teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


引き算

 投稿者:赤トンボ(新潟)  投稿日:2017年 3月18日(土)11時31分12秒
  「そして野鯉は居なくなった」を拝見しました。

ニゴイは鯉よりも、エサの投入音に敏感みたいですね。
ニゴイと鯉が居る釣り場では、ザリガニをエサにすると、
投入ポイントをずらしても「音」に反応して、鯉が来るまでエサが持ちません。
この場所での「ザリガニ」の鯉釣りは諦めて、芋やトウモロコシで釣ってました。
釣れないと我慢が出来ずに、少しずつ「足して」結局は大鯉を逃がしてたんですね。

釣れて仕舞わない様にする、引き算の仕掛けは、映像を見たら納得です。
やはり、水中映像は素晴らしいですね!
ただ、居ないのか、喰わないのか、居ると信じて待つか?
悩みます。(笑)
 
 

検寸台ミニ

 投稿者:コイケン  投稿日:2017年 3月11日(土)09時05分38秒
  入荷が遅れてご迷惑をお掛けしていた検寸台ミニが入荷しました。
20台のみの入荷です。

ご予約を戴いていた皆様には3月13日(月)から随時お送りいたします。
到着まで今しばらくお待ち下さる様お願い申し上げます。
 

3月例会

 投稿者:コイケン  投稿日:2017年 2月27日(月)09時23分47秒
  今週末の3月5日は、濃尾野鯉会の3月例会が各務原市の釣堀【喜水園】で行われます。

午前10時現地集合
競技時間 2時間
参加費 釣堀料金1500円
貸し竿・エサ等1セット付き
昼食持参の事

例会終了後、年間大物賞の表彰式を行います。
今年度受賞者及び前年度受賞者は、トロフィの受け渡しがありますので、ご出席をお願いいたします。
 

検寸台ミニ入荷予定変更

 投稿者:コイケン  投稿日:2017年 2月24日(金)11時13分3秒
  暫く在庫切れでご迷惑をお掛けしていました検寸台ミニの入荷予定が3月15日頃に遅れることになりました。

誠に畏れ入りますが御予約を戴いていたお客様には今しばらくの間お時間を戴きます様、伏してお願い申し上げます。

なお、予約受付は終了させて戴きますので、どうか宜しくお願い申し上げます。
 

光の春

 投稿者:コイケン  投稿日:2017年 2月21日(火)11時06分4秒
  2月も中旬を過ぎ、ずいぶん陽が長くなりました。

気温も寒暖の差が激しく、まだまだ寒い日が続きます。
しかし、晴れた日には、風の当たらない陽だまりや車内に居ると春の暖かさを感じます。

光の春ですね。

本格的な春はもう少し待たねばなりませんが、柳の芽が膨らんだり梅の花が咲いたり着実に春が近づいています。

野鯉ファンの皆さん、冬眠から目覚める時ですよ。

>クレイジー鯉太郎さんへ

今回のハリスの長さは20cm程で実は最近のものより5cmほど短くしています。
また、ハリも小さくしてソイ針16号から鯉針18号にしています。

これは、低水温による活性の低下に合わせて吸い込み易くしたものですが、後日の別の場所では2回も吐き出されるシーンが映っていたので、もう少しハリスは短いほうが良いと思います。

流れが強い場合、エサは比較的短時間で流されてしまいますが、魚は場所を記憶しているようで、何回も戻ってきては周辺を漁ります。
特に粒を多くしなくても変わらないようです。

>何とかの横好きさんへ

私もカメラで見るまでは、弱肉強食で野鯉がニゴイを追い払うのかと思っていましたが、意外と仲良く一緒にエサを採る場面が多く映っていますね。

新規ポイントでは、最初の頃は殆どニゴイが掛からないのでそのように思っていたのですが、カメラの映像を見るとそうでは無いという事がわかりました。

ニゴイが掛からない理由は、エサと仕掛けにあると思われます。

基本的に、私の釣り方は引き算方式です。

雑多な魚種の混在する自然の中では、野鯉以外の魚種が掛かるのをできるだけ防がねばなりません。

そのため、エサは無味無臭をコンセプトとし、ハリは大きなものを用い、目標となる食わせエサをハリに付けない様にしています。
また、警戒心が強い場所では、ハリスを長くしてエサから離すようにしたりもします。

