teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:40/2823 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

つるたろうさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 1月 4日(金)09時53分50秒
  通報
  新年おめでとうございます。

また、初鯉ゲットおめでとうございます。
それにしても、北海道の白銀の中での釣果は素晴らしいですね。

北海道は、「遠征でまた行ってみたい釣り場はどこですか?」と聞かれたとき、北海道ですと即答した憧れの大地です。
広大な大地に、大河あり、三日月湖あり、山上湖ありの美しくて人情あふれる夢のようなフイールドでした。

さて、私の方は、記念すべき平成最後の【行く鯉・来る鯉】を初めて琵琶湖で行いました。
ポイントは、初日の出を正面に拝める場所ということで湖西の北小松に決定し、あとは運を天に任せ晴れることを祈るだけでした。

今回は30年来の旧友や新しき友人と4人で、テントを張り暖かい鍋を囲んでの楽しい語らいの釣行となりました。
愛知県、三重県、岐阜県、滋賀県の別々に離れた地域に暮らす釣友が集まりました。

実は、岐阜や琵琶湖も年末寒波で雪が積もり、私の大好きな雪の中での年越しとなりました。
私は30日の午後に雪の中を琵琶湖に到着し入念に準備をしましたが、残念ながら琵琶湖の寒鯉は中々厳しく、行く鯉に出会う事はできませんでした。

元旦は、それまでの時雨模様が奇跡的に晴れ渡り、素晴らしい初日の出を拝むことができました。
これだけで、琵琶湖に来た甲斐があると感激したものです。

その後、夕方には一緒に年越しをした仲間達が帰宅し、私もアタリの無いポイントを少しずらして眠りに就きました。
すると、その夜に2尾の来る鯉が私を訪れてくれ、素晴らしい思い出となりました。

翌日は、石川県と滋賀県の釣友もわざわざ陣中見舞いに訪れてくれ、お土産まで戴いて意気揚々と琵琶湖を後にしました。

私の人生も残り少なくなりましたが、体力の続く限りこの行事を続けて行けたら良いと思っています。
 
 
》記事一覧表示

新着順:40/2823 《前のページ | 次のページ》
/2823