teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:25/2764 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

質問です

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2018年 7月11日(水)20時46分18秒
  通報
  先日の日曜日は、久しぶりに釣りができました。それにしても東京は豪雨とは無縁でした。岐阜県が大変だったのはテレビで見ていて知っていましたが、高橋さんがお元気そうなのは何よりかと思います。

今回の釣りは前回味をしめた荒川のレンギョ釣りで起こった出来事についてです。発泡part2による向こうアワセのレンギョ釣りです。

簡単に言いますと、アタリは出るのですが、針かかりしないのです。そのアタリ方とは、大型玉浮木がズボッと沈みはするのですが、おっ、来たっ!、と腰を浮かせて竿に駆け寄る合間に、浮木は元に戻っているのです。これが三回続きました。正直な話、私からするとほとんど経験のない出来事でした。
思い返すに、そういえば12月にレンギョ釣りした時似たようなことが一度あったのが脳裏に甦りましたが、それっきりです。原因は何か?

1、レンギョの吸い込みが甘い
2、タナが微妙にズレている。
3、外道。
4、発泡針が小さくテコの原理が効いていない。

高橋さんが発泡part2を開発されていたとき、似たようなことはあったでしょうか? 私は1から4、いずれも当てはまると考えますが、1と2が最も有力かと考えています。ちなみに針はソイ針の19号です。

ぜひ高橋さんの考えを教えていただければ幸いです。宜しくお願いいたします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:25/2764 《前のページ | 次のページ》
/2764