teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


タグ付きの野鯉

 投稿者:喫茶るんるん  投稿日:2021年 4月 1日(木)22時28分56秒
  こんばんは。
前回のメーター級の味を占めて2匹目のドジョウ狙いで同じ場所に竿を出しました。
実は先週の土曜日にも訪れましたが先客がおられたので断念、約2週間ぶりです。

いつものように水中カメラで様子をうかがっていましたら
ニゴイの大群に紛れて野鯉を発見!

2投目の約1時間後に竿ごと持っていかれるアタリが!
(この場所は岩場が多くドラグを緩めているとすぐに根に潜られてしまうため、ドラグをきつめにして尻手にワイヤーを装着)
もう一方の竿の仕掛けに絡まりながら10分後にようやくゲット!
(私の取り込みが下手だったためタモが殉職しました)

岸まで持上げたら背びれにタグが付いているではないですか!(計測したら89cmでした)
タグには「R3FT011」の刻印、高橋さんが牧田川で釣られた鯉ではないでしょうか?

今回の場所は今尾橋上流左岸なので牧田川→水門川→揖斐川とかなりの距離を
移動したものと思われます。(鯉にとっては当たり前なのかな?)

揖斐川は魚影は少ないですが釣り上げる度に感動がありますね
益々、頑張っていこうと思いましす!!
 
 

喫茶るんるんさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2021年 3月17日(水)08時45分34秒
  野鯉1mゲット、おめでとうございます。

3月の雪代の時期の揖斐川で上げられるとは畏れ入りました。
それも、喫茶るんるんさんの情熱と努力の賜物だと思います。

これだから、野鯉釣りは辞められませんね。
これからも、思い切り野鯉釣りを楽しんで下さい。
 

2021年の揖斐川初鯉Get!

 投稿者:喫茶るんるん  投稿日:2021年 3月16日(火)22時40分39秒
  こんばんは。
ようやく揖斐川での野鯉を釣り上げることができました!
前回水中カメラでニゴイばかりの中に野鯉が混ざって映っており
さらにエサダンゴがあらかた無くなっている状態にもかかわらず
水底を吸い込んでいる姿を確認できましたので
いろいろな方々の意見もネットで参考にしまして
・ハリスの長さを30cm
・発泡剤を調整して針を少し浮かせぎみにする
・餌の打ち替えはプレッシャーの強い場所では長めに
を参考にさせていただき、ハリスを長くして
発泡剤を調整、約3時間ごとの打ち替えにしました。

朝7時ごろから始めて12時くらいに40cmくらいのマブナ
13時くらいに60cmのニゴイがヒットしましたが、その後はパッタリ
アタリがなく車中で昼寝をしていたら15時くらいにアラーム音が鳴り響き
竿を立てたらニゴイやフナとは違った根掛かりのような重さに
「間違いなく野鯉だ!」
と確信してやり取りを行いましたが、中々引き寄せられずに
約15分ほど格闘の末、何とか取り込みました。
計測しましたら何と!1mジャスト!!生涯初めてです。
托卵しているメスで、しかもかなりおデブ鯉だったのでタモごと引き上げたら
かなり息切れしました。←運動不足&加齢(笑)

揖斐川本流も面白くなってきました!
これからも頑張て行こうと思います!!
 

てゐさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2021年 2月24日(水)13時55分39秒
  アオウオ、ゲットおめでとうございます。
釣りはこうした予想外の出会いがあるから面白いですね。
次も頑張って下さい。
 

コイケンさんへ

 投稿者:てゐ  投稿日:2021年 2月22日(月)21時36分26秒
  こんばんは。やはり、プレッシャーのかかったポイントを攻めるのはかなり厳しいですよね汗仕掛け等、1度全て見直して作戦を念入りに立てて再トライして何とか釣果をあげようと思いますm(_ _)m

自分が目星をつけた別のポイントですが、昨日今日とかなり暖かくなりましたので、本日釣行しましたところまさかのアオウオが釣れてしまいました。勿論人生初ゲットです。まさに青天の霹靂でしたw
 

てゐさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2021年 2月22日(月)14時15分40秒
  プレッシャーの掛かったポイントほど難しいものはありません。
私が新規開拓をメインに行うのは、プレッシャーが無いポイントとであるという事も大きな要素です。
あえてそうしたポイントを攻める場合には、プレッシャーを学習していない方策を探るようにします。

第一はポイントです。
できれば全然攻められていないポイントがあれば一番ですが…
例えば、足場か悪くて簡単に近寄れないポイントであるとか、掛かりが多くて敬遠されているポイントがあれば狙い目です。

次に、エサです。
他の釣人が使用していないタイプのエサを選択すると良いでしょう。
全く違うタイプのエサを狙うポイントにコマセして、学習した頃合を見計らって竿を出すのです。

そして仕掛けもできるだけジャミに強い仕掛けにします。
ハリを大きくしたり、ハリスを長くして、できるだけ簡単に小物が掛からいようにします。

そして、タイミングです。
最もプレッシャーの少ないタイミングを選びます。
例えば、朝一番は夜の間ポイントが休められている場合が多いので、最初の1投はプレッシャーが抜けている可能性があります。

