自由席




222件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[358] 孔子の論語、為政第二の四

投稿者: 名古屋ゆき 投稿日:2017年 3月29日(水)01時01分19秒   通報   返信・引用

子曰わく、吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(した)がう。七十にして心の欲する所に従って矩(のり)を踰(こ)えず。




[354] 直流と交流

投稿者: 名無しの乗客 投稿日:2013年 8月26日(月)11時53分6秒   通報   返信・引用

直流 (direct current) と交流 (alternating current)



[353] 1秒、1メートル

投稿者: 名無しの乗客 投稿日:2013年 8月17日(土)10時24分24秒   通報   返信・引用   編集済

1秒はセシウム133原子(133Cs)の基底状態にある二つの超微細準位間の遷移に対応する放射の 9 192 631 770(約100億)周期にかかる時間、
1メートルは1光秒の299792458分の1



[352] フォアキャスティング とバックキャスティング

投稿者: 名無しの乗客 投稿日:2013年 8月15日(木)16時20分13秒   通報   返信・引用

フォアキャスティング 【forecasting】は、過去のデータや実績に基づいて、その上に少しずつ物事を積み上げていくやり方。また、その方法で将来を予測すること。
バックキャスティング 【backcasting】は、将来を予測する際に、持続可能な目標となる社会の姿を想定し、その姿から現在を振り返って今何をすればいいかを考えるやり方。目標を設定して将来を予測すること。地球温暖化のように現状の継続では食糧不足などの破局的な将来が予測されるときに用いられる。



[351] LED

投稿者: 名無しの乗客 投稿日:2013年 8月15日(木)14時56分25秒   通報   返信・引用

Light Emitting Diode(発光ダイオード)



[350] Hf蛍光灯

投稿者: 名無しの乗客 投稿日:2013年 8月15日(木)14時10分31秒   通報   返信・引用

インバーターを内蔵することで高効率化し、消費電力を抑えた蛍光灯器具です。
蛍光灯に内蔵されている電子安定器はボルトフリー・ヘルツフリーですので、電源電圧が単相200V回路でも単相100V回路でも、使用することが可能です。周波数も60Hz/50Hzの制限なく使用することができます。



[349] 蛍光ランプ (fluorescent lamp)

投稿者: 名無しの乗客 投稿日:2013年 8月15日(木)13時53分47秒   通報   返信・引用

電極(陰極)に電流を流すと加熱され、高温になったエミッターから大量の電子が放出される。放出された電子はもう片方の電極(陽極)に移動し、放電が始まる。放電により流れる電子は、ガラス管の中に封入されている水銀原子と衝突する。すると水銀原子が電子のエネルギーを受け、紫外線を発生させる。発生した紫外線はガラス管内に塗布されている蛍光物質に照射され、可視光線が発生する。



[348] Hf蛍光灯

投稿者: 名無しの乗客 投稿日:2013年 8月15日(木)13時35分54秒   通報   返信・引用

高周波点灯専用形蛍光ランプ



[347] ファンコイルユニット(FCU)

投稿者: 名無しの乗客 投稿日:2013年 8月15日(木)12時27分48秒   通報   返信・引用

熱交換器(コイル)・ファンモータユニット・エアーフィルタで構成されたものをいいます。必要量の外気は空調機(AHU)にて調和処理を行い室内に供給し、ファンコイルユニットは主に室内側の温度調整用として用いられます。また、室内側の温調は空調機(AHU)が行い、ペリメータゾーンの負荷処理を行なうためにファンコイルユニットが使用される場合もあります。



[346] 電気料金(関西電力の場合)

投稿者: 名無しの乗客 投稿日:2013年 8月15日(木)12時05分43秒   通報   返信・引用   編集済

http://www2.ocn.ne.jp/~makiden/m3.htm
  電力の契約には、様々なメニューが用意されております。施設の実態に合わない契約を
している場合には、無駄な電気料金を年間数百万から数千万円も支払うことになります。
上場企業等においても、不利な契約に気が付かず電気管理技術者から指摘され、より有利
な契約に変更するケースがしばしばあります。
 電力料金の主要体系を説明しますので、一度、より有利な契約に変更できないか、チェック
をしてみることを、お勧めします。

  良くみかける損をしているケースには、
   ① 高圧A,Bで契約できるのに、業務用電力で契約している。
   ② 夜間の電気使用量が40%を超えているのに、季節時間帯別契約をしていない。
   ③ 力率割引が100%されていない。
   ④ 遅収料金が適用されている。
  がありますので、詳細は電気管理技術者にご相談ください。



