スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:2/1794 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第8回上級者勉強会

 投稿者:こにちゃん  投稿日:2018年10月29日(月)07時35分17秒 softbank060139021204.bbtec.net
  通報 返信・引用
    金生先生、会員の皆さん、そしてこの掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。
  第8回の上級者勉強会は、9月17日(月)にありました。今回上級者に昇級した方は4名で、集合写真を撮る前に大事な話がありました。それは“喜捨”に関わることです。

  霊的に困っている人からの相談があって、上級者が本部から派遣されて有償でお諭しをする時があります。
依頼者からは出張料と喜捨とお諭し料を頂きます。皆さんの所には、出張料とお諭し料(指導料は本部に)を本部から支払います。

その時に喜捨を頂かないと大失敗します。喜捨--これは書いてある対象(恨んで痛みを作っているとか、その方)に神の光が届いて、その御霊が救われます。それが「なし」だとうまく行かない。

特に(階級が)上の者だと(手下の者を)次から次へと、ろくでも無い者を連れて来ます。それがいつまでも続きますから(諭す側は)ヘトヘトに疲れてしまいます。喜捨すればそのような事はありません。これは本当に見事です。

  上級になりますと今までに学んだ事を部分的に光の玉に置き換えて御霊に投げるとか応用して使います。鏡役がいなくてもお諭しは出来ます。大体決まった内容ですから(お諭しの回数を重ねると)相手の御霊の様子とかを感じるようになります。

自分の御本体とかが教えてくれます。こちらの問いに肯定の場合は(体が前後に)揺れたり、否定の場合は(左右に)振れたりします。(霊動といいます)喜捨をしないで勝手に霊動で判断すると100%失敗します。その時には恨みの御霊がまだ憑いていますから(例えば、勉強会に出なくて良いとか)適当なことを言います。

自分を恨んでいる御霊の言いなりになります。本部に変な内容のメールを送ったり、本部からのメールを読もうとすると頭が痛くなったりします。だから読まない方がいいんだと勝手に思ってそして離れて行きます。100%離れます。

霊動でものを尋ねないこと。霊動で尋ねて良いのは、相手に対してお諭しをしながら、御霊の様子を自分が感じる、その時に御本体様が揺すって下さる。それを頼りにお諭しをする。その場合だけです。
過去に、大きな功績(御神霊の救いとか)を積んだ会員であっても霊動で尋ねていると会から離れて行く事になります。くれぐれも注意しましょう。

『大宇宙の総ての総ての創造主  大元の光の主神様』、真に、真に、ありがとうございます。

 
》記事一覧表示

新着順:2/1794 《前のページ | 次のページ》
/1794