teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


スパイク錘

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2018年11月13日(火)12時44分35秒
  高橋さんのおっしゃるとおり、釣行前日の土曜日にマッシュポテトの購入を兼ねてスパイク錘20号も購入しようと考えていたのですが、近くの釣り道具屋にはスパイク錘はおいてなく、おまけにマッシュポテトもない! ええっ、マッシュもないの?

結局ほか3つの店をまわり、何とかマッシュポテトを5袋購入。そしてスパイク錘はどの店にもありませんでした。少し大きめの店にはおいてあるんですが・・・。

ただ今回の仕掛けでも釣れたということは理論は合っていたわけです。それは確かで自信になりました。
 
 

釣りキチ30平さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年11月13日(火)06時59分20秒
  仕掛けの改良が効果を発揮して、大型レンギョの大釣果おめでとうございます。

ただ、今回の仕掛けを見て上のナツメ型オモリは不要だと思います。
オモリを重くするのならその分重いスパイクオモリに変更する方が良いでしょう。

また、食い上げのアタリが多かったという事は、レンギョの居るタナが仕掛けより上にあるという事でしょう。
ウキ下を少し短くしてタナを合わせると、消し込みのアタリがもっと増えると思います。

いずれにしても、釣りは自然を相手にしているため、いつも変化に富んでいて飽きないですね。

私もレンギョを釣りたくなってきました。
 

結果は出ました

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2018年11月12日(月)19時25分27秒
  昨日は先週に引き続き、荒川へ再度のレンギョ釣りに行ってきました。発泡part2の改善なるか、です。

仕掛けの改善は以下のとおりです。

1、ハリスを従来のダイニーマ8号から6号に変更、またハリスの長さを縮め、団子に近づける。

2、錘を20号とする。

3、針は従来のソイ19号に加え18号も使ってみる。

4、浮木止めを協力なものに変更。なるべく玉浮木をずらさないようにする。

という訳で、写メのとおりの仕掛けを作り、これを交互に実戦使用しました。そして、どちらもほぼ同等に釣れました。

気合いを入れて朝6時から夕方日没近くの4時半まで餌を投げ込み、90(2本)、92(2本)、93、94、96の合計7本をゲットしました。まあまあ、結果は出せたと思います。

ほんの少しの改良だけで、今回はおかしなアタリはまったくなく、本数イコールアタリとなったのですが、どんなアタリ方であったのかと言うと、通常の玉浮木水中消し込みが3、後はすべて食い上げアタリ。

これには驚きました。この日まて私が経験した食い上げアタリはたったの3回(うち1回は先週のバラシ)。その回数をたったの半日でオーバーしてしまったのです。

そして気づいたことがあります。発泡part2における食い上げアタリとは、まさしく居食いのことです。また今年この荒川で初めて経験した、玉浮木が少し沈んで元に戻るおかしなアタリ。それは食い上げアタリの前触れであったのです。どういうことかと言うと、昨日の食い上げアタリはすべて玉浮木がピョコンと沈んで元に戻ったあと、すうっと浮木が寝そべるものでした。思い返してみると、過去経験した食い上げアタリもほぼ同じ形だった。まさに、ああ成る程、と感嘆した次第です。

良い勉強になりました。今年のレンギョ釣りはこれで終了です。先週釣れなかったからこそ気づけた改善策。来年は自信を持って、この深いタナのポイントに挑めます。
 

合同釣行会終了

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年11月11日(日)20時13分6秒
  第36回クラブ合同野鯉釣り大会は無事に終了しました。
参加された皆さん、お疲れ様でした。

また、入賞された皆さん、おめでとうございます。
今回も第10位までが90cmオーバー、その内2尾がメーターオーバーとハイレベルな大会でしたね。

釣果を挙げられた皆さん、写真の送付を宜しくお願いいたします。
結果報告に就きましては、順次このHPにて掲載いたしますので宜しくお願い致します。
 

パスワード

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年11月 8日(木)17時56分45秒
  36GODO秋』です。
このパスワードを検量時にスケールに添えて撮影してください。
写真は、後日手持ち写真と共に高橋宛までお送り下さい。
写真は、デジカメでもフイルムでもどちらでもOKです。