 高圧で受電する場合の、1ケ月の電気料金を求める場合の基本式

   {基本料金×(1.85-力率)+電力量料金-選択契約料割引±燃料費調整額}×1.05
 契約種別により、単価が異なります。



業務用電力
 一般のビルに適用される契約です。(電灯負荷が主で、動力負荷が付帯のものに適用)

 基本料金 1,660円
 電力料金 夏季(7,8,9月)14.15 円/KWH その他季節 12.86 円/KWH
  [電力料金計算例]
     デマンド 120KW  1ケ月の電力使用量 20,000KWH  力率 95%
     季節 7月 燃料調整費 +0.13円/KWH
       基本料金   =120KW×1660            =199,200
       電力量料金  =20,000KWH×14.15       =283,000
       燃料調整費  =20,000KWH×0.13        =  2,600
       電気料金   =199,200+283,000+2,600  =484,800
       消費税     =484,800×0.05          = 24,240
       支払電気料金  =509,040
                                1KWH当たり電気料金=約25.45円


高圧電力A、B
 動力負荷が主で、電灯負荷が付帯のものに適用(例.冷凍倉庫、印刷場)
 契約電力が500KW未満に適用(500KW以上は、高圧B)

①高圧A
基本料金 1,260円
 電力料金 夏季(7,8,9月)11.07 円/KWH その他季節 10.06 円/KWH
②高圧B
基本料金 1,780円
 電力料金 夏季(7,8,9月)10.23 円/KWH その他季節 9.30 円/KWH


季節別時間帯別電力
  夜間の電力の使用量が約40%を越える施設に適用すると、有利になる場合
 が多い、契約です。
  ホテル・スナック入居の雑居ビル等にお勧めの、契約です。

  重負荷  とは、夏季の10時~17時の間に使用される電力
  昼間負荷 とは、夏季の8時~10時、17時~22時 その他季節8時~22時
          に使用される電力
  夜間負荷 とは、22時~8時、休日の場合は、終日適用される電力

・業務用 6KV受電の場合
   基本料金 1,660円
   電力料金 重負荷22.75 円/KWH 昼間15.69 円/KWH 夜間6円31銭
・高圧A
   基本料金 1,260円
   電力料金 重負荷18.20 円/KWH 昼間12.55 円/KWH 夜間6円31銭
・高圧B
   基本料金 1,780円
   電力料金 重負荷16.32 円/KWH 昼間11.26 円/KWH 夜間6円31銭


選択約款
   施設の利用形態に応じて、様々な有利な契約を結ぶことが出来ます。
   代表的な、選択約款に概要について、説明します。

・深夜電力B
     23時~6時までの時間に専用の負荷設備に限り供給し、契約使用時間
  以外の時間は電気の供給が原則として遮断される。
   契約電力が500KW以上の場合は、協議により定めるが、500KW未満に関
  しては、負荷設備の総入力と契約設備電力のいずれか小さい値となる。
    基本料金 270円/KW (6kV受電の場合)
        電力量料金 6円50銭 (6KV受電の場合)

・第2深夜電力
   1時~6時までの間に専用の負荷設備に限り供給し、契約使用時間以外
  の時間は電気の供給が遮断される。

・夏季休日契約
   高圧電力Bの需要家で7~9月の間で電力会社の指定する期間中、平日を
  休みにする事等により使用電力量を契約電力の50%以下に調整すれば、電
  力会社の指定する日(A,B,C種の各指定日がある)によつて、200~300円
  (調整電力1KWH/日)の割引を受けられる。

・緊急時調整契約
   高圧電力Bの需要家で、電力会社より年間を通じて当日3時間前又は、
  1時間前までの依頼により、契約電力の20%以上の電力を1回当たり3
  時間調整できる場合に契約できる。
   割引率は480~560円前後(1KW/1回当たり)

・業務用緊急時調整契約
   契約電力500KW以上の業務用電力を対象とし、6~9月の間に1時間前まで
  の電力会社の依頼により、契約電力の10%以上を1~3時間調整できる場合
  に利用できる。適用事例として、ビジネスホテルなど、昼間使用電力が少
  ない場合に利用できる。
   割引料は、160円前後(1KW,1回,1時間)である。

・ピーク時間調整契約
   契約電力500KW以上で、6月~9月の一定期間、13時~16時の間、30分を
  単位として30分以上継続して契約電力の20%を抑制できる場合に契約でき
  る。契約には、月間調整形(対象期間の全期間または、1月単位)と週間
  調整形(1週間から4週間までの1週単位)がある。
   割引率(東京電力の場合)は、
    月間調整割引額=950円×実績調整電力×契約調整期間
    週間調整割引額=200円×実績調整電力×契約調整期間×月間調整日/5


レンタル掲示板
222件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.