スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:419/1844 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

続タイでの勉強会のご報告

 投稿者:あさがおメール  投稿日:2013年11月19日(火)09時42分7秒 220-152-21-150.rev.home.ne.jp
  通報 返信・引用 編集済
  金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

タイの第7回目の勉強会は11月16日と17日の2日間に行なわれて、参加者は4名でした。

今回は、新たにエルさんの友人の尼さんが参加して、2日とも出席しました。

勉強会の内容に入る前にこちらで戴いた御守護について話しますね。

今年もタイでは洪水が西と南で起きましたが、今年のバンコクはお蔭さまで無事でした。
しかし、私の住んでいる場所から数キロ離れているバンコクの隣の県のチャチョエンサオが洪水になり、こちらにいつ来るやも知れないと思っておりました。
案の定、10月の半ば頃大雨が一晩続いて、次の日も大雨で、家の前の道路は30センチほどの水かさの洪水となってしまいました。

その週は勉強会でしたので、『神様』にお願いしました。このままだと、車が出せずに、勉強会に行けないので、どうぞ洪水が酷くなりませんように、と祈りました。

祈ったのは午前中でしたが、なんと午後にはバンコク市長の一行がこの団地の洪水の様子を視察に来てくれました。
そう言う事は今までに全くありませんでしたので、驚きました。

そして、その直後に市長命令で大型ポンプを乗せたトラックが何台もやって来て、団地内の水を川に流しはじめ、次の朝はもう家の前の道路が乾いておりました。
いつもでしたら、3週間は水が団地に溜まったままで、外出もままなりませんでしたのに、神様のお仕組みの速さに驚きました。
お蔭さまで、その週末は無事に勉強会へ出かけることが出来ました。
『光の主神様』、真に、真にありがとうございます。

もう一つ大きな御守護を、会員さんに戴きました。
会員のNさん(女性)はアメリカの大学で博士を頂いた歯科医で、タイのM国立大学で教えておりましたが、正義感が強すぎて、大学内の汚職事件を看過できなくて、それが元で大学から追い出されてしまいました。
それで職を取り戻す為に裁判に訴えておりましたが、裁判と言うのはご存知のように時間が掛かるものですし、勝つかどうかも分かりません。

大学の近くに買った家も、お給料がないのでローンが払えなくなってしまい、売りたい、と言っていました。それに毎日の生活費も金持ちの親に貰っていたのです。

今年の8月にエルさんに紹介されて会員になって、早速にお諭しを開始しました。

恨んで障っている方の救いの他に、大学の学長の先祖の救いなどもしました。
本人もお守りを使った救いなども積極的に行い、感謝の実践に努めました。
それから段々と仕組みが変わったようで、思いがけなく11月にはもう復帰しても良いと言う手紙が大学から彼女へ届きました。
本当に奇跡でした。
『神様』、本当にありがとうございます。

さて、勉強会ですが、今回はお諭しの実習をメインに行なうに当たり、土曜日はその下準備と、タイ語に新しく翻訳された“『神』の御計画”について勉強しました。

解説書の15ページに、『神』が物質世界を創られた理由、『神』が人間に望むこと、などが書いてありますが、本当に素晴らしい内容です。

今までの宗教の教えでは、この世は苦しみが多いのだから、もう生まれて来ないほうが良い、あちらの世界の方がうんと素晴らしいのだから、こちらにはもう来たく無い、などのような事を聞いたり読んだりしますが、『真理=神理』の研究会の教えを読むと、ああ、何て人間って素晴らしいのだろう、この世に生きているってなんて素晴らしいのだろうって思いますね。

私はこの教えに出会ってから、この世にいる間にいろいろな事に挑戦して、うんと楽しもう!って思えるようになりました。
この事は本当にありがたいです。先生、ありがとうございます。

日曜日には実際に午前と午後の時間をお諭しの実習に当てました。
1人が何名もの御霊のお諭しをして、経験を積みました。
御奉仕してくださる御神霊が、初心者の皆さんのレベルに合った御霊さんを出してくださるので、初心者にもお諭しの醍醐味を体験する事ができました。
そして沢山の御先祖様方も救われ、エルさんの亡くなられたお母様も又おいでになり、嬉しい言葉をいただきました。

前回の勉強会でのお諭しの時に、エルさんに憑いて邪魔していた、地獄に落ちていた仏教のお坊さんや、仏教で御奉仕していた異星の御神霊を、日曜日の前の晩に救いましたので、今回は彼女が無事に鏡役を務めることが出来ました。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』、今回も無事に勉強会の開催をお許し賜りまして、真に、真にありがとうございます。
どうぞ次回もよろしくお願い申し上げます。

金生先生、これからもどうぞよろしくお導き下さいませ。
 
》記事一覧表示

新着順:419/1844 《前のページ | 次のページ》
/1844