スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:10/1794 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

み光について

 投稿者:太陽の子メール  投稿日:2018年 9月 8日(土)09時37分42秒 global221-241-057.aitai.ne.jp
  通報 返信・引用
  質問させて頂きます。よろしくお願いいたします。
崇教真光の信者ですがお浄めを毎日頂いていますが、時折4日お浄めを頂かない時があります。
この時とてもつらい状況になります。言葉は悪いですが、アヘンが切れたような状態でしょうか。
この状況はなぜなるのでしょうか。真理=神理の会ではこの様な事になりますか。お守りでけで
お浄めを頂かなくても体は爽快ですか。
 
    (管理人) ・
  真光の業では、憑霊を救えない事は、普段の霊動の出る人の様子を見ていれば解りますよね。

手かざしとオシズマリで、憑霊を大人しくさせているだけですね!

だから何人もの怨みの御霊が憑いている人は、日数が空くと御霊が力を増して来るので、辛くなるのです。

『真理=神理』の研究会の会員は、憑いている御霊はドンドン天国に導いて救いますから、新たな御霊が憑かない様に御守りに守られて、身体が辛くなる事はありません。

辛い時は人混みに出掛けた時などに御霊が憑いて来たのですから、御守りで簡単に救って楽になります。

しかし、隠れている怨みの御霊が完全に居なくなるまでには、2~3年は掛かります。

勉強会で学ぶ会員は、魂が極端に大きくなるので、仮に怨みの御霊が居たとしても、障る事は出来ません。

掲示板に報告されている様に、我々会員は『宇宙創造神』の御計画を実現させる為に、積極的にお手伝いを行なっています。

その上での、宇宙の大きな『神』以上の存在から悪影響を受ける事が有りましたが、大宇宙を健全に発展させる為に、更に大きな存在から御守り戴いています。

身体が調子悪くなっている人に対しては、『癒しの光の玉』と『活力の光の玉』と『浄化の光の玉』をまとめて圧縮して、威力を何百倍にも何千倍にも強くして投げてやり、瞬間に不調を回復さてしまいます。

だから、お浄め交換の様な事は一切行ないませんが、身体が辛くなる事はありません。
毎日、身体が軽くて楽なのが普通です。
 
》記事一覧表示

新着順:10/1794 《前のページ | 次のページ》
/1794