投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


九州救霊活動のご報告

 投稿者:おきちゃん  投稿日:2012年 9月 3日(月)17時12分6秒 z179.219-127-49.ppp.wakwak.ne.jp
返信・引用
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも、本当にありがとうございます。

8月30日から9月1日の九州救霊活動のご報告をさせて頂きます。

30日は、福岡県の春日神社に参拝し、出発のお参りをしました。
私は、写真係をさせて頂いたのですが、春日神社の鳥居や本堂などを撮らせて頂いた時に
写真に虹色の丸い物が写っていました。なんだろうな~と思って、山ちゃんさんに「この丸いのはなんですかね~?」って聞きましたら、「御神霊が写ってるね~、今度勉強会で先生に聞いて見て下さい」といわれました。

次に春日神社を出て、鹿児島県の枚聞神社での救霊活動に向かいました。
到着した時は天候が良くなかったのですが、お諭しの時に御神霊、女神様のお救いをさせて戴いてる最中に、ぱ~っと明るく太陽の光が射し込んできて、その時に写真を撮らせて頂いたら、鏡役の山ちゃんさんの後ろの方に虹色の丸い光の玉が3つくらい写っていて、御神霊が救われて光輝いてる様に思えました。お諭し前は、天候も悪かったせいか、周りが暗く感じたのですが、お諭しが終わった後は周りが凄く明るくなったような気がしました。

31日は、長崎の平和公園での救霊活動でした。
お諭し前は、平和祈念像のお顔が悲しそうに見えました。お諭しが終わって平和祈念像の写真を撮りましたら左手の上の方に丸い物がまた写っていました。この日は時間も遅くて暗くなってしまったので、平和祈念像のお顔がはっきりと見る事が出来なかったので、翌朝にもう一度平和公園で平和祈念像を見ましたら、お顔がにこやかに変わられていました。

9月1日の最終日は、福岡県の春日神社での救霊活動でした。
この時のお諭しでは、凄い大勢の方々がおられて、えいちゃんさんが光の玉を沢山投げていましたが、御霊さんが、「まだ足りない・・・・まだ足りない・・・」と言われ、沢山光の玉をなげて、大勢の方々が救われていきました。
私も非力では御座いますが、炭鉱で無くなられた方々のお諭しをさせて戴きました。
私が住んでいる所が炭鉱の町だったので、お諭しをさせて戴けて本当に良かったです。

今回私は初めての救霊活動でしたので、救霊活動へ参加する時の心構えや、お諭しなど、
自分に足りない所を沢山勉強をさせて戴きました。そして御本体様の、もっと頑張って欲しいと思われる気持ちが伝わってきました。

参加させて戴いた中級者、初級者の皆さんそれぞれ貴重な経験が出来て、更に、和が出来て本当によかったです。

えいちゃんさん、やまちゃんさん色々と御指導して戴いて本当にありがとうございました。
大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
 

九州救霊活動に参加させていただいて

 投稿者:おはなさん  投稿日:2012年 9月 3日(月)11時30分36秒 softbank126025218109.bbtec.net
返信・引用
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも、本当にありがとうございます。

8月30日から9月1日までの3日間、参加をお許し頂いた九州救霊活動のご報告をさせて戴きます。
詳しい内容は、他の方が書いて下さると思いますので、私個人に起きたこと、感じたことを書かせて戴きます。

8月の中級勉強会で、先生から四国の救霊活動の時、一時ひろ子さんの心臓が止まったとおっしゃって、救霊活動は心して臨みなさいとアドバイスを戴いていたのですが、救霊活動に参加のお許しを戴いたことがうれしくて、今思うと少々旅行気分があったように思います。で、まさかあのような事態に自分がなるとは思いませんでした。

初日、鹿児島県の枚聞神社で行った救霊活動中の出来事で、印象深かったことは、女神様がお出でになられた時、私の事はいいので、苦しんでいる者たちを早く救ってほしいと御自分の救いを拒んでいらっしゃいました。女神様は、人間を救えなかったことが辛くて、心の中が悲しみで一杯でした。でも、御諭を受けて力を付けられた時、霧雨が降ってきました。その霧雨に陽の光が当たりきらきらと輝いたのです。数分の出来事でしたが女神様の喜び、温かい御心が、私の心に伝わって来た時とても幸せな温かい気持ちになりました。
その後、鏡役に出てきた方は特攻隊で亡くなった青年で、早く母のもとに返りたいと、嘆き悲しみながら繰り返し言い続けておりました。先ほどの女神様は、その様子を見ていらっしゃって、とても心を痛めていらっしゃったのですね。

そして、鹿児島での救霊活動が終わり、食事の時に飲み過ぎたようで、えいちゃんの部屋に集まった事までは覚えているのですが、次の朝、目が覚めるまでの記憶がないのです。今思うと、御霊さんに飲まされたのではと思っています。

で、2日目、私の地獄の1日が始まりました。二日酔いで吐き気があり、長崎に着くまでに数回吐き、車の進行を遅らせてしまいました。でも、このことも『光の主神様』のお仕組みだったのですね。

熊本港 13時発 島原港行に乗船するのに、12時40分までに港に到着しなければいけないのですが、国道3号線が渋滞で間に合わない状況でした。でも、原能さんが横道ありますよと教えてくれた時、そっちに行ったら間に合うと閃きを戴きました。
また、私自身が障られていると感じていたので、私に障っている方邪魔しないで下さい。遅れたら御諭も遅くなりますよ。乗船したらあなた方のお救いが出来ますよ。さあ、貴方方も時間に着くよう応援してくださいと御霊さん達に語り掛けていました。すると気分が少し良くなり、体に力が戻ってきました。そして、到着したのはきっかり12時40分でした。神様の御守護はすごいなと感じさせていただいたのもつかの間、また具合が悪くなり、乗船後横になりたくて仕方がありませんでした。山ちゃんが17時まで待ってくださいと御諭をしてくださると楽になることが出来ました。ただ、両手の指にしびれがありました。今思えば、乗船すれば御諭をしてお救い出来ると勘違いしていた私の言葉に、御霊さんが御諭はまだかとしびれを切らして障って来ていたのだなと思います。

その後、しばらくはまあまあ楽でしたが、山越えの途中、山ちゃんが今回の救霊活動は全員のお救いは許されないようだね。(ニコさん曰く、本人の言葉ではなく言わされていますよ。)と言った直後、私の頭がズキンとしました。そして暫くすると、先程からあった両手のしびれが段々ひどくなってきました。両手全体に広がり、腕もしびれてきました。お腹も帯でぎゅうぎゅう締め付けられているような苦しみが始まりました。両足もしびれ、頭もしびれと締め付けで、言葉も思う様に話せなくなり、指も動かせないような状態でした。その時、今回の九州救霊活動のメンバーの方々に、手かざし、お諭を沢山していただき、本当にありがとうございました。

今だから思えるのですが、その時の御霊さん達の気持ちは、落胆と悲しみで一杯だったのですね。やっと救われる、楽になれると思って私たちを待っていらっしゃったのに、それが叶わないと思った時の怒りが、今まで以上の障りとなったのでしょう。

