teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


釣りキチ30平さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 9月17日(火)08時56分49秒
  先日の利根川ではわざわざお越し戴き、有難うございました。

荒川では今回も大型レンギョをゲットされ、おめでとうございます。

しかし、レンギョも本格的に狙うと中々奥が深いですね。
野鯉と同じく長年生きるレンギョは、学習能力もあり遊泳層も中層であるため、中々一筋縄ではいかず頭を悩ませますね。

特に、大型を狙おうとすると、野鯉と同じく至難の業です。

これからも、色々チャレンジしてその成果をお知らせ下さい。
 
 

レンギョのタナについて

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2019年 9月16日(月)20時24分42秒
  この三連休は台風で大変だった水郷地域に行くのを控え、久しぶりに荒川へレンギョ釣りに変更したのですが、とても興味深い結果になりましたので、皆さんの参考になればと思い投稿します。

14日の土曜日、私は朝5時半から餌を打ち始めました。この時期はウキ下2mのタナでアタリが出るため、その位置で繰り返しダンゴを入れていると、7時頃からウキに触りアタリが出だしました。レンギョが寄ってきた証拠です。そして、そこから15分ほどでウキが水中に消し込み、1本目をゲット。87㎝でしたが、まずはほっと一安心。
しかし、その後はしばらくの間は触りアタリが出たものの針掛かりせず、8時半頃からはいくら餌を打ちコマセを入れてもウキはうんともすんとも言わなくなりました。
おかしいな?
やむなく魚探を入れてみます。今の私は、勝手しったるポイントでは滅多に魚探を入れません。魚探を入れるのは、初場所の場合とこうしてアタリの出なくなった時だけです。で、この時の探知ではまったく2mのラインにレンギョらしき魚は写らず1.3mのライン、それと2.5mから3mのかなり深場に魚影が出ました。この二つのタナの内、レンギョらしきは深場のタナです。何故なら、1.3mのタナは中型の魚を示すものだったのでした。
この時期にこんなに深いのかな?
14日の土曜日は都内も気温は上がらない日でした。水温は23℃。大潮で下げている状況です。

取り敢えず私はウキ下を20㎝下げ、様子を見ました。しかしまったく触りアタリが出ません。
寄らないな、と思いながらしぶとくダンゴを打ち返していると、10時を廻った頃ポーンと仕掛けを投げ込んで竿立てにロッドをセットするや否や、ふとウキを見ると唐突にウキが沈みました。スレではなく、90㎝。
まあ取れたのは良かったのですが、またもやその後が続きません。まるで2本目は、ちょうど通りかかったレンギョの目の前に偶然ダンゴが落ちて釣れたような感じでした。2.2mのタナにも魚は寄っていないようです。

再び魚探を入れてみました。やはり深場の2.5mから3mにレンギョらしき魚影です。その時は水位がずいぶん下がり、3.3m~3.5mの水深になっていました。

半信半疑で2.5mに合わせダンゴを入れます。すると2投目にウキが沈みました。しかし76㎝。がっかりです。こんな深いタナで70台なんて初めてでした。
これが12時過ぎで、こいつで止めようかと思いましたが、ダンゴが3個余っていたためそれだけは続けることにしました。しかしまたまたアタリが続かないのです。触りすら出ません。そこで最後のダンゴはウキ下を30㎝深くして投げ込み、ウキをチラチラ見ながら後片付けをしていたのですが、何やら触りが出ています。おっ、と思って見ているとウキがちょっと沈んでまた浮き上がり、そしてチョンチョンとウキが水面で旋回を始めました。完全に居食いしています。これがその日初の大型で1mでしたが、何ともいえない釣行となりました。

2m、2.2m、2.5m、2.8m。

これほどタナを違えて食ってくるレンギョという魚は、本当に奥が深い。そして気づきました。簡単に言うと、

餌を打って寄せる釣り方と最初からタナに合わせて釣る釣り方がレンギョにはあるのです。

状況によってそれは変わります。なかなか難しいのですが、ぜり皆さんも参考にしていただきたく思います。ちなみに最後のメーターレンギョは、昨年8月に私が釣り上げた個体と同一のものでした。



 

クレイジー鯉太郎さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 7月29日(月)21時03分5秒
  夏場の野鯉釣りに就いては、特に釣果を求める工夫はしていません。

釣果より自分の体調を維持できるポイントを選択しています。

例えば、水質が良くて暑くなれば水に使って身体を冷やせる場所などです。

または、涼しい時間の夜間や、橋の下などが主です。

ただ、全体的にはできるだけ釣人の入っていない、警戒心の少ないポイントを選んでいます。
 

(無題)

 投稿者:クレイジー鯉太郎  投稿日:2019年 7月29日(月)18時19分2秒
  コイケンさんへ

全国的にも梅雨明けとなり、
厳しい暑さとなっていますが、

コイケンさんは、例年、夏場でも安定した釣果を、

残されてますが、

何か工夫されている点はありますか?
 

おめでとうございます

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 7月15日(月)19時26分6秒
  釣りキチ30平さん、やりましたね!!

ハクレンの110cmオーバー、おめでとうございます。

成長の早いハクレンでも、110cmを超えるものは中々お目に掛かれません。

コツコツと発泡part2を継続して努力された賜物ですね。

心からおめでとうと言わせて貰います。
 

銀の勲章

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2019年 7月13日(土)18時55分19秒
  続けての書き込みで申し訳ありませんが、本日良い知らせを報告できるレンギョが発泡part2で釣れました。場所はもちろん荒川です。

110センチオーバーのハクレンです。
16.2キロありました。

ハクレンで110オーバーと言ってもピンと来ない方もいらっしゃると思いますので説明しますと、野鯉に例えたなら100以上、草魚なら120、青魚なら150には相当すると思います。本当に滅多に釣れません。

そのためハクレン110は私の目標のひとつであり、いつか必ず、と思っていましたが、まさか実際にこの日が来るとは・・・。

この個体はずいぶんしぶとく抵抗しました。沖で尾びれを水面で叩いたのを見た時、ずいぶん大きな尾っぽだなと思いましたが、まさかここまで大きいとは。
自分で言うのもなんですが、一生懸命発泡part2に取り組んできた成果だと思います。買ったばかりの三角ダモが壊れてしまったのは余計でしたし手持ちの写真も撮りたかったのですが、辺りには誰もおらずそれだけが心残りです。スマホ用三脚を仕入れておかなければ(笑)

しかし、まだまだこれからチャンスは来るでしょう。継続は力なり。これからも頑張ります。

来週からはいよいよ利根川水系もレンギョ解禁です。私も荒川は少し休んで、利根川水系で武者修行しようと考えています。そして近くにレンギョのいるポイントがあれば、皆さんもぜひ挑戦していただきたく思います。

高橋さん、やりました!
 

釣りキチ30平さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 6月30日(日)21時32分6秒
  1day100キロ、おめでとうございます。

それにしても、荒川のレンギョは型が良いですね。

大物の数釣りという夢のような釣りを叶えてくれるレンギョは、もっともっと人気が出ても良い魚です。

レンギョの魅力をいっぱい広めて下さい。
 

1day100キロを達成

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2019年 6月30日(日)19時24分42秒
  早いもので明日から7月です。去年の今頃はあっさり梅雨明けしていましたが、今年はしっかり続いていますね。

昨日はそんな梅雨空のなか、荒川へレンギョ釣りです(荒川は利根川水系でないため禁漁期はありません)。
朝の5時から竿を出しましたが、2投目からヒットで94センチ。その後も95、98、86、105、98、86、94、92、91、と計10本を午後2時までに釣り上げました。気づけばあと1本でレンギョ釣りの夢のひとつである、1day100キロオーバーが確定します。しかしその後はさすがにレンギョたちも警戒してしまい、発泡part2のウキに魚がダンゴに触るような動きはでるものの本アタリは出ず午後5時に終了しました。
帰宅して計10本の総体重を割り出したところ、何とか100キロありそうです。
ハクレンは個体差はもちろんあるものの、95センチで10キロになります。そのため、95、94(2)で30キロ。86から92までの4本を平均8.5キロとして34キロ。残る98(2)が25キロ。105は11キロ(この3本はちゃんと測りました)。合計100キロちょうどとなります。
何とか目標達成です!


10本で10キロ平均になるのは荒川のポテンシャルの高さを物語っています。また産卵直前の個体が多いのにも助けられました。
出来そうで今までなかなか達成出来なかった目標達成は嬉しいの一言ですが、面白い発見もありました。それは画像の105の個体です。先月この掲示板で投稿させていただいた105と同一なのです。高橋さんのビデオで草魚も野鯉同様、同じ魚が釣れることを知りましたが、やっぱりレンギョもそうなのです。
それが分かったことも、大変興味深いことでした。

竿一本で、1day100キロが目指せるレンギョ釣りはやはり夢がありますね。
これからも頑張ります!

 

DVD

 投稿者:鯉勝  投稿日:2019年 6月24日(月)15時01分38秒
  コイケンさん。こんにちは。DVD届きました。何年か前の事ですけど、今でも、嬉しく思い出します。何時も、欠かさず、大鯉研究所様のHPを見ています。また、色々な情報をお願い致します。有難うございました。  

鯉勝さんへ

 投稿者:コイケン  投稿日:2019年 6月22日(土)16時44分7秒
  有難うございます。

やはり、この時期は草魚が良いですね。

DVDは一昨日メール便にて発送しましたので、そろそろ到着するものと思います。
 

レンタル掲示板
/287