teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


冬季のポイント

 投稿者:コイケン  投稿日:2021年11月18日(木)09時43分28秒
  木曽三川は基本的に河川敷の入口には鍵がかけられていて国土省の管轄出張所で鍵を借りる必要があります。
鍵を借受できるのは平日の9時から17時までの間です。
そうでない場所は堤防の広くなった場所か公園の駐車場になります。
ただ、鍵の必要でない場所で真冬に4人が並んで野鯉が釣れる場所を私は知りません。

平日に鍵を借受できるのであれば、長良川の新幹線付近左岸が昔から野鯉の越冬場所として知られています。
次に、揖斐川に注ぐ牧田川もあります。

また、水温の高い庄内川ですが、近年は出かけていませんので寄り付ける場所を知りません。

12月の半ばであれば、海部郡の内川などもまだ行けると思います。
その頃になれば、アカミミガメも大人しくなり、フナも多くいるのでウキ釣りも面白いと思います。
戸田川や宝川など公園の駐車場も整備されていて便利です。
詳しくはユーチューブの動画を御覧ください。
 
 

冬季期間の鯉釣り場について

 投稿者:motoki  投稿日:2021年11月17日(水)21時58分48秒
  初めての投稿失礼いたします。

この度知人合わせて計四人で鯉釣りに行こうと計画をしております。
釣行は来月半ばを予定しております。
冬季期間で厳しい時期ではございますが、もしこの期間に釣れる東海三県の釣り場がございましたら詳細の位置と釣り方やタックル、餌等を教えて頂きたく存じます。

また釣り場の条件といたしまして、
・同行者の一人がシーバスロッドによる吸い込み仕掛けなので七号程度のオモリで止まるような流れの緩やかなポイント。
・初心者なので足場の良く駐車スペースが近くに確保できるポイント。
・一人が雑魚釣りを行うとのことなので、鯉以外の魚種も居るポイント
・可能であれば木曽三川や庄内川、それに準ずる大きな釣り場

以上に当てはまるポイントはございますでしょうか。

突然の依頼でかつ難解な質問で失礼しますがどうぞよろしくお願いいたします。
 

合同釣行会終了

 投稿者:コイケン  投稿日:2021年11月14日(日)16時31分20秒
  第41回クラブ合同野鯉釣り大会は無事に終了しました。

今回は穏やかな晴天に恵まれ、参加された皆さん、存分に楽しまれたようですね。

また、入賞された皆さん、おめでとうございます。

今回も第7位までが90cmオーバーとハイレベルな大会でしたね。

結果報告に就きましては、このHPにて掲載いたしましたので宜しくお願い致します。

 