長崎の平和公園に到着したときは、歩くのがやっとでした。御諭が始まっても、立って聞く事は出来ず、座っていても体を起こすことが精いっぱいでした。
でも、私が御諭をさせて戴く順番が来たとき、不思議と体に力が入ってきました。立った状態で御諭をしているのに、最後まで御諭をさせて戴くことが出来ました。これも全て『光の主神様』の御守護なのですね。真にありがとうございます。

そして、原能さんが御諭をされた時、鏡役に出てこられた迫害されたキリシタンの方が、貴方に障っていたのは私です。申し訳なかったと言われた時、先程まで私に障っていた全ての方々が救われたのだなと思いました。とても苦しかったのですが、全員の方が救われて本当に良かったと思います。

大変な1日でしたが、全てお仕組みだったのですね。今回の事で、私自身が、勉強会で学んだことを日々実践していなかった事、地獄に落ちていらっしゃる方々で、『光の主神様』がお許し頂いた方々をお救いする大切なお役目がある事を教えて頂きました。その為にも、精進していかなければいけないことを学びました。真に、真にありがとうございました。

3日目は、最後の方だけ参加をお許し頂きました。
今回、多くの体験・体感をさせて戴き、そして、鍛えて戴き、真に、ありがとうございました。

大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
 

所信表明をさせて頂きます。

 投稿者:マサノリメール  投稿日:2012年 8月25日(土)02時40分57秒 110-134-234-85.rev.home.ne.jp
返信・引用
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に真に、ありがとうございます。
金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも、本当にありがとうございます。

最近の出来事と共に、今の私の、所信表明をさせて頂きたいと思います。
今月の30、31日に“えいちゃん”さん、山下さんを中心に、九州において救霊活動をされることとなっておりますが、是非とも、その活動に参加させて戴きたいと考えております。それに伴い、色々な体験をさせて頂きましたので、それもご報告させて頂きます。

以前に、山手線や広島での救霊活動にご一緒させて戴いた私ですが、始めは、“九州において救霊活動を行います。”とのお話を伺っても、「救霊活動はなるべく参加させて頂きたい。でも、さすがに九州は遠い。」と、どこか他人事として感じていた私でした。
それとは別に、私は、どちらかと言えば外国映画を見ることが多いのですが、ここ最近、終戦記念日の前後ではあるものの、なぜか日本の、第二次世界大戦ものの映画に触手が伸び、それも、特攻ものの作品を多く見ました。そして、まさにクライマックスの特攻のシーンではポロポロと涙を流すのです。
やはり、日本人ですし、日本が好きです。のんきに、「年をとると涙もろくなるもんだなぁ。他人に対して色々な感受性が高まるんだろうか?」と、思いながらも、そこは、この研究会で学ばせて戴いているわけですし、「特攻に関わりのある御霊さんが憑いていらっしゃるんだろうか?」とも思い、8月18、19日の中級者勉強会へ参加させて戴いた折に、勉強会が始まる直前でしたが、急遽、“第二次世界大戦で特攻により犠牲になった方々一同”と、“第二次世界大戦で特攻により犠牲となるように仕向けた方々一同”という名目で喜捨をさせて頂きました。
すると、勉強会にて“えいちゃん”さんから直接、「今度、九州において救霊活動をさせて頂くんだ。特攻に関わる救霊もさせて頂く予定です。」とのお話を聞かせて頂きまして、俄然、他人事とは感じられなくなり、「是非、参加させて頂きたい!」という思いが膨らんでいきました。

しかし、私の仕事にはお盆休みはなく、救霊活動の期間の勤務予定も、明確には頭に入っておりませんでした。ですから、「何が何でも参加させて頂きます!」とは言えず、「参加が許されるだろうか?」との想いが胸に広がりました。無理矢理休むことも出来るでしょうが、それも真理に悖る気がします。“えいちゃん”さんの、「参加するかい?」とのお誘いに、即答出来ずに帰宅した私は、すぐに職場の同僚に連絡を取り、勤務を交代してもらえるかを電話で尋ねたのですが、「大丈夫だと思う。」との返事をもらい、ひとまず安心して、『光の主神様』にお願いをして、床につきました。
すると、翌日、その方からは「勤務の交代は出来ない。」との連絡が入り落胆したのですが、上司から、その人と代わって欲しいと言われたのです!

それは、私が勤務の交代をお願いした人が、実は、私が勉強会へ参加している時に、体調を崩して仕事をお休みをされていたんですね。(私は知りませんでしたが、)その方は通院の関係から、「やっぱり、交代は出来ない。」と言われたんですが、むしろ、上司が、「その人の体調を考えて、もう少し休んでもらいたい。だから、あなたの希望する日に休んでいいから、代わりにその人の勤務をして欲しい。」と、逆にお願いをされたのです。
以前より、今回、休みを交代して欲しいとお願いした方や、私の上司に対して、広森さんからのアドバイスを頂いて喜捨をさせて頂いてはいたのですが、こうも、あっさりと物事が運び、むしろ、「交代してくれて、ありがとう。」といったお礼まで言ってもらい、『神様』の御仕組みに、ただ、ただ、ありがたく、驚くばかりでした。

まだまだ、誘惑に弱く、遅々として歩みの遅い私ではありますが、今後も、出来る限りの『真理=神理』の研究会の活動に参加して、自己を高め、『神様』にお使い戴きたいと思う私です。九州の救霊活動においても、何が出来るか分からない私ですが、精一杯、頑張らせて頂きたいと思っています。これからも、どうぞ、よろしくお願い致します。


そして、これは、九州の救霊活動とは直接関係がないのですが、貴重な体験をさせて戴きましたので、合わせてご報告をさせて頂きます。

九州の救霊活動に関する、“えいちゃん”さんとの問い合わせをさせて頂く中で、この掲示板により、“えいちゃん”さんの“実践のご報告”を読ませて頂きました。
“相対する、ご先祖様へのご挨拶”は、私も勉強会で教えて戴いて、自分の上司の御先祖様に対して、させて頂いてはおりましたが、その上司だけで、それも一度きりでした。
“えいちゃん”さんの投書を読ませて頂き、「私もさせて頂かなければ!」と思い至り、さっそく、翌日に職場の上司や同僚はもちろん、徹底的にと、お客様に対しても行いました。すると、上司や同僚では、あからさまに関係が良くなった方と、あまり変化が感じられない方と、まちまち、なのですが、(もともと、それほど関係が険悪な方はいないのですが、)お客様の御先祖様に対してご挨拶をさせて頂くと、どんどんと身体が重くなっていくのです。加えて何やら気持ちが悲しくなり、その思いに身を委ねてしまうと、そのまま、泣いてしまいそうな勢いです。
かつて、崇教真光の道場へ参拝させて頂いた際に、似たような感覚がありましたが、その比ではありません。その際は気持ちにまで影響を受けませんでした。