なお、今回も釣り場範囲が今までよりぐっと広範囲になっています。
くれぐれも事故の無い様に、天気予報や河川情報等に十分注意して釣行して下さい。
 

秋期合同参加クラブ

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年11月 5日(月)07時59分8秒
  今回、合同釣行会に参加申し込みを戴いたクラブは以下の10団体です。

濃尾野鯉会
夢野活鯉居倶楽部
五六野鯉塾
三河大鯉クラブ
鯉楽(リラク)
西日本野鯉会
鯉武者
大野一家
チームT&S
T-Style

パスワードは、このHPにて11月8日に発表いたします。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

もし申し込みされたのに記入されていないクラブがあれば至急ご連絡下さい。

>釣りキチ30平さんへ

前回もこの件に就いて私の考えを述べましたが、その状態はハリ掛かりが悪いため外れてしまうことだと思います。

ハリ掛かりが悪くなる原因は、オモリが軽くて利いていない、獲物の口が小さくてハリが深く入らない、警戒心が強くて吸い込む力が弱いなどが考えられます。

そのような場合、オモリを重くしたり、ハリを小さくしてみると効果が出る場合が多くなると思います。
 

課題

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2018年11月 4日(日)21時51分40秒
  先日の土曜日は、久しぶりに荒川へレンギョ釣りに行ってきました。今回は午前中は発泡part2でレンギョを寄せ、午後はブッコミで狙う作戦で出かけたのです。

タナは以前の釣行で分かっていました。2m20から2m50です。朝6時頃ポイントに到着、さっそくコマセして発泡part2を開始です。しかし、いくら仕掛けを放り込んでもさっぱり浮木は動きませんでした。

はて?、です。レンギョいないのか?。そんなことはありません。もじりは確認しています。食い気がないのか?、こんな日もあるのか?。もしくはタナが違う?。

私は意を決して魚群探知機を取りに家に戻りました。この日は持ってきていなかったのです。往復で2時間掛かりますが仕方ありません。戻ってきたのはお昼ちょっと過ぎでした。もう一度、コマセを巻きます。そして魚探を入れました。そうしたら、何と2m80 から3m20のラインに大型の魚が群れていたのです。水深は4m。水温は20℃。で、こんな深いのか?

私の発泡part2のタックルは、ロッド磯5号、リールアブ7000cのカーピングライン10号です。このタックルでも、3mのタナに仕掛けを放り込むのはかなり大変な作業でした。

私の発泡part2の釣り方は、上記の大型タックルで仕掛けを20mから30m先に入れ、後は流れに任せるかなり気儘なものです。もちろん状況によりますが、これで結構広範囲が探れます。大きな団子を付けているのでこの釣法も可能なわけです。

初アタリは2時を過ぎていました。しかし、浮木が沈をたかと思ったらすぐに戻る、という以前この掲示板でご相談した現象が2度。はっきり浮木が水中に消しこんで遂にやったかとロッドに近寄った時にすうっと浮木が水面に戻ってしまったのが1度、最後は久しぶりの食い上げアタリでやったと喜んだのも束の間、食い上げた浮木がまた元に戻るというこれまでとは逆の現象まで起きてしまったのです。

結局3時には餌切れとなり、ボウズで終了しました。

原因は必死で考えたのですが、結論として、おそらくですが2mを越えるタナでの発泡part2仕掛けはテコの原理が効きづらい、です。そのためもし私の考えが正しいとしたら、錘をスパイク20号とし針もソイの20号以上とすれば少しはまともになるかもしれません。

来週、もう一度やってみて、またご報告いたします。
 

タイプミス訂正

 投稿者:木曽川シーバサー  投稿日:2018年10月23日(火)20時49分11秒
  10月12日→×
10月21日→〇
 

木曽川シーバサーさんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2018年10月23日(火)08時48分32秒
  大鯉ゲット、おめでとうございます。
しっかり口にフッキングしていますね。
汽水域の野鯉らしい良く肥えた素晴らしい野鯉ですね。
 

超外道

 投稿者:木曽川シーバサー  投稿日:2018年10月22日(月)20時54分26秒
  10月12日日曜日の朝マズメ。
シーバス不発で諦め間際。。
とんでもない外道が・・99cm。。。
本家餌専門の鯉釣り師の皆様、釣ってしまってスミマセン。
 

レンタル掲示板
/278