パスワード

 投稿者:コイケン  投稿日:2021年11月11日(木)15時23分23秒
  合同釣行会のパスワードが決定しました。

21GODO秋です。

このパスワードをスケール写真に添えて撮影して下さい。
 

合同釣行会参加団体

 投稿者:コイケン  投稿日:2021年11月 8日(月)08時39分32秒
  今週末は、いよいよ濃尾地方の合同釣行会です。

新型コロナウイルスの影響で、各地の大会が自粛され、野鯉釣りファンの皆さんは寂しい思いをされているのでは無いでしょうか…

合同釣行会のキャッチフレーズは、『みんな輪になって釣ろう』でしたが、今回もコロナ感染防止のため『離れて釣ろう』としました。

釣り場では多くの方が集まることはありませんが、表彰式会場では万全を期すため、マスク着用とソーシャルディスタンスをお願いいたします。

今回参加の団体は、以下の7団体です。

濃尾野鯉会、夢野活鯉居倶楽部、鯉楽(リラク)、五六野鯉塾、三河大鯉クラブ、チームT-styl、Team Watanabe

大自然の中で、思い切り野鯉と楽しんで下さい。
 

合同釣行会

 投稿者:コイケン  投稿日:2021年11月 1日(月)12時04分1秒
  今月第二週は、いよいよ濃尾地方の合同釣行会です。

新型コロナウイルスの影響で、秋も各地の大会が自粛され、野鯉釣りファンの皆さんは寂しい思いをされていたのでは無いでしょうか…

合同釣行会のキャッチフレーズは、『みんな輪になって釣ろう』でしたが、今回もコロナ感染防止のため『離れて釣ろう』としました。

釣り場では多くの方が集まることはありませんが、表彰式会場では万全を期すため、マスク着用とソーシャルディスタンスをお願いいたします。

本日より参加申し込みを受付いたします。

大自然の中で、思い切り野鯉と楽しんで下さい。
 

坪内さんのご冥福をお祈ります。

 投稿者:木村裕一(日本中央活鯉居倶楽部)  投稿日:2021年10月22日(金)00時14分3秒
  もう25年も前に、高橋さんが大鯉研究所を立ち上げるという話を聞いて、ぜひお会いしてみたいと思ったときに、どうしたら連絡ができるのかと考えて、濃尾野鯉会に聞けば教えてくれるのではと大ゴイ倶楽部のクラブ紹介を見て、坪内さんに電話させていただきました。おかげで一宮の大鯉研究所を訪ねることができて、それまで水門川で鯉釣りするだけだった私たちがどっぷり鯉釣りの世界にはまることができました。いわば、大恩人のおひとりであります。謹んでご冥福をお祈り申し上げます  

坪内氏を悼む

 投稿者:コイケン  投稿日:2021年10月18日(月)20時37分4秒
   令和3年10月17日、釣友の坪内氏が亡くなられた。
学年は私と同じで、半年ほど早生まれの72歳であった。

 数年前より、血液が製造できなくなる難病を患い、車の運転が出来なくなり、好きな野鯉釣りもできなくなり、創立以来30年以上在籍していた濃尾野鯉会も辞めざるを得なくなった。

 そして、今年の春、使用しなくなったタックル一式を私が引き取った。
それから半年も経たないうちの早すぎる逝去であった。

 今は、坪内氏のことで頭が一杯で、思い出が走馬灯のようにぐるぐる駆け周る。

坪内氏と初めて会ったのは、水門川であった。
 同じ江南市の江口氏と一緒に、水門川で竿を出している私に会いに来てくれたのだった。
そして、濃尾野鯉会設立のメンバーとなった。

 それから30数年、坪内氏とは実に多く野鯉釣りや草魚釣りを楽しんだ。

利根川へも同行した。
宮川へも出掛けた。
琵琶湖も一緒に竿を並べた。
一緒に年越しもした。

例会のときは、前夜に木曽川でアユを捕まえて、バーベキューをしてくれた。

八郎潟へも一緒に来るはずだったのに、自宅のボヤ騒ぎで荷物まで送っていたのに来れなくなったこともあった。

 私が一宮で大鯉研究所をやっていたときは、仲間を呼んで良く宴会もした。
少しくどい時もあってタマネギという愛称で呼ばれていたこともあった。
 とにかく、一緒に多くの時を過ごした。

生涯独り身の私にとって、掛け替えの無い仲間であった。
そんな坪内さんがもう居ない…
今は他のことが考えられない…

 悲しいよ~
 寂しいよ~
 辛いよ~
 会いたいよ~
 

月例会

 投稿者:コイケン  投稿日:2021年10月18日(月)08時15分37秒
  今週末は、濃尾野鯉会の10月例会が開催されます。

会場は、濃尾一帯です。

急激に秋らしく気温が下がってきましたので、大鯉のアタリもかなり期待できそうですね。

是非、大物をゲットして下さい。
 

山岸京太さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2021年10月13日(水)08時12分46秒
  いよいよ秋の大鯉シーズン開幕ですね。
多摩川でこのサイズは大したものです。
これからも頑張って下さい。
 

レンタル掲示板
/306