日常においても、“憑霊の救われを『神』に祈る”お祈りはさせて頂いているのですが、仕事中は、せいぜい休憩時間に一度です。ですが、その日は仕事中でも隙を見つけては、無声音で何度もお祈りをしないと間に合わないくらいです。
必死にお祈りを繰り返しながら、仕事を終えると、その後は特に問題はなかったのですが、「こんなこともあるんだ。」と、「こんな状態があるのなら、今まで、多少、身体が重くなったり、身体がダルかったりするのは、まるで障られているうちには入らないな。」と、上級の方や鏡役の方のレベルの高さに思いが至りました。
昨日と、本日と、ご先祖様へのご挨拶は続けさせて頂いておりますが、その後は徐々に障りが薄らいできております。
私が働かせて頂いているのは福祉施設で、「福祉施設だから、救いを求めていらっしゃる方が多いのでしょうか?」と、“えいちゃん”さんに報告をさせて頂くと、「身体が重くなったのは、相手の方の思いも汲み取ってしまったからだと思います。福祉施設に浮遊している方々は、自分が亡くなっていることに気づいていない方も多いと思われます。認知症は霊障が殆どで、自分が誰かさえ分からないですからね。」との、アドバイスを頂きました。
ありがとうございました。

大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に真に、ありがとうございます。
貴重な体験をさせて戴きまして、真に真に、ありがとうございました。
金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも、本当にありがとうございます。
これからも、どうぞ、よろしくお願い致します。
 

実践のご報告

 投稿者:えいちゃんメール  投稿日:2012年 8月21日(火)12時30分29秒 p2150-ipad13fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用
  金生先生、掲示板を御覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます!


8月度中級者向け勉強会(18・19日)の参加のお許しを賜わりまして、真にありがとうございます。
この勉強会で、私は相手の御先祖様への御挨拶を行ったら、対応が全然違うということを学ばせて頂きました。
早速20日朝起床して直ぐに、会社関係の方々の御先祖様方へ御挨拶をさせて頂きました。

この日は、11日からの長いお盆休みが終わり初出社の日で、遠方に打合に行くことが休み前には決定しておりました。
其処へ同行して下さるのは、会社の社長と専務です。起床して御挨拶をした方々も実は、社長と専務の御先祖様方なのです。
この打合は、ある案件の立案者(私)が司会者となり、役所に対してヒアリングを行う日でした。

そろそろ会社を出ようと準備をしていると、まずは専務から“道中いろいろと考えなければならないだろうから、行きは私が運転しますから!”と仰り、ご厚意に甘え従いました。

目的の場所に到着し、ヒアリングを終え、帰りしな社長から“上出来!上出来!”と褒めて頂き、車に三人で向かっていましたら、社長が、“ヒアリングで頑張ってくれたから、帰りは、私が運転するよ!”っと、またまた有り難いお言葉を頂き、そのご厚意に甘え従いました。

なんということでしょう!!!

相手の御先祖様への御挨拶の効果が、こんなにも大きいなんて本当に驚きました。
先生!大切な事をご指導下さいまして、本当にありがとうございます!

中級者勉強会に出てらした他の方々も、是非!行ってみてください!!
学んだ事を実践しないのは・・・。会員の方ならお分かりですよね!
結果を直ぐに体験出来ますから!
そして、効果のご報告を掲示板へなさっては如何ですか!

こんなにも有り難く心にしみることを身を持って体験させて戴き、また効果を直ぐに賜わり、真にありがとうございます。
まだまだ至らぬ私で真に申し訳御座いませんが、今後とも『光の主神様』の御心に適った神の子として、昇華のお許しを賜われます様、謹みてお願いを申し上げます。

Ps.勉強会中に金生先生の頭上60cm位の所に、青い右回転の渦がありましたが、あれはいったい何だったのでしょうか?


真に、真に、ありがとうございます。
 
    (管理人)  えいちゃん、報告をありがとう!

 ただね、大事な相手の事が抜けているよ!

 この場合には、ヒヤリングして下さる相手の方々の御先祖様方に挨拶する事が、最も効果が得られる事ですよ!

 事前に挨拶しておいて、更に会場にお集まり下さっている方々の御先祖様方に対して、喋り始める前に御挨拶をしておくと、会場の皆さんが一層好意的に聞いて下さったのですよ!

 今からでも良いから、当日にいらっしゃった方々の御先祖様方に、改めて御挨拶してご覧なさい。
 要領は、嫁いだ時の挨拶を現在になって行う場合と同様ですよ。

 そうすると、このヒヤリングの内容を取り上げて頂ける確率が飛躍的に高まりますよ!

 相手の御先祖様に対する御挨拶は、『真理=神理』の研究会で気付いて纏めた事ですが、この事を地球上の総ての人間に弘めるだけでなくて、宇宙の各地にいる高度な文明を持っている人類に対しても弘めるのだそうです。
 壮大なロマンがありますね!

 既に、それらの星の神の分魂の入った人間が、昨日のブラジルでの初めての勉強会に参加して、熱心に学んでいましたよ!

 勉強会中の私の頭上の青い光の渦は、『宇宙創造神』に直結の勉強会ですから、『宇宙創造神』の御意思が現れているのです。
 会員さんの中に、段々に『宇宙創造神』の御光が見える方が出てきて、とっても嬉しいですよ♪

 頑張ってね!
 

7月度勉強会に参加できました!

 投稿者:良心メール  投稿日:2012年 8月17日(金)15時18分1秒 90.64.234.111.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に 真にありがとうございます。
金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうごさいます。

私が、勉強会に参加させて頂くまでの間に起きました事を、遅くなりましたがご報告させて頂きます。

金生先生より、5月の高山市勉強会のお誘いを受け、切符等の手配も済み参加させて頂くむねを、先生にご報告の電話をさせて頂きました。

それから数日後、夜中に救急車で運ばれ緊急入院となりました。病名は、小脳梗塞でした。
それと他に、脳低動脈の血流が無く、MRIにも造影検査にも脳底動脈の血管が写らない状態でした。
その為、体の一部から血管を持ってくる手術をするとのことでしたが、何とその血管の代わりに、血管のバイパスができていたんです!そのお蔭で、手術することなく命が助かったと、後から医者から聞きました。
又、医学的には厳しい状況だが、脳底動脈が血流がなかったお蔭で、小脳にできた血栓が他の所に飛ばずに済んで、結果的に良かったとも聞きました。

そして約1か月半の入院生活も終わりかけ、最後の検査でMRIに今まで写らなかった脳底動脈が、写るようになっていたんです。

それから退院し、金生先生に電話連絡をいれますと、「6月の宿題を提出して、7月の初級者勉強会からでいいから、参加なさい。」と、言うお言葉を頂きました。

私は内心「退院したばかりで、体は大丈夫かな?」と、思いました。と、言うのも、私の住んでいる宮崎から本部道場まで、新幹線を使っても約11時間半程かかります。
「飛行機には、まだ乗れないし。」と、思いながらでしたが、「参加させて頂きます!」と返事を致しました。

そして出発の日、長い道のりでしたが、道中『神様』に御守護をお願いしつつ勉強会前日の夜に、無事本部道場に到着し、2日に亘る勉強会に参加させて頂きました。

勉強会では素晴らしいお話も聞かせて頂き、「宮崎から参加させて頂いて良かったな!」と、言う思いと、「この長い距離をよく来れたな!」と、言う思いで一杯でした。

勉強会の終わり頃、金生先生から「この勉強会に参加してどうですか」と、聞かれ一人一人が感想を述べる時、私の番では『神様』の御守護の御蔭でここまで来れた!と、言う思いで胸がいっぱいになり、涙が出て何も話せませんでした。

『光の主神様』無事勉強会に参加させて戴きまして真に 真にありがとうざいます!