また、荒天時は人の気配を感じ難いため、プレッシャーを忘れることも良くあります。
 

プレッシャーのかかったフィールドでの釣り

 投稿者:てゐ  投稿日:2021年 2月19日(金)23時59分41秒
  こんばんは。数年前、こちらの掲示板の方で色々と質問させて頂いた者です。自分は今19の歳ですが、周りに野鯉釣りを教えてくれる人が居ないので、いつも高橋さんのYouTube動画等を参考に見させていただいております。発泡仕掛けを用いる様になってから、釣れる鯉の平均サイズが上がり、昨年の秋にお陰様で、ようやく80オーバーの野鯉を2尾釣り上げるが出来ました。

更なる大物を求めて、最近ちょくちょく行く野池があるのですが、そこは毎日のように近所の方々が入られており、かなり釣り人のプレッシャーがかかっています。というのも、そこの野池にはかなりの大きさの淡水大魚達が生息しており、自分も確かにその大魚達の姿を確認しております。何度もその場所にトライしているのですが、未だに釣果をあげることが出来ていません。しかし姿を見てしまった手前、何とかして釣り上げたいと思っております。
もし、高橋さんがこのようなプレッシャーのかかったポイントを攻めるとしたらどのようなことに気をつけて攻めますか?因みに常連の皆さんはほとんどラセン式吸い込み釣りで狙われておりました。ご回答頂けたら幸いですm(_ _)m
 

東村山市川さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2021年 1月25日(月)10時30分40秒
  爆釣おめでとうございます。
水温の高い都市河川は、真冬には絶好の釣り場ですね。

現在は、濃尾地方も関東地方も緊急事態宣言が発令されて、行動に自粛制限が掛けられていますが、人に会うことの無い自然相手の野鯉釣りは最高の趣味ですね。

さて、野鯉が2尾釣れた後フナが掛かったという事でポイントをずらし、4尾もの野鯉をゲットされたという事は、野鯉の行動変化を読んだ素晴らしい判断だと思います。

概ね、人間も含めて動物の記憶は場所に関連付けされていて、ポイントを替える事により警戒心もリセットされます。
それを理解して、釣果アップに繋げることができるようになれば、釣果倍増です。

これからも、更にステップアップしていってください。
 

竿1本の釣り

 投稿者:東村山市川  投稿日:2021年 1月24日(日)20時21分17秒
  1/23は東京も久しぶりに纏まった雨が降り、夜になると雪が舞いました。

そんな日に野鯉釣りとはおかしな話ですが、高橋さんの釣りを長年見ている私には、さほどおかしな話ではありません。緊急事態宣言は出ているものの、チャンスを窺って竿を出すのは鯉釣り師の性(さが)です。

という訳で、初釣り以来の野鯉釣りに、昨日朝から都内HG河川へ行ってきました。ちゃんとポイントを知っていれば、混み合うことがないのが野鯉釣りです。
しかし街中のアーバンフィッシングとなるとやはり人目に付きます。御時世でいつ釣り場から追い出されるか分かりません。
そこで竿は1本だけとし、仕掛けを投げ込んだらその場を離れる作戦でなるべく人目を避けての釣りとなりました。不自由ですが、仕方ありません。

結果は6本。すべて発泡ダンゴ仕掛けでの成果です。
今回の釣りの要点は釣れていたポイントを見限り、そこから5メートルほど下流に午後から移したことでしょうか。
どういう事かというと、午前のポイントは朝一に龍王の小ダンゴを8個ほどフィーディングし、1時間半ほど寝かせて第1投。1時間後に第2投。その2投目でアタリの72センチ、3投目で62センチ、4投目でマブナ。
という経緯があったのです。
そのため上記の如く、少しポイントをずらし午後を釣ったのですが、潮が動いた条件も重なり、5投目から8投目すべてにアタリが出て、大満足で帰れたわけです。こうした釣りができるようになったのは、やはり高橋さんのYouTubeビデオを見ている成果かと思います。

その高橋さんの最新作を拝見していて思ったのですが、水中カメラを付けた最初のダンゴのバラケは、いつもよりかなり遅く感じました。水温が低い、流れがあまりない等の条件もあるだろうとは思ったのですが、ダンゴに何かしら混ぜたのかな?、とも考えられます。
その辺り、高橋さんに解説して戴ければありがたいです。
宜しくお願いいたします。

写真はカスカスですが、今年初の80台です。これからも負けずに、しかし無理せず、頑張ります!
 

つるたろうさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2021年 1月 8日(金)21時21分25秒
  新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

また、いつも私の拙い動画を御覧戴き、誠に畏れ入ります。

それにしても、気温の低い北海道で1年間で403尾もの釣果を得られたとは畏れ入ります。
温暖な濃尾地方で釣りをしている私でも、かってそんな記録を達成したことはありません。

これからも是非頑張って下さい。
 

レンタル掲示板
/303