teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:村の天辺館の館長  投稿日:2009年 8月27日(木)04時37分25秒
  こんにちは。先日、素敵な話を聞かせていただいて、今も鴨居玲さんへの想いと作品たちへの記憶が、鮮明に蘇ってきます。楽しいひと時を、ありがとうございました。  
 

マンドリンCDのご案内

 投稿者:福シン  投稿日:2009年 5月19日(火)18時01分9秒
  突然の書込み、失礼致します。
福岡シンフォニックマンドリンアンサンブルと申します。

今年2月に開催いたしました第40回記念定期演奏会のCDをリリースしましたので
ご案内いたします。
特に今回はマンドリン合奏版では初演となりますショスタコーヴィチの「革命」を
全楽章演奏しました。
HPに試聴ページを作成しておりますので、お聴き頂けましたら幸いです。

□■CDアルバム「 Legend 」■□

収録曲目

・彷徨える霊 ボッタキアリ作曲
・悲愴序曲「受難のミサ」 鈴木静一作曲
・交響曲第5番ニ短調作品47「革命」 ショスタコーヴィチ作曲 小穴雄一編曲
・組曲「惑星」よりジュピター ホルスト作曲 小穴雄一編

録音日 2009年2月7日  会場 春日スプリングホール
録音・製作 Major Code プレス盤 2800円

お申し込みについては、福シンHPのトップページよりリンクされています。
皆様のお申し込みをお待ちいたしております。

http://www.fsme.jp/

 

コンサートのご案内

 投稿者:福シン  投稿日:2009年 1月 8日(木)21時41分18秒
  こんにちは、突然の書き込み失礼致します。
福岡県福岡市を拠点に演奏活動を行っている
福岡シンフォニックマンドリンアンサンブルと申します。

この度、第40回記念定期演奏会を開催する運びとなりましたので
ご案内させていただきます。

今年はマンドリン弦楽合奏版としては初となるショスタコーヴィチ作曲の
交響曲第5番ニ短調作品47「革命」を演奏します。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

福岡シンフォニックマンドリンアンサンブル第40回記念定期演奏会
日時:2009年2月7日(土)16:30開場 17:00開演
指揮者:松永恒一

場所:スプリングホール(福岡県春日市ふれあい文化センター内)
   福岡県春日市大谷6-24  TEL 092-584-3366
(JR鹿児島本線春日駅・西鉄大牟田線西鉄春日駅下車 バスに乗り換えて約10分)
  春日市ふれあい文化センターへのアクセス
  http://www.fure-ai.or.jp/access/index.html

料金:全席自由 900円

曲目:
・彷徨える霊 ボッタキアリ作曲
・日本二十六聖殉教ミサによる悲愴序曲「受難のミサ」 鈴木静一作曲
・交響曲第5番ニ短調作品47「革命」 ショスタコーヴィチ作曲 小穴雄一編曲

編成:
マンドリン19名 マンドラ10名 マンドチェロ4名 ギター13名
コントラバス4名 ピアノ1名 パーカッション3名 ティンパニ1名

<お問い合わせはHPのお問い合わせフォームよりどうぞ>
・ホームページ http://fsme.web.infoseek.co.jp/

※過去の定期演奏会CDもHPでお申し込み受付中です。

http://fsme.web.infoseek.co.jp/

 

明けまして

 投稿者:YASU  投稿日:2009年 1月 1日(木)00時26分36秒
  おめでとうございます。
今頃ほろ酔い?気分のま。さんでしょうか。
年明け早々飲みすぎないでくださいね。では~
 

熊本大学マンドリンクラブと申します

 投稿者:mountain  投稿日:2008年11月30日(日)07時22分6秒
  突然の書き込み失礼します、熊本大学マンドリンクラブです。
このたび第51回定演を開催する運びになりましたので、この場を借りてご案内します。

♪熊本大学マンドリンクラブ第51回定期演奏会♪
12月7日(日) 熊本県立劇場コンサートホールにて
開場16:00 開演16:30
入場料400円(前売350円 県劇・熊大生協にて販売中!)

演奏曲目は
☆Ⅰ部ステージ
 星の庭(小林由直)
 歌劇「仮面」序曲(マスカーニ)
☆Ⅱ部ステージ(ポピュラーステージ)
 ゆめのとびら―アニメ音楽の世界へ―
☆Ⅲ部ステージ
 劇的序曲(カペレッティ)
 喜歌劇「葡萄畑の恋」(ミケーリ)より


ポピュラーステージは一年生による演出にも注目です☆
心を込めて演奏いたしますので、ぜひご来場下さい♪♪
 

かぼちゃの家

 投稿者:YASU  投稿日:2008年11月 2日(日)23時44分34秒
  マンドリンコンサートいかがでしたか?僕もコンサート今日無事終了しました。
ところでそちらに伺う前に録音したかぼちゃの家を今日アップしましたのでまた聴いてやってください。
 

こちらこそ、です

 投稿者:ま。  投稿日:2008年10月30日(木)16時38分18秒
  帰りが遅くなってしまってすみません。眠かったでしょ?帰ってからお腹空いたんじゃないですか。あまり食べてないみたいだったから。演奏にはただただ感服するのみでしたが、ギターの弦を張り替えてなかった事だけが未だに悔やまれてなりません。うぅ。。これに懲りずにまたいらして下さいね。待ってまっせ。次回は二重奏なんかお手合わせ願えればと思っております。ね!ね!  

お世話になりましたm(_ _)m

 投稿者:YASU  投稿日:2008年10月30日(木)01時38分43秒
  今夜、昨夜は本当にお世話になりました。お陰様で皆さんと楽しい四日市の夜を過ごすことが出来ました。次回はマリン持参でお邪魔したいと思いますのでヨロシクです。  

残された街

 投稿者:YASU  投稿日:2008年 6月14日(土)13時10分26秒
  ご無沙汰しています。久しぶりに覗いたらまた沢山新作が増えていますね。
素晴らしい作品が多く楽しませていただきました。
さて僕のほうはさっぱり曲作りが進みませんが、タイトルに惹かれ一曲作りました。でも太田さんの中の心象風景はもっと暖かいイメージだったんですね。今朝から地震のニュースばかり見ていたせいかもしれません。

http://www.asahi-net.or.jp/~yd9y-wtnb/

 

アンケートご協力のお願い

 投稿者:柴田高明メール  投稿日:2008年 5月31日(土)01時50分58秒
  突然の書き込み失礼致します。
今年10月1~5日にドイツ・トロッシンゲンにて開催されますマンドリン・シンポジウムにて、「日本のマンドリン事情」というテーマでの講演を主催であるドイツマンドリン連盟より不肖ながら私が依頼されました。このシンポジウムはドイツマンドリン連盟(BDZ)の主催、ヨーロッパ・ギターマンドリン連盟(EGMA)とトロッシンゲン国立青少年音楽アカデミーの共催で4年毎に開催されているマンドリン関連の学術発表の機会であり、約20カ国から200名近くの専門家や音楽研究家が集い、講演やコンサートが開催されるものです。
今回のテーマは「各国のマンドリン事情」「マンドリンのレッスンにおける新しいメソッド・教授法のコンセプト」となっており、もちろんイタリア・ドイツなど他国のマンドリン事情も発表されます。つきましては、この機会に日本の現状をしっかりと調査・把握し、その上で他国と比較することは、日本のマンドリン界の現状、問題点を客観的に理解する上で非常に有意義であると考えております。
そこでより多くのデータを集める為、お手数なのですが簡単なアンケート調査にご協力いただければ、大変嬉しく思います。
http://www.shibataka.com/enq2008.php
このアンケートによる調査結果はシンポジウムにて発表し、その後に他国との比較と合わせて帰国後に私のHP (http://www.shibataka.com)にて皆様にご報告させていただきたく思います。
参考までに、2004年に開催されました前回シンポジウムの内容を下記に掲載させていただきます。

開催期間 2004年9月29日~10月3日
講演内容:講演者
・古楽演奏法の観点:R.フリッチ(ドイツ・音楽学者)
・バロック音楽における「言語としての音楽」とその美学:J.ヒューブッシャー(スイス・リュート奏者)
・R・カラーチェ・ロマン派マンドリンの巨匠:M.W.ヒュスゲン(ドイツ・マンドリン教授)
・前期古典派のマンドリン:A.ベッカー(ドイツ・音楽学者)
・古典マンドリン:M.W.ヒュスゲン
・ローマ風マンドリン・L.エンベルガーによる開発と完成:A.ティマーマン(オランダ・マンドリン教師、研究家)
・ヴィヴァルディとマンドリン:C.ティーレンゲルトナー(ドイツ・マンドリン教師)
・ベートーヴェンとそのマンドリン作品:C.リヒテンベルク(ドイツ・マンドリニスト)
・A.シェーンベルクからF.ザッパ・現代音楽のマンドリン:D.テヴェス(ドイツ・マンドリニスト)
・古楽器のレプリカ製作:A.ウォル(ドイツ・マンドリン制作家)
・ブレッシア風マンドリンの歴史・メルキ、ボルトラッチィからマンドリオーケストラの成立に至るまで:U.オルランディ(イタリア・マンドリニスト)
・G.レオーネ・古典マンドリンの巨匠:J.P.バザン(フランス・マンドリン研究家)

コンサート出演者
G.ワイホーフェン(ドイツ)、デュエット・ジョコンド(ドイツ)、ルクセンブルク・マンドリンクインテット(ルクセンブルク)、デュオ・エンベルガー(オランダ)、アンサンブル・レオーネ(フランス)、パデュア音楽院マンドリンカルテット(イタリア)、横田綾子、柴田高明

お知り合いのマンドリン愛好家の方々にも是非このアンケート調査をご紹介いただきたく思います。
お忙しい所勝手なお願いでお手数おかけし、大変申し訳ありません。
ご協力いただければ幸いに思います。どうかよろしくお願い申し上げます。

柴田高明

http://www.shibataka.com

 

レンタル掲示板
/10