金生先生には、駅まで迎えに来ていただいたり、ご家族の方には、駅まで送っていただいたり誠にありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に 真にありがとうございます。
まだまだ、駆け出したばかりの私ですが、『神様』の御心に添いえますよう精進させて頂く覚悟でございます。どうぞ御宜しくお願い申し上げます。
 

光の玉

 投稿者:コキミ  投稿日:2012年 8月17日(金)02時37分25秒 nptta302.pcsitebrowser.ne.jp
返信・引用 編集済
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に、真に、ありがとうございます。

金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありが とうございます。

とてもステキな体験をさせていただけたので、こちらで報告させてください。

今月の桑名の勉強会で、先生がお諭しの時に、幸せいっぱいの家庭を作る方法の光の玉を作ろうとして、両手を上にあげると同時に、先生の眼鏡のレンズの辺りがとても青く濃く光っていました。
良く見ると、レンズの辺りから両手のひらの間まで、薄い青い光の筋が何本もありました。

私は何度も瞬きをしたり、何度も見直しましたが、青く光っていました。
周りに青いものが反射するような物が無いか探しましたがありませんでした。
そして、先生が光の玉を投げると同時に、光も無くなりました。

あれはいったい何だったのかしらと、後日、先生にこの話をすると、
先生「光の玉が見えたんだね!良かったね!」
私「光の玉って、青いのですか?」
先生「そうですよ。宇宙創造神から戴く光は、青色なんですよ(^^)」

ビックリでした。
光の玉が青いとは思っていませんでした。

7月の中級者勉強会の時に、金生先生に「光の玉をつくる練習をしても良いですよ。」と言ってもらえたので、それから自宅で練習をしていましたが、私は太陽のような、白っぽい、薄いオレンジ色みたいな光の玉を想像して練習していて、イメージ的にも、ちゃんと出来たのかどうかも良くわからなかったのですが、この話を先生としてからは、色々な色の光の玉が出来るようになり、触っている感触も強まりました。
ピンクだったり、緑だったり、七色だったりと、色とりどりで、楽しいです。

ステキなものを見せて戴いて、ありがとうございます。

大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に、真に、ありがとうございます。
 

桶狭間と関ヶ原での救霊活動の報告

 投稿者:きょうじゅ・マダムメール  投稿日:2012年 8月13日(月)10時17分24秒 c031-210.intsurf.ne.jp
返信・引用
 

 『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
 金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

 愛知県の桶狭間古戦場と岐阜県の関ヶ原古戦場の救霊活動に参加させて頂きました。

 桑名勉強会後、辛い状態だったので八月八日先生に電話すると、私を辛い状態にしているのは関ヶ原関係の方々と分かりました。翌日の八月九日に、先生方とヤマちゃんが両古戦場跡地で救霊活動されることをお聞きし、合流させて頂きました。

 11時に桶狭間古戦場近くに集合の予定でしたが、色々と交通渋滞により午後1時半ぐらいから救霊活動を開始しました。メンバーは先生ご夫妻、ヤマちゃん、ダニエルさん、きょうじゅ、マダムです。

☆桶狭間古戦場伝説地は、町中で綠の多い綺麗な小公園に整備されていて、此処が嘗ての織田信長と今川義元が戦った所とは余り感じられませんでした。
 お諭しは、お花も供えられている今川義元公の墓前で行われました。

 今川義元公は織田信長公に憤懣やるかたない様子で出てこられ、大軍を率いて挨拶もなく織田の領地を通ることについてのお話しに、初めは“ただ通っただけだ、それが何故悪いのか”と憤っていましたが、御自分の落ち度を悟られ救われ、また『神様』から戴く“幸せ一杯の家庭を築く方法”で、義元公及び無念の死を遂げた方々やそう仕向けた方々が大勢救われていきました。

 そして、救霊前は義元公のお墓の碑文が風化されて何が書いてあるか読み取れ難かったのが、救霊後は“今川治部大輔義元墓”とハッキリと浮き出て読み取ることが出来ました。
 また、それまで誰も居なかった公園に近所の方らしい人や散歩の人、史跡巡りをしている人達が集まってきているのが印象的でした。暑さの中、空気も爽やかで柔らかい雰囲気を感じました。

☆関ヶ原古戦場跡地での救霊場所は、今回は東軍の井伊直政が西軍の前線に向けて鉄砲を撃ちかけ開戦に至った地で、西軍の小西行長陣跡の近くの関ヶ原古戦場開戦地碑の前で行われました。

 2年前の6月5日に関ヶ原古戦場決戦地で救霊活動を行い、一度天国に許されたのに落ちてしまった大勢の方々と徳川家康公の魂にも、また東軍及び西軍で無念の死を遂げた方々ならびにそう仕向けた方々等、敵味方なく参加者全員で『神様』から戴く“幸せ一杯の家庭を築く方法”を大量に花火の如く打ち上げて救霊させて戴きました。

 終了後、鏡役のヤマちゃんが“大きな大きな光の筒になって、本当に大勢の方々が救われて行かれました”と伝えてくれました。
 そして近くの山々も木立も空気も、総て清々しく爽やかに大きく変化していきました。

 ふと気が付けば、あれほど辛かったのがスッキリ軽やか、身体の厚みが半分ほどに爽快になっておりました。

 今回は桶狭間と関ヶ原の各古戦場の救霊活動に参加させて頂き、本当にありがとうございました。そして桑名特別勉強会で“世界中のまだ救われていない大勢の御霊達を一日も早く天国に導く”ための御用にお遣い賜れるようにとの、新たなお示しを戴いたことに対する第一歩の実践をさせて頂きました。

 まだまだ至らぬ私どもで真に申し訳ございませんが、今後とも『光の主神様』の御心に適った神の子として、昇華のお許しを賜われます様、謹みてお願いを申し上げます。

 『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。

 

第6回摂津特別勉強会のお知らせ

 投稿者:きょうじゅメール  投稿日:2012年 8月11日(土)20時39分40秒 c031-210.intsurf.ne.jp
返信・引用
 

 『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。

 金生先生、会員のみなさん、掲示板をご覧のみなさん、いつも本当にありがとうございます。

 8月5日 三重県桑名特別勉強会が開催されました。
 午前中と午後前半の授業は、“幸せ一杯な家庭を築く方法”より“いつもありがとう”と“色々な相対する御先祖様
への御挨拶”等の大切さを学びました。
 午後後半は、初級者2名と中級者1名の方によるお諭しの実習を行いました。詳しい内容は8月7日付けのダニエルさん
の投稿を参考にして下さい。