今の時期は低水温で活性が低いため吸い込みやすく調節していますが、活性のあがる暖期には魚の動きがどのように映るか楽しみですね。
 

水中映像に感謝

 投稿者:何とかの横好き  投稿日:2017年 2月20日(月)22時10分58秒
  貴重な動画を次々と公開してくださり、ありがとうございます。
毎回興味深く見させていただいております。

今回の一鯉一会ではずいぶん流れが速かったようですね。カメラも揺れているようでした。
餌がかなりの勢いで流されていますが、少しでも残っていればその場所をパフパフと食って
鈎にも掛かるものだと改めて思いました。

また、鯉が寄ってきたらニゴイなどは逃げてしまうものだと思っていましたが、
実際は身をすりあわせるほど近くに並んで一緒に餌を食べていますね。
食欲が強い夏場でも同様なのかどうか。これもまたひとつの楽しみですね。
 

一鯉一会

 投稿者:クレイジー鯉太郎  投稿日:2017年 2月20日(月)19時53分39秒
  コイケンさんへ


綺麗なすばらしい野鯉おめでとうございます!


ビデオを見て感じたのですが、
流れが強いポイントなのか
広範囲に団子がバラけています!
なかには、転がってしまってるものもあります。


スパイクオモリから、大分離れたところに針があり(ちょうどダンゴがばらけている位置)、

その針を鯉が吸い込んだように見えましたが、


水中カメラでバラケ状況を確認してから、
ハリスを長めに調整したのですか?

それともたまたまなのでしょうか、


流れが強い場合、このようなダンゴのバラケ方を
する傾向にあるため、参考にしたいです。

ちなみに、このケースだと
自分は粒エサを増やして対応してます。
 

掲示板の書き込みについて

 投稿者:コイケン  投稿日:2017年 2月 6日(月)09時30分55秒
  先日から英語による広告のような書き込みが連続して行われるため、掲示板の書き込み方式を管理者の承認後でないと表示されないように変更しました。

誠に畏れ入りますが、投稿されても承認まで暫くお時間が掛かりますので、暫くお待ちいただくようお願い申し上げます。



>釣りキチ30平さんへ

同じ鯉を1日に2回釣られるとは、大変面白い経験をされましたね。
私はまだ経験がありませんが、たまにそういう事はあるようです。

昔、当クラブの顧問だった方が4日連続で同じ緋鯉を釣ったと云われていました。
鯉にもアルツハイマーがあるのかもしれませんね。
 

午前と午後に同じ野鯉

 投稿者:釣りキチ30平  投稿日:2017年 2月 5日(日)19時26分16秒
  を釣り上げました。先日の土曜日の出来事でした。
気づいた時は本当に驚きました。過去にも同じ鯉を釣った経験はありましたが、午前九時と午後二時、たたの五時間しか経たずに同じ仕掛けの針に喰ってくるとは。本当の話です。
不思議ですね。

 

百聞は一見にしかず

 投稿者:コイケン  投稿日:2017年 1月29日(日)16時51分13秒
  水中カメラを使い始めて2ヶ月ほどが過ぎ、その間に50時間以上撮影しましたが、アタリが全く見られなくても魚が写っている場合が多くありました。

普通なら魚が居ないと考えるのでしょうが、映像を見ると野鯉がそこに来ているのにただ掛からないだけなのです。

百聞は一見にしかずと云われますが、水中カメラは正にその事を雄弁に語ってくれます。

多くの課題を与えてくれる水中カメラには当分病みつきになりそうです。。


>赤トンボ(新潟)さんへ

釣り仲間の皆さんの感想をお知らせ戴き、誠にありがとうございます。

そうした野鯉釣りファンの皆さんの温かい言葉が、一番の励みになります。

これからも気付いた事があればお知らせください。



>クレイジー鯉太郎さんへ

貴重な画像を有難うございます。

これからも気付いた事をどんどん教えてください。
 

レンタル掲示板
/263