スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:21/1820 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

平成30年12月度上級者・中級者勉強会

 投稿者:こにちゃん  投稿日:2019年 1月16日(水)12時21分14秒 softbank060139021204.bbtec.net
  通報 返信・引用
    金生先生、会員の皆さん、そしてこの掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。
  通算343回目の勉強会は、12月15日(土)16日(日)にありました。

  1日目の1時限目は、開始前の雑談としていろんな話がありました。
外宇宙から来て、自分の星に新たに人間のように高度の文明を持つ者を発達させる為のソフトを組む為に、人間に関わってその反応を試して情報を収集している御神霊が沢山(たくさん)いました。不都合な事を防ぐ為にこの方々に「3番目の神様」が集めて箱に入れてあるこの宇宙の全ての情報の記録のコピーを渡すと、その功績によって『大元の光の主神様』のお力 は大きくなりました。

  会員に外宇宙から来て「天邪鬼(あまのじゃく)」(願う内容と反対のことをしてしまいますね)の性格の御霊が関わっていました。『大元の光の主神様』が『5柱の神様』と一緒に行っても排除出来なかったこの御霊を、研究会の代表は『神様』に断りなく“黒いもやもやした宇宙”をたたき壊して宇宙のどこにでもある“ゲヘナの炎(SLの石炭の投入口のように投げ込むとフタが閉まって外に出られない強力な仕様)に投げ込みました。驚いて飛び出した『主神』はこちらの『主神様』が捕らえました。そして上の方の判断で消滅になりました。『主神』が消えるとその配下の神々は皆 消えました。

  “雪虫さん”に出て来た、通りすがりの御霊に「『大元の光の主神様』この方の記憶を思い出させて下さい。」と祈ると「浄化の光」が入っていたのでしょうか、消えてしまいました。
力が付いて大きくなった『大元の光の主神様』に祈ってコップに入った水の味を自分の好みの飲み物の味に変える実験では、以前よりはっきりとその違いが解りますよ。(力は1、25倍になったそうです)
テレポーションについての話がありました。家の鍵やテレホンカードが何ヶ月も経ってから全く別の場所から出て来たそうです。なんとも不思議な話です。

  休憩の後、2時限目の授業が始まりました。『大元の光の主神様』にお出まし戴いて色々とお話を伺いました。質問役には“雪虫さん”と“満寿々さん”、鏡役は“こきみさん”です。『大元の光の主神様』の力は1、25倍になりました。(8が10になった)『大元の光の主神様』に意識を集中して祈ると『神様』に願いは通じます。願う内容もはっきりと示せば通じます。テレポーションについては『大元の光の主神様』にお尋ねしてから担当の方に出て来てもらいました。

「テレポーションは出来ます。時期が来たら(自分が望む所への移動は)出来ます。ただ、今はその時ではない。」そうです。最初は迷惑そうな様子でしたが徐々に友好的(「いつもありがとうございます。」の言葉が心地良いようで諭し役の方に「私が持っているもの」をプレゼントしてくれました。)になりました。

『大元の光の主神様』は「余りお勧めはしません。せっかく肉体を持っているのだから肉体を楽しめばいいのに」と仰(おっしゃ)っていました。(“雪虫さん”に出て来た御霊は)肉体に馴染めなくて“雪虫さん”は気分が悪くなりました。この方は「先程の方の力の一部」だそうで、全宇宙に響くように時を刻んでいます。「時は一時(いっとき)も止まっていないんだ。だからさっきも回ってるって言っただろ。その隙間を見ることが出来れば行けるんだって!」と言っていました。

  2日目の午前中は雑談として多くの話を聞きました。昨日の授業の内容を簡単に確認しました。
水を使った実験では、『神様』の御光を戴いた空のグラスに入れた水は飲んだ後に自分の好みの味(例えばウィスキー)を飲んだ時と同じ感覚、雰囲気になりました。これには驚きました。

  午後の1時限目はお諭しを行いました。最初は満寿々さんです。諭し役は、“コキミさん”、鏡役は“鶴ちゃん”です。次は、オーストラリアに住む会員の“直美さん”です。諭し役は、“鶴ちゃん”、鏡役は“コキミさんです。

  2時限目もお諭しを行いました。始めは“鶴ちゃん”です。諭し役は“満寿々さん”、鏡役は“雪虫さん”です。(4ケ月くらい乗っかっていた方や、神界から入った長いトンネルから出ると肩の上と言う赤から金色になった龍神)次は“コキミさん”です。(勤めている会社の床になっている方が出て来ました)

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』、真に、真に、ありがとうございます。

 
》記事一覧表示

新着順:21/1820 《前のページ | 次のページ》
/1820