 今回の特別勉強会では、“世界中のまだ救われていない大勢の御霊達を一日も早く天国に導く”ための御用にお遣い
賜れるようにとの、新たなお示しを戴いた素晴らしい勉強会でありました。
 次は、摂津特別勉強会です。『神様』の御心を学ばせて戴きましょう。お気軽に参加してみて下さい。

  第6回大阪府摂津特別勉強会

☆ 日時:2012年9月2日 (第1週の日曜日)10:00 ~ 17:00 (12:00~13:00 昼休み)

☆ 場所:摂津市民文化ホール (いきいきプラザ内)2F 会議室
    会議室棟は独立しており、摂津市民文化ホール西隣のいきいきプラザとなります。
  〒566-0034  大阪府摂津市香露園32番19号
  TEL:072-635-1404  FAX:072-635-1425
   おにぎり弁当昼食は、各自でご準備下さい。(会場北側にコンビニが有ります )

☆ 勉強会は会員だけでなく、一般の方の参加もお待ちしております。

☆ 費用:講義の受講御礼は、喜捨としてご奉納ください。
   会場費等は別途ご協賛としてお願い致します。
   喜捨については、解説書【喜捨の心得】をご覧ください。
   解説書をお持ちで無い方は、“ 喜捨の心得 ”でPDFファイルがご覧いただけます。
   必要に応じて個別相談をお願いできます。

☆ 参加申し込み、ご質問及びお問い合わせは、この投稿者名の“きょうじゅ”のメールをクリック
      するとメールを送る事が出来ます。お気軽にどうぞ。

☆ 交通アクセス
  電車
   ・阪急摂津市駅より       徒歩約5分
   ・JR千里丘駅より       徒歩約10分
   ・大阪モノレール摂津駅より 徒歩約10分

  車
     ・名神高速 茨木ICより 車で約15分 (府道14号線 南へ)
    ・名神高速 吹田ICより 車で約15分 (中央環状 / 府道2号線→14号線南へ)
            府道14号線を南下 千里丘(交差点)を左折(東へ)すぐ

注)ホールには駐車場がありませんので、市立小川自動車駐車場(有料)か、
  近隣のコインパーキングをご利用ください。
  ・小川駐車場 駐車可能:58台  駐車料金 1台 300円
      障害者手帳をお持ちの方の自動車、又は障害者手帳をお持ちの方が
            同乗されている自動車は無料です。

 地図をクリックしますと、拡大表示されます。

 

平成24年8月度特別勉強会の御報告

 投稿者:ダニエル  投稿日:2012年 8月 7日(火)15時32分9秒 112.190.3.110.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』、真に、真にありがとうございます!!
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます!

先週末に開かれた、三重県桑名市における、『真理=神理』の研究会の特別勉強会のご報告をさせていただきます。

 特別勉強会では、新たな御教えが下ろされることが多いとは言われていますが、今回はさらに特別でした。今まで数回しかお諭しを経験していない初級者を含めた方々のお諭しに、今までにないようなケースの御霊ばかりが出てきただけでなく、救われた御霊の総数も、通常の勉強会とは桁違いであるという点で、本当に興味深い勉強会であったと思います。

 現時点で人間界に明かされている事の一つに、『光の主神様』の御計画が、今年一杯で山場を迎える、という事があります。その為、『光の主神様』は、今年中に、世界中の御神霊全員と、可能な限り大勢の人霊を救いたいと御急ぎになってらっしゃるそうです。

 今回の勉強会では、正に、『光の主神様』の御計画の進行を目撃することができました。新たに見えた三名の方のお諭しを、初級者2名と中級者1名の諭し役が行ったのですが、実際に出てきた御神霊と人霊の総数は、莫大な数であったそうです。

 出てきた御霊も、今までの(一般的なお諭しの)常識を覆す方々ばかりでした。諭し役を騙そうとする方が多く、それどころか、金生先生の目をも欺こうとする程の強力な鍛えでした。

 中には、金生先生が『光の主神様』に、諭され役の方の御本体を呼び出して戴けるように御祈りをしたのにも関わらず、その御本体を押さえつけて、自分が出てきて、御本体の振りをして欺こうとした御神霊もいました。御本体と分魂の関係上、御本体と分魂の性別が(少なくとも今世では)同じになる筈なのですが、その御神霊は、諭され役の女性の御本体の性別は、あくまでも男性であると言い張って、また、諭され役の今後について、“これまでとは違う人生を与える”、という意見でした。違和感を感じた金生先生が、上の神々に、どうすれば良いのか意見を仰ぐように伝えた時も、やはり、“諭され役には、違う人生を与えなさい”という返答があったと言いました。

しかし、これらの言い分は、金生先生だけでなく、他の会員達も感じるほどの違和感があったので、結局は嘘と見抜かれ、観念して、救われていきました。

 今回のお諭しでよく目についたのは、様々な恨みの御霊が、他の恨みの御霊達と結託して、一緒に、諭し役を騙そうとしてきたことです。一例ですが、上記の御神霊のお諭しの際には、先に別の御霊が出ていて、実はその際にも、諭され役の御本体は男性である、という事を言っていたのです。そしてその後に、御本体と偽って、件の御神霊が出てきて、自分は男性である、という事を語ったのでした。

 全体の状況としても、お諭しの経験が数回しかない初級の方々と、中級の方が、これ程までに高度で範囲の大きなお諭しをするのを、私自身は、初めて見させていただきました。3名のお諭しで、2時間半以上もの時間が掛かったのは、私の知る限り、前代未聞ではないのでしょうか。

勉強会が終わった後も、大勢の御霊が鏡役に大挙して押し寄せていたようなので、最終的に、いったい何名の御霊が御救い戴けたのか、想像もつきません。

今回は、本当に特別な勉強会であったのでしょうね。『光の主神様』の御計画が佳境を迎えつつあり、今後ますます、世界中の御霊救いのスピードが上がると感じます。

 『宇宙創造神』の御計画が、最終段階を迎えつつあり、いよいよ、今年一杯で完成する・・・その進行具合を、直に目撃する事ができて、このような機会に立ち会える事は、本当に幸せなことなのだと改めて感じました!

 今回も、正直、勉強会に参加するまでは、様々な迷いや苦労がありましたが、実際に参加をしてみると、その苦しい想いが吹き飛ぶくらいの、本当に大きな意義があったんだなぁ、それに参加ができて、本当に良かった!と、帰宅の途では笑顔が自然に浮かんできました。その後も、充実感に満ちた、素晴らしい日々を送らせていただけています!

大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』、このような、本当に素晴らしい機会に、私の参加の御許しを戴きまして、また、こんなにも、充実感に満ちた日々を過ごさせていただきまして、真に、真にありがとうございます!!!

