スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:25/1789 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

おみたまについて

 投稿者:太陽の子メール  投稿日:2018年 7月 4日(水)11時31分8秒 global221-241-057.aitai.ne.jp
  通報 返信・引用
  質問をさせて頂きます。私は崇教真光の信者ですが、道場参拝が大変で、人間関係が難しく参拝したくありません。真理=神理の会のお守りはお浄めを受けなくても、お浄めを受けた以上の効果が期待できますか。そのてんを詳しく具体的にお導きください。よろしくお願いいたします。  
    (管理人) ・・
『真理=神理』の研究会では、⑧のお浄め等はありません。

真光では、憑霊が一人抜けるのに3年掛かると言われていますが、『真理=神理』の研究会では、御守りを見せれば98%の御霊はその場で抜けて行きますから、一瞬で御霊が離れて体が軽く楽になります。
何十人も憑いていても、一瞬です。

御守りを使わなくても、『御守りの光の玉』を投げてやれば、一瞬で憑霊が抜けて行きます!

恨んでいる御霊は、御守りでは抜けない御霊もいますが、過去の記憶のアカシックレコードのコピーを『神様』から戴いて投げてやれば、一瞬で過去世は自分が加害者だったと分かりますので、恨みの心が消えて、御守りの光に導かれて天国に向かいます。

体のエネルギーが足りなくなった時には、
『大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。と小声で10回ほど祈って『神様の光』を戴いてエネルギータンクに溜めると体が、元気に溢れてきます。

上記の方法を学ぶ為には、インターネットを使った勉強会に参加して練習する事が必要です。

恨みの御霊が憑いたままで、⑧で浮霊したのを「オシズマリ」でおとなしくさせているのと、たちまち天国に導いてしまうのとでは、どちらが体がラクだか想像はつくでしょう。

御守りを体に付けて移動しているだけで、浮遊霊をドンドン救いますから、霊界に大きな徳積みが出来ます。
 
》記事一覧表示

新着順:25/1789 《前のページ | 次のページ》
/1789