スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:466/1876 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

タイで勉強会が開かれました!

 投稿者:あさがお  投稿日:2013年 8月30日(金)13時35分1秒 nttkyo755241.tkyo.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp
  通報 返信・引用
  金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

タイでの第1回目の勉強会の準備に追われておりまして、少しご無沙汰してしまいました。

参加者が英語しか分からない方もおりますので、英語とタイ語の両方のテキスト作りにおおわらわでした。

海外の勉強会は『神様』のお示しで、ブラジルに重点を置いておりましたので、タイでの活動は余り急いでおりませんでしたが、今回タイで勉強会を開く事になりましたのは、タイ住在のインドのランジャナさんが、来年の2月に帰国する事になりましたので、インドで『真理=神理』の教えを弘めるための霊力と知識を付けるためです。

でもせっかく開くのだから、と知り合いに声を掛けて見ましたら、早速1人の方が、ぜひ知りたい、と家にまで押しかけて来ました。

この方は元真光の信者で、現在タイ仏教のヌーン(尼さん)になっております。

鏡能力のある方なので、もしかしたら、と思って声をかけたのですが、こんなに熱心に興味を持って聞いて来られるとは思っていませんでした。この方の事をエルさんとして置きましょう。

勉強会のご報告です:

8月4日、無事にタイでの第1回目の『真理=神理』の勉強会を開催させて戴きました、 真にありがとうございます!

エルさんが無事に参加を許されました。彼女はその日に入会費を持ってきて、勉強会開始前に会員になります、と言ってご自分のデータを書いてくれました。

午後2時ごろ、医師の国家試験の為の塾に行っていた私の息子が、1日の予定だったのが、早く終わったと言って参加しました(息子は今夏休みで帰国しておりますが、毎日塾に通っております)。

エルさんはこの1週間ほど良く寝られなかったようで、とても辛そうでしたから、開始早々お諭しをしました。

彼女は霊媒体質ですので、沢山の御霊達を背負っておりますが、お守りのお蔭で大分救われていましたから、その日は憑いていた残りの方達を救いました。

初めに出て来たのは、20年ほど前に南の方の山で亡くなった、山を守る会のリーダーでした。

このリーダーが初めてエルさんに憑いている事がわかったのは、 20年前に真光の道場で8番のお浄め中に浮霊したからですが、あれから20年経ってもまだ救われないで、エルさんに救いを求めて憑いていたのでした!

なぜ彼女に憑いたかと言いますと、新聞のニュースに彼が死んだ記事が載っていたのを見て、彼のことを救って上げたい、と強く思ったから波長が合って憑いたようです。

今日のタイでの第1回目の勉強会で、そのリーダーはようやく救われて行きました。

次には、2週間ほど前に亡くなったエルさんのお母さんが来られました。亡くなる前と後でお諭しをさせて頂いたお母さんです。

亡くなる前、既に1人で呼吸が出来なくて、喉を切開して人口呼吸をしている状態になり、とても苦しんでいたので、エルさんが「神様、母の苦しみを取ってあげて下さい」と祈った直後に、私“あさがお”からの電話が掛かってきた、と言っておりました。

私が自宅から行なった、エルさんのお母さんを攻撃している御霊達のお諭しの後、とても穏やかになり、安らかに亡くなりました。

亡くなってからはお母さん本人の魂のお諭しをしましたので、もう天国へ行けていましたが、まだ御本体様とは一緒になれないでおりました。

娘のエルさんの御神業を霊界から助ける役目を戴いて、その修行が終わらないと御本体様と一緒になれないのだそうです。

エルさんはご自分で鏡役になってしゃべっておりましたが、この方が最初の勉強会に来られたのは、『神様』に大変なお仕組みを賜って母親を楽にして戴いたからでした。

彼女は、また、暖かいタイにいるのにいつも寒がりやで、「真光の研修会ではマフラーまでしていたのに、この『真理=神理』の勉強会では温かかった」と喜んでおりました。きっと今まで憑いていた大勢の地獄の御霊さんが救われたからですね。

さて、御主人の都合で、この勉強会に参加出来なかったランジャナさんですが、勉強会の日は1日熱が出て体中が痛かった、と電話して来ました。諭してみますと、勉強会に出られる、と楽しみにしていた御先祖様方で、大変がっかりされておりました。

子孫が参加しないと御先祖様の参加は許されないのです。ランジャナさんの御先祖様は可哀想でしたね。

私から、次はきっと参加しますから、と言っておきました。

次は第3土曜日の8月17日です。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』、真に、真にありがとうございます。

金生先生、本当にありがとうございます!どうぞこれからもお導き下さいませ。
 
》記事一覧表示

新着順:466/1876 《前のページ | 次のページ》
/1876