スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:16/1794 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

平成30年7月度上級者・中級者勉強会

 投稿者:こにちゃん  投稿日:2018年 8月21日(火)07時25分25秒 softbank060139021204.bbtec.net
  通報 返信・引用
    金生先生、会員の皆さん、そしてこの掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

  通算337回目の勉強会は、7月14日(土)15日(日)にありました。
  1日目の1時間目は、『浄化の光』を投げる為の練習を行いました。

  2日目の午後の1時間目に『大元の光の主神様』にお出まし戴いて質問にもお答え戴きました。その内容を記します。
  今の神界は、数ヶ月前とは比べ物にならないくらい良い世界になりました。今迄(いままで)の旧悪が暴(あばか)れてまともな運営がなされるようになりました。

  今迄の神界は、隠れて争いをする事が非常に得意な所でした。例えで言うと貴族のパーティーみたいなもの、表面は穏(おだ)やかであるけれど実は、当てこすりとか嫌(いや)みの言い合いをするような訳です。

明確なスラム裏通りみたいな治安の悪さではないですが、イギリスの貴族あたりをイメージすれば解り易(やす)いかと思います。紳士と二枚舌の国などと言われますけど。

『大元の光の主神様』は“中間管理職”?ー“雪虫さん”の質問に対して感謝ー
  企業に於(お)いて社長と言ったって、外部と内部の調停(ちょうてい)等を行う責任者であるのに、王様かなんかと勘違いをする企業から潰(つぶ)れて行きます。

それと同じように私(『大元の光の主神様』)は、自分が絶対権威者だと勘違いしてー本当は色んな思惑とか状況とかの仲立ち等の根本的な役割を忘れてー権力者として振舞った結果そのような状況になってしまいました。

偉大だと言われるに足(た)る見識だとか政(まつりごと)とかを示す必要があるのに見逃したり、抜けたりを続けていました。『大元の光の主神様』とかそんなものは“中間管理職”  その位の認識でいいんだなって思います。

今迄は、“頭を下げていれば良いんだろう”みたいな傲慢(ごうまん)が見え隠れ致しましたが、今は、自然と頭が下がるようになりました。

皆さんにはとても感謝しています。皆さんは、通常の神界とは全く違うルートヘ旅立つでしょうから、と言うか役割りが違うという事で、人間出身と神々出身で完全に分けてしまうのも良いかも知れませんね。

以前から、分魂経験者と純粋に神々の世界ばかりをやっていた方とは話がかみ合わないという報告はありました。それを無理矢理  相手を尊重しようとばかり言っていたのは“運営している”のではなく、実際に行っている方々に責任を押し付けていただけでした。この事にようやく気が付きました。

“中間管理職”という意識を持って生まれた当初から今迄の一生をやり直してみると、卑屈(ひくつ)になる事とへり下る事を同一視して、へり下る事を忘れてしまった為に神界も人間界も荒れ果ててしまいました。
“中間管理職”という言葉は、心の中でどこか自分を留め置く重しとして置いておく言葉として非常に適切だと思いました。

『大宇宙の総ての総ての創造主  大元の光の主神様』真に、真に、ありがとうございます。
 
》記事一覧表示

新着順:16/1794 《前のページ | 次のページ》
/1794