teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


揖斐川  釣行を見て

 投稿者:つるたろう  投稿日:2019年 4月 9日(火)11時12分47秒
  揖斐川千本松の釣行を拝見させていただきました。
ポイントは合流点になっているのですか?
大型が3尾もヒットして素晴らしいですね。
 
 

合同釣行会

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 3月29日(金)12時20分45秒
  今年もいよいよ春の合同釣行会の季節がやってきました。

昨年秋の打ち合わせ通り4月第3週の19日夕方6時から21日正午に掛けて行います。

本日、大会要綱をUPしましたので御覧ください。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

詳細は、HPをご覧ください。
 

釣りキチ30平さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 3月25日(月)10時53分48秒
  メーターオーバーのレンギョのゲット、おめでとうございます。

これも熱心な努力と研究の賜物ですね。

もう何もいう事はありません。

発泡part2の免許を授与いたします。
 

レンギョ自己記録更新

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2019年 3月24日(日)16時04分7秒
  3月20日の春分の日は、春のレンギョ動きを探るため、荒川へ行ってきました。午前中のみでしたが、水温15℃で何とか発泡part2で90㎝ちょうどが1本釣れました。今年の初レンギョです。やはり今の季節でもやれるな、と思いました。

そこで昨日の土曜日(大潮・満潮7時付近)は餌を充分用意して朝からやってみることにしたのですが、ポイントに到着し水温を計ると12℃しかありません。うーん、どうなの?

不安でしたがいつもどおり糠をコマせ、小さめのダンゴを3個作って仕掛けを打ち込みました。この三つのダンゴは5、6分間隔で交換します。何故か? それはレンギョに投餌音を覚えさせるためです。野鯉の釣り方と同じです。それが終わったら、魚探を入れます。レンギョの寄りと水深さらには最も大事なタナを探るためです。ここでおおよそ判断できます。春分の日もそうだったのですが、この日も朝一のタナは3mから3m50付近のようでした。


そこから餌を打ち返すこと2時間、しっかり浮木が消し込んで、95㎝。春分の日の初レンギョもそうだったのですが、タナは3m。この深さからレンギョを引っ張り出すのは、けっこうやりやがった感があり満足できます。
しかしここからが難しいのです。汽水域、プラス大潮の干きに入っていたので急速に水位が下がり、浮木下も変えなければなりませんが、ここでも活躍するのが魚探です。私もディーパーではない安物Wi-Fi魚探を持っているのですが、これで充分。そして糠による追加コマセもします。こうすることにより再びレンギョのタナが探れます。良い時代です

しかし、アタリはありません。寒い日で水温も上がらず12℃のままでしたから食い気も起きない、仕方ないかと思っていたのですが、午後に入ると風がおさまり浮木の動きもはっきり見えるようになりました。諦めずにみたび糠をコマせ魚探を入れます。するとその後は、次第に浮木の周辺がざわざわするようになりました。このざわざわ感というのは、流れにまかせたままに動いていた浮木がぴたっと止まったり、揺れたり、泡付けが見られたりするといった細かい変化で、レンギョがダンゴに寄り出した証です。これが見られるようになると、後は針を吸い込むのを待つだけとなります。

けれど、ここのレンギョはそこまで来てもけっこう針を吸い込みません。おそらく大型は吸い込む力が小さいのです。昨年からこのポイントへ通っていますが盛期の夏場でもそうです。だからこそ掛かれば95㎝以上のクラスに期待が持てるのですが。

我慢してダンゴを打ち返します。すると下げ止まり頃、ようやく浮木が消し込んでいきました。94㎝。

さらに続けます。じっと浮木の動きを眺めていると、浮木が不自然にスッーと上流へ30㎝ほど動きました。
おや?
その後も浮木の周辺にざわざわ感が続きました。執拗にダンゴを追っています。すると再び浮木が上流へスッーと動きました。そしてちょんちょんと円を描くように浮木が動いたかと思うや浮木が寝っ転がりました! 食い上げアタリです。

かなり強い引きで最後まで抵抗した個体は、103㎝強。レンギョの自己記録更新となりました。
その後も最後のダンゴで88㎝を追加して終了。大満足のレンギョ釣りとなりました。

以上長くなりましたが、発泡part2による向こう合わせのレンギョ釣りは、投餌音によりレンギョを寄せることが可能で、発泡part1よりも広範囲を探れます。また魚探を駆使することによりタナを早めに掴め、潮の満ち引きによる水位の動きにも対応できます。つまり発泡part2は単に発泡part1の延長ではなく、独立したレンギョ釣りの釣法として成り立つものと私は思っています。
最大の魅力は針掛かりてす。向こう合わせによる針はレンギョのぶ厚い上顎にがっちり掛かり、ばれることが滅多にありません。

針は、私の場合ソイ針の19号を基本とし、状況に合わせて使えるようソイ針18号と16号を準備しておけば良いと思っています。針に付ける発泡材は、野鯉釣りに使う発泡針にもう少し付け足すくらいの量となります(これを高橋さんは浮力1程度と言っています)。

ダンゴにする餌はマッシュポテトに糠。私はこれをマッシュ7対糠3、もしくは6対4程で混ぜ合わせています。糠はスーパーに売っている煎り糠で間に合います。米屋が近くにあればスーパーよりもっと安く大量に仕入れることができると思います。

浮木は飛ばし浮木の20号、錘はスパイク20号。ただ20号の飛ばし浮木はなかなか釣具店にはないため、その時は15号を代用、スパイク錘も15号にします。

皆様にも、ぜひ発泡part2によるレンギョ釣りを楽しんでいただきたく思います。




 

つるたろうさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 3月23日(土)09時08分30秒
  いつも私の拙い動画を御覧戴き、誠に畏れ入ります。

水門川は冬でも水温が高いため、真冬でもエサを採っていて、卵の成長も早いようです。
これからまとまった降雨があれば、下流の本流から野鯉の群れが昇り面白くなるものと期待しています。

それにしても、北海道の釣り場はまだ凄い雪ですね。
それににもめげずに竿を出されるのには只々感心するばかりです。
 

3月16水門川 釣行記を見て

 投稿者:つるたろう  投稿日:2019年 3月22日(金)21時15分57秒
  重量感のある釣果があって、ご苦労様でした、
DVDを拝見させて頂きました。やっぱり産卵が近い雌の鯉でしょうか・・・?
70cmの鯉は相当なお腹ですね・・・?

私の方もその後春先によく釣れる場所、以前 高橋さんが来道して釣果の合った場所ですが、
茨戸川から石狩川に放水されているポイントに今月に入って何度か行っているのですが、
まだ2度のバラシがあったけど釣果はありません、昨年はこの時期に2^3本の釣果があったのだが
今年はまだあがっていません。




 

古山さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 3月19日(火)21時02分20秒
  いつも大鯉研究所の製品をご注文戴き、誠に有難うございます。

ご注文の商品は、明日3月20日、西濃カンガルー便にてお送りいたします。

これからも大鯉研究所をご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
 

こんにちわ

 投稿者:古山  投稿日:2019年 3月19日(火)17時01分48秒
  龍王暁4袋かいます、

宮城県名取市増田6丁目1-30古山和彦まで送ってください。
 

つるたろうさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 3月12日(火)09時49分58秒
  爆釣おめでとうございます。
いよいよ北海道にも春が来たようですね。

北の仲間が頑張っているのを見られることは、大変励みになります。
これからも宜しくお願いいたします。
 

久し振りの・・・?

 投稿者:つるたろう  投稿日:2019年 3月12日(火)07時39分21秒
  庄内川の釣行ご苦労様でした、DVDを見れるのを楽しみにしています。

さて私事ですが、久振りに思いがけない体験をしてきたので
詳細は https://ameblo.jp/kita-kobusi/  をご覧いただけたら幸いです。
 

レンタル掲示板
/283