まだまだ、至らぬ部分ばかりの私で誠に申し訳ございませんが、どうぞ今後とも、『光の主神様』の御用に、どうぞ沢山に私を御使い戴ける機会を御与え下さりますよう、謹みて、御願いを申し上げます。
 

本日戴いた奇跡

 投稿者:コミキメール  投稿日:2012年 8月 1日(水)01時53分23秒 nptta301.pcsitebrowser.ne.jp
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に真にありがとうございます。

金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありが とうございます。

本日は、とても嬉しい奇跡を戴きましたので、投稿させて下さい。

会社で私の正面の席に座るA君のお話です。

A君は、3ヶ月ほど前に、酷いめまいに襲われ、メニエル病と診断されました。
毎日、薬を飲んで少しでも症状を軽くできるならと、辛そうでした。
その当時は、正面に座っていながらも、仕事の担当が違ったので、たまにしか言葉を交わしませんでしたが、最近は良く話すようになり、先週末には、ひょんな事から、
私の娘が生き霊になって現れたこと。
生き霊は肉体が無いので前世のことを思い出すことが出来るので、思い出してみたら、とても酷いことをしていたと、とても反省してからは、肉体のある娘は、とても素直な良い子になったこと。
最近、娘と同じような場所に何ヵ所も禿げが出来て、お諭ししてもらったら、娘は前世に体の大きな男性で、体が大きいのを良いことに、思い付く限りの悪事を重ね、それはそれは酷いことをしてきたと。
私も前世に一緒にやってたこと。
それが悔しくて、頭に風穴をあけてやると、やっと禿ができた、まだまだこれから穴が開くまでやるんだと、大変お怒りの方が、出てこられましたが、その方が前前世を思い出すと、今とは逆で、反対に自分達が酷いことをしていたことを思い出し、大変反省して、今まで作っていた禿を元に戻してくれて、天国へ行かれたことを、面白おかしく話すことができ、
「だから、A君のメニエル病も治るよ♪」
と、話が出来ました。

また、悔しかったり、恨んで憑いてる方は、お祓いや除霊なんてしたって、憑きたいから憑いてるんだから、何度やってもダメなんだよ。
だから、その方に天国へ行く方法を教えてあげると、幸いっぱいになって天国へ行くから、恨んでたことなんて、どうでも良くなっちゃうから、2度と憑かれることはなくなるんだよ。
などの話が出来ました。

そして日曜日に、金生先生に、メニエル病の同僚の相談をしたところ、このメニエル病は、特に恨んでいる方ではないので、ただ、くっついているだけなので、御守りで「ねえねえ、ココにいるかた、あなたも天国に行こうよ。この御守りが読めますか? 読めたらこの通りにしましょう。」って、言うだけで大丈夫だよ。あなたにも出来るよ。
それから、耳下部が固くなっているので、10回ほどこすって流してあげなさい。

と、言って頂いたので、
よし、やってみよう!と、話を切り出すチャンスを伺っていましたが、簡単に切り出すことができ、
「霊の見える人には、A君の耳の辺りに、ぼた餅のようなものが、半分体に埋まっているように見えて、まるでヘッドフォンをしているように見えるらしいよ」
などと、これもまた、冗談まじりに楽しく話を進められました。
そして、今は仕事中だから、あとで御守りでやってあげるねと言ったら、私の頭がフワフワとボーッとしてきて、しばらく治らないので、これはメニエル病にしている方が、早くしてくれと、私に来たのだなと思い、A君に「自分でやってみる?早くして欲しいらしくて、私にメニエル病っぽい症状が出できちゃったよ」と、御守りを1つ渡して、こうにしてね。と、耳の辺りを軽く叩きながら、
「ねえねえ、ココにいるかた、あなたも天国に行こうよ。この御守りが読めますか?読めたらこの通りにしましょう。」
と言ってみて。

A君が真似して、やってみました。

私は5回は繰り返して言わせた方が良いのかなとか、色々考えていましたが、A君は、キョロキョロ、キョロキョロとあちこちを見回して落ち着きがありません。

今度は「ねえねえ、ココにいる方、早く天国に行った方が良いよ。この御守りが読めますか?……。」
「動物霊の方は、人間に戻して戴いて、天国に行きましょう。……。」
と、言っている間も、キョロキョロしているので、どうしたの?と聞くと、
「今日は、視線を動かす度に、ピントが合うまで時間がかかり、立ちくらみみたいに気持ち悪かったのに、最初に一言いっただけで、ピタッとピントが合うようになった……。こんなに効果が早いの!!??」
と、ビックリして、何度も視線を移して気のせいで無いことを確認していました。

最初の一文をたった一度いっただけで、メニエル病が治ってしまいました。

耳下部を触ってみると、骨と肉の違いがわからないくらいカチカチに固く、軽く触っただけで、とても痛がっていましたが、そこが霊的に汚れていると、またどこかの誰かが憑きやすいって、くっついてくるよ。と、話すと、一生懸命マッサージしていました。

それから2人で『神様』に、感謝とお礼を言うことが出来ました。

あまりの効果の速さにとても驚きました。
私でも、こんなに簡単に『光の主神様』にお遣い戴けるんだ、こんな奇跡を戴けるんだと、とても感動しました。

身近な生活に神理を取り入れることが出来まして、真に、真に、ありがとうございます。
また、私をお遣いいただきまして、真に、真に、ありがとうございます。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に 真に ありがとうございます。
 

道場は奇跡が起きる場所!

 投稿者:原能メール  投稿日:2012年 7月18日(水)20時40分2秒 pw126209066230.4.kyb.panda-world.ne.jp
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』 真に、真にありがとうございます。

金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

今回は、道場に参拝させていただくことで、いただいた奇跡について、報告させていただきます。

7月の中級者勉強会の前日の朝から、何か腰に違和感を感じていたのですが、当日の朝、それがぎっくり腰である事に気付きました。
体を起こそうとしても、激痛が走り、体が言うことをききません。
幸い前日の深夜の便で羽田に到着していて空港内で仮眠を取っていたので、時間は充分にあったのですが、身仕度を整えるのに、1時間以上かかるような状態でした。何とか体を引きずりながら群馬総社まで着いたのですが、列車の座席から立ち上がろうとすると、ズキッと痛みが走ります。
ところが、道場に着いてしばらくしてふと気付くと痛みが消えているのです!
試しに1階にあった健康椅子を2階に上げるお手伝いをしてみたのですが、全く大丈夫ではありませんか!
前にも一度、ぎっくり腰になったことがあるのですが、その時は会社まで休んで丸1日以上思うように動けなかったことを考えると、奇跡としかいいようがありません。とても貴重な体験をさせていただきました。

今日はもう一つ、道場に参拝していただいた精神的な奇跡についても報告させていただきます。

昨年の12月、初級者勉強会を受講するために、初めて道場を訪れた際のことです。
道場に到着すると、今まで味わったことの無い、とても明るい気持ちが訪れました。
まさに訪れたと言うのが、相応しく、人生で今までくよくよと色々悩んでいたことが、とてもちっぽけに思えて、今の自分なら何でも明るく乗り切れるという気分が体中を駆け巡っているという感覚でした。
その時にいただいた明るい気持ちのお陰で、それ以降、以前よりずいぶん明るくなったと自分でも思えます。

道場は奇跡が起きる場所!
あなたも一度お出でになってみませんか?

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございました。
 

広島の救霊活動を通していただいた閃き

 投稿者:原能メール  投稿日:2012年 7月10日(火)23時19分12秒 pw126210157252.5.kyb.panda-world.ne.jp
返信・引用 編集済
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』 真に、真にありがとうございます。

 金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

今回は、広島での救霊活動を通していただいた閃きについて報告させていただきます。

6月の中級で広島で救霊活動があると聞いてから、漠然と参加できたらと思っていたのですが、7月が近づくにつれ、何故かどうしても参加しなければいけない気がしてきました。
これは普通の生活で、普通の人でもあるのだと思うのですが、日常の些細な事、例えば、目覚ましをセットしなくちゃとか、携帯を充電しなければとか、色々と閃きをいただくことが、あると思います。
ただ、その感覚が、4月の初級で、それまで毎月1回だったのが、急に3回お諭しの番が回ってきて、お諭しに少し自信がついて、高山の救霊活動で、お諭しの底にある神様の願い、罪の本質について気付かせていただき、更に中級に昇格させていただいて、最近は、閃きの質と量が変化してきているように感じます。
あぁ、これはこういう事なんだ!と気付かせていただいた瞬間、普段はその階に止まらないエレベーターの音が、ピンポンと、あたかも「その通り」というように鳴ったり、実はこの原稿を書いている時にも、普段は特急列車の中にハエなんかいないのに、書き始めると、手にとまって、あぁ、こういう文章だとダメなんだと思い直して、書き直していると、またやって来るので、また思い直して書き直したりとか、閃きプラス様々な現象が起こって来るようになってきています。
今回の広島行きに関しては、いつもの個々の閃きとは異なり、何故かどうしても行かなければという、やや重苦しい気分が続くので、思いきって会社を休むことにして、広森さんに参加の申し出をさせていただきました。
途端に、初級に申し込んだ時に感じたような神様とつながった感覚が訪れました。
それは神様から任務をいただいた栄誉ある緊張感とでもいいましょうか。参加の意思を表した時点で、もう救霊活動は始まっているんだと実感させていただきました。
さて、私は片道2時間かけて、会社に通勤しているのですが、その時間に色々と学ばせていただいております。
今回は中級の宿題もまだ全然なのですが、取り組もうとすると、今までのお諭しの復習をしなさいという閃きが来るのです。御神霊のお諭しを復習したり、人霊のあやふやな部分をやり直したりしておりましたところ、広島の救霊活動の3日前からは「分魂のお諭し」という閃きが来るのです。
分魂のお諭しは、全く頭に入っていなかったので、3日かけてなんとかそらで言えるようになりました。
そして、当日、広森さんと交互に諭し役をさせていただいたのですが、私が最初に当たったのは、原爆の投下に加担した方々で、その最初の方が何と分魂の方だったのです。勉強の甲斐があって何とか無事にお諭しを終える事ができました。
神様は総てを見通されて、必要な時に必要な閃きをお与え下さるのだと、強く実感させていただいた次第です。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございました。
 

救霊活動(広島)

 投稿者:広森メール  投稿日:2012年 7月10日(火)02時35分27秒 EM114-51-251-2.emobile.ad.jp
返信・引用
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に 真にありがとうございます。
金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

7月5日に広島での救霊活動に参加させて戴きましたのでご報告させていただきます。
マサノリさんの報告にもありますように、今回の救霊では他県からも多くの会員の方が参加され、原爆被災者で救われていない方々、その原爆を広島に投下するように仕組んだ方々、又はそれ以前に広島の地で起こった数々戦乱で亡者になった方々などをお救いしました。

救霊では原爆を投下させた加害者側を最初にお救いしました。それにより被害者側が既に随分と楽な状態にあり、最初から話ができてお諭しがスムーズに進みました。私自身、6月に待ちきれずに出てこられた方々が、喉が焼けた状態であまりにも苦しそうでしたので、その印象が強くお諭しの始めは、「まずは楽にさせていただきましょう」のフレーズかと思っていたので正直驚きました。

以前、長崎で行われた原爆被災者の救霊活動のDVDを事前に拝見していましたが、それと比べても随分と印象が違う感じでしたが、次々とお諭しが進み、原爆以外での亡者の方々のお諭しでは、「広島は随分と血塗られた土地だからな」という意味合いのお話しを御神霊の方がされてました。
なぜ、世界で2発だけ投下された原子爆弾の1つが広島だったのか?その辺りに答えがあったのかも知れません。

その他、ありがたいことに私の関係する場所の地縛霊のお諭しをさせていただきました。自宅付近や勤務先が終わった後、私の妻の実家のある土地の地縛霊をお諭しさせていただきましたが、その時出てこられた方々は四十八の神様より上の位の御神霊のご夫婦でした。
途中から金生先生に代わっていただきお諭しが進んで行きましたが、先生曰く、かつて任務を果たすべくその土地におりられたのですが、とある理由により今までずっとその土地に閉込められておられたのだそうです。
金生先生に対して、「あなたのような方にお会いしたかった」と、とても喜ばれた様子でお話しされた後、直ぐに「任務がありますので」と去って行かれました。

それぞれの会員の方が帰路につかれた後、先生とヤマちゃんさんとマサノリさん、私の四人で原爆ドームに行きました。「すーと晴れやかな感じだね!何も残っていない、本当にスっとして気持ちがいいね」という様なコメントを、皆さんが口にしておられました。
私の印象としては、一見いつもと変わらないように見えて、しかしながら明らかにざわついた感じがなく、寂しいくらい穏やかな空気が流れている、そんな感覚でした。

この土地で育った人達は(長崎もそうだと思いますが)、少なからず他県在住の方よりも原爆、被爆者という類の言葉には敏感で思いが強く、独特の感情がある気がします。それ故に、いつかは被爆で亡くなった方々をお救いしなくてはと思っておりましたが、この会にご縁を戴いて未だ1年にも満たないながら、こんなに早くこの様な救霊の機会をお与えくださった『大元の光の主神様』に心より感謝致します。また、他県より応援に来て頂いた会員の皆さんにも御礼申し上げます。

私自身も今回の経験で大きなきっかけをいただいた感覚です。自身に引っかかっていた何かが、いつの間にかすーと消えてとても動き易くなりました。これからが「真理」=「神理」とともに歩む本当の道のりなのでしょうね。今後も一歩一歩精進していきたいと思います。

大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に 真にありがとうございます。
 

広島の救霊活動に参加させて戴きました。

 投稿者:マサノリメール  投稿日:2012年 7月10日(火)00時33分33秒 110-134-234-85.rev.home.ne.jp
返信・引用
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に真にありがとうございます。
金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

7/5(木)の、広島での原爆被害者等の救霊活動に参加させて戴きました。それをご報告させて頂きます。
始めに、金生先生よりお誘い頂きました時には、神奈川在住の私にとって広島は遠方であり、参加を迷いました。しかし、先生にご相談をさせて頂いたところ、「今回の広島を含め、まだまだ救われていない御霊は沢山おり、今後の救霊活動に向けての勉強にもなることだから、“参加したい!”と思うなら、少々の無理をしても参加した方がいいよ。」とのアドバイスを頂き、更には、宿泊ホテルや、帰路を先生のお車に同乗させて頂くなどの援助を頂き、無事に参加をお許し戴きました。
本当にありがとうございました。

私は7/3(火)の夜行バスで広島に入り、既に広島に到着されていた先生と合流をさせて頂き、活動前日の前準備から同行させて頂きました。それは、広島城の敷地内にある広島護国神社と、宮島の厳島神社へ赴き、神社の御祭神に、翌日の救霊活動の協力をお願いすることでした。更に先生は、新たに“幸せ一杯な家庭を築く方法”をお伝えして、御祭神に更に良い状態になって頂きました。

広島護国神社では、神社に向かう道で既にポツリ、ポツリと雨が降り出しておりましたが、先生が『神様』にお願いをされると、結局は目的を終えて駐車場へ到着するまで天候がもつという御守護を目の当たりにさせて戴きました。駐車場は地下だったのですが、それまでのポツリ、ポツリの雨が、車で外に出た時に本降りになっておりました。何というタイミングでしょう!
宮島の厳島神社では、相変わらず、いまいち私には感じ取れなかったのですが、先生にご指導頂き、信者に対する戒告などで小さくなってしまった御祭神を、再びお救いする現場を感じさせて戴きました。特に分かり易かったものが対になっている駒犬の像で、先生が片側をお救いすると左右の像の存在感が変わりました。ぐっと迫ってくる雰囲気があるのです。そして、もう一方をお救いすると、もちろん左右が同じ雰囲気になりました。
貴重な体験をさせて戴きまして、本当にありがとうございました。

7/5(木)の救霊活動は鯉城会館で行われました。
諭し役は広森さんと原能さんが務められ、鏡役は山下さんと森分さんが果たされました。
お諭しは、まずは原爆被害者ではなく、それを被らせた方々から始められ、その後に被害者へのお諭しとなりました。被害者側では、「救ってもらう必要はない!」なんて言い出す御神霊が遣わされ驚きましたが、先生の御指導のもと、広森さんのお諭しにより無事に救われて行きました。
救霊活動終了後には、皆さんと共に原爆ドームを見学させて頂きましたが、朝から降り続いていた雨も上がり、原爆ドームはもちろん、街の雰囲気は清々しく晴れわたっているようでした。

今回の活動では長い時間、金生先生と行動を共にさせて頂き、『真理=神理』の教えはもちろん、私の日常生活での思い違いや、悪しき習慣など、多くの御指導を頂きました。
そんな中でも、先生の“手かざし”で青い光の放射が見えたり、尋常では考えられない体験を多くさせて戴きました。今は、一番に、私の素直さを鍛えて頂いたのだと感じています。

大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に真にありがとうございます。
金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

色々と我が多く、歩みの遅い私ですが、精進して行きたいと思います。
これからも、どうぞ、よろしくお願い致します。
 

第16回桑名特別勉強会のお知らせ

 投稿者:きょうじゅメール  投稿日:2012年 7月 3日(火)22時42分41秒 c024-084.intsurf.ne.jp
返信・引用
 

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
金生先生、会員のみなさん、掲示板をご覧のみなさん、いつも本当にありがとうございます。

   7月1日 大阪府摂津特別勉強会が開催されました。
 午前中と午後前半の授業は、教科書から“『真理=神理』とは!”の解説と“幸せ一杯な家庭を築く方法”より“いつもあり
がとう”の大切さを学びました。
 午後後半は、桑名特別勉強会に続きまたまた嬉しいことに、こひろさんが新たに鏡役として開花されました。
 そして、こひろ
さんを鏡役としてお諭しの実習を行いました。
 毎回のことですが、この特別勉強会では新たなお示しを戴く事が多い、素晴らしい勉強会であります。
 次は、桑名特別勉強会です。『神様』の御心を学ばせて戴きましょう。
お気軽に参加してみて下さい。

   第16回 桑名特別勉強会

☆ 日時:2012年8月5日 (第1週の日曜日)10:00 ~ 17:00 (12:00~13:00 昼休み)

☆ 場所:スター21 2F 研修室
   (〒511-0912 桑名市星見ヶ丘8丁目601番地  TEL:0594-31-7625)
          駐車場:35台+第2駐車場有り
   おにぎり弁当昼食は、各自でご準備下さい。( 会場近くにコンビニが有ります:車3分 )

☆ 勉強会は会員だけでなく、一般の方の参加もお待ちしております。

☆ 費用:講義の受講御礼は、喜捨としてご奉納ください。
  会場費等は別途ご協賛としてお願い致します。
  喜捨については、解説書【喜捨の心得】をご覧ください。
  解説書をお持ちで無い方は、“ 喜捨の心得 ”でPDFファイルがご覧いただけます。
  必要に応じて個別相談をお願いできます。

☆ 参加申し込み、ご質問及びお問い合わせは、この投稿者“きょうじゅ”のメールをクリックすると
  メールを送る事が出来ます。お気軽にどうぞ。

☆ 交通アクセス
  電車: 近鉄線・JR線 桑名駅より 車15分

  車  :  東名阪自動車道   桑名インターを降りて国道421号線西へ インターより約5分
       伊勢湾岸自動車道  湾岸桑名インターを降りて県道69号→258号を北へ
               そして西別所立体交差点で左側方向の国道421号西へ
               インターより約20分

 地図をクリックしますと、拡大表示されます。

 

仕事上の喜捨を通していただいた御守護

 投稿者:原能メール  投稿日:2012年 6月30日(土)09時36分33秒 softbank126005099009.bbtec.net
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』 真に、真にありがとうございます。

 金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

今回は、仕事に関連する喜捨を通していただいた御守護について、報告させていただきます。

私は携帯電話のソフトウェア開発の仕事をさせていただいているのですが、一番上の携帯電話を販売するメーカーから階層的に仕事が発注されているので、自分が所属する会社に至るまでの4つの会社に対して、
?○○株式会社の社長 役員 及び 従業員の家の先祖家族一同
という内容で、折にふれて喜捨をさせていただいておりました。
?お陰様で昨今の厳しい状況の中にあって、少しづつ人員を削減されていく中でも、削減対象にならずに来させていただいておりました。
?ところが今回は全人員の3割削減という大きな削減が行なわれたのたですが、御守護のもと、残らせていただくことが、出来ました。
携帯の開発も世相を反映して