れを始めたようで、水中カメラにはお腹の大きな野鯉も写るようになりました。

いよいよ春コイ始動ですね。
 

春はアケボノ

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2019年 3月 3日(日)20時59分3秒
  本日、3月最初の野鯉釣りへ、HG河川に行ってきました。

朝7時に第1投を済ませ、まったりしようとコーヒーを飲むためお湯を沸かしていると、雨がぽつり、ぽつり。あれ?、予報より早いな。そしてその雨は納竿まで止むことはありませんでした。

そんな中でも野鯉は喰ってきました。80㎝を筆頭に合計7本。発泡では3本。1本だけ60台でしたが、あとはすべて腹デップりの70台以上の型。ぬれましたが楽しい釣りになりました。
いよいよ、魚は動きだしたようです。来週からはHG河川を離れ、本格的な春の訪れを感じたいと思っています。
 

つるたろうさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 2月21日(木)13時40分6秒
  大雪の積もる中、札幌新川の釣果すばらしいですね。
東海地方は昨日よりかなり春めいた陽気になり暖かくなりましたが、北海道は如何でしょうか?

この調子で行くと揖斐川もまとまった降雨があれば、巣離れするかもしれません。
週末は、その様子を確認して見たいと思っています。
 

札幌新川にて

 投稿者:つるたろう  投稿日:2019年 2月21日(木)09時32分17秒
  16日はお疲れ様でした。 揖斐川の釣行はいいサイズが上がりましたね、
わたしも今月に入ってやっと鯉の顔を見てきました。
 

追伸

 投稿者:つるたろう  投稿日:2019年 2月13日(水)11時59分15秒
  何処も開発が進んで自然が無くなるのは時代の流れかもしれないが
出来る事なら自然を戻してやりたい気もありますが、私のような者が声を
出しても聞いてくるような・・・
釣り人のいや?お前の我満だろう・・・なんて言われるようなきがします。
 

レンタル掲示板
/283