スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:420/1844 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2013年11月3日のスカイプでの勉強会

 投稿者:あさがおメール  投稿日:2013年11月13日(水)04時01分5秒 FL1-125-197-160-139.gnm.mesh.ad.jp
  通報 返信・引用
  金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

ブラジルの会員さん達とスカイプを通して勉強会をしましたので、そのご報告をさせて頂きます。
今回の参加者は4名でした。
弁護士をしている新しい会員さんが参加して、いつものメンバー、AWさんMIさんとアンドレアさんです。

まず、最近の日本の勉強会の新しい出来事について話しました。
神界の大改革の話から始まって、外宇宙の存在が分かったことまで。

勉強会に出て来た霊人のエイリアンが、その惑星の人間の様子などを鏡役の鶴ちゃんを通して語ってくれたことがありますが、そこでは人間がロボット的な生活を送っていて、顔も無表情だったのが、“幸せ一杯な家庭を築く方法”を光の玉で与えたら、途端ににこやかになった話をしました。
この惑星の話はとても面白かったようです。
日本の会員さんで、もしこの会話を書き出してくださる方がいましたら、よろしくお願い致します。

宇宙全体にこの“幸せ一杯な家庭を築く方法”が広まっていて、この方法を求めて、あらゆる宇宙にある人類が住める条件の惑星から、御神霊や霊人が『真理=神理』の勉強会にやって来ていることも話しました。

無機質で荒れている星に、新たに生物を誕生させて、最終的には人間を作る予定の星では、地球の人間の性格や能力を詳しく調べる為に、観察や研究や実験などをしていることが分かったこと。

その為に、能力の高い人間が狙われて、強い霊障を受けているので、その外宇宙から来ている御神霊達に、人間に対して観察や研究や実験などをして悪影響を与えた事を総て元通りに戻す事を、10月の中級者勉強会と初級者勉強会で申し入れた事を話しました。

皆さん、口を大きく開けて聞き入っておりました。

さて、次にお諭しです。
まずは、その日はAWさんの白血病で幼い頃亡くなった息子の誕生日だったので、AWさんのお諭しをしました。
お諭しが始まったとたん、鏡役のアンドレアさんが歓喜の声をあげました。

彼女達がいる部屋には沢山の神界の存在が参加していらっしゃる、と言うのです。
観音様、マリア様(スの神様)、先生の御本体様、イエス様、ミカエル大天使、イエスの弟らしき方、などなど。

凄いですね、スカイプを通してとは言え、やはり勉強会と言うと、皆様参加していらっしゃるのですね!!!

それでは、お諭しの様子です。

1)会員AWさん:
この方の所には、いつも10数年前なくなられた御主人が来て彼女を励ましてくださいます。
「待っていたよ」、と言って冗談を言いながら直ぐに出て来ておりましたが、今回は真面目顔で出て来ました。
彼は分魂さんで、更に上の霊層界に行かれたようです。でも可愛い天使に手を引かれてやって来ました。

この天使は、実は、白血病で亡くなった息子の魂だった方です。
息子が生まれて10数年で死ぬ事は本人は分かって入ったのです。
「勉強の為に人間の身体に入りたかったので入ったけど、ちっとも面白くなかったよ」、と数年前のお諭しの時に言っておりました。
本当に可愛い天使でした。
それは面白くなかったですよね、病気と闘っていたのですから。
その天使は、いつもこうしてお父さんと一緒に母親に会いに来ます。

今回ご主人はドイツ語で話をしました。
いつもは鏡役を通してポルトガル語で話しておりましたが、今回は彼は鏡役の声帯を借りて話をしたようです。
「気をしっかり持ってこれからもがんばるのだよ」と言っておりました。
それだけおっしゃって、スーッと帰って行かれました。

次に出て来たのは、AWさんのお腹に前から障っていた恨みの御霊です。この御霊はジプシーで、自分が出産する時に難産で、赤ちゃんと一緒に死んでしまいました。
その時にAWさんがお産を手つだいましたが、難産だったので、おなかを切開したようです。

それで、恨んでAWさんの腸に問題を起こしておりました。
今日までいくらお諭しをしてもお腹に障っていた御霊は出て来なかったのですが、今回やっとお救いできたので、私も嬉しかったです。

2)次に、80歳のBさんの目を悪くしている方のお諭しです:
Bさんは今までMIさんの相談に乗ってくれていた方で、特殊なエネルギーで人を癒したり、霊的なアドバイスなどをしています。
そのため、最初は他人のカルマの付け替えで悪くなったのかな? と思いましたが、実はその方にパワーを与えていた御神霊が、まだ若い御神霊だったので、人間の身体について余り知らなくて、目から強い霊光を出し過ぎて目を焼いてしまったようなのです。
Bさんが霊的なものが見えるようにやっていた、と言いました。
そして「肉体の目が見えなくても霊的な目が開けばそれで良い」と、かってな事を言っていました。
そこで『真理=神理』の勉強会に参加させましたら、その御神霊は別の任務を戴きました。
そして代わりに別の御神霊が彼女を導くことになりました。

3)アンドレアさんのお腹に障っている方のお諭し。
数日前からわき腹が痛い、と言っておりましたので、諭して見ました。
何かがお腹にいるようだ、と言うので、『神様』、このお腹に入っている物を外に出して下さいと祈りました。

その出て来たものが、アンドレアさんも何だか分からなくて、奇形児のような赤ちゃんだ、と言いました。
その内、その赤ちゃんがアンドレアさんに何かをやりだしたようで、アンドレアさんが、苦しい、と言い出したので、私の方にその赤ちゃんを移して諭しました。

なんと、エイリアンがお腹の中に卵を産み落として、その卵が孵ったようで、蛙のような形をしていました。
レプタリアンと言われるエイリアンの一種でしょうか。
そこで、御神霊の皆様にお願いしてその卵を産み落としたエイリアンの母親を探して貰って、赤ちゃんを連れて帰って貰いました。
もちろん“幸せ一杯な家庭を築く方法”をお土産に持たせました。
そうしましたら、途端にアンドレアさんがスーッと楽になりました。

そこで始めて知ったのですが、アンドレアさんは一週間ほど前からお腹が膨れだして、医者に診てもらっても治らなかったそうですが、お諭し直後にペタンコになりました!

まだありますが、長くなりましたので、後日にもう一度書きますね。

次回からのブラジルでの勉強会では、参加した会員さんの一人一人にお諭しをして貰おうと思っております。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』、今回無事にスカイプを通してブラジルの会員さんと共に勉強会をお許し賜りまして、真に、真にありがとうございます。

どうぞ次回もよろしくお願い申し上げます。

金生先生、これからもどうぞよろしくお導き下さいませ。
 
》記事一覧表示

新着順:420/1844 《前のページ | 次のページ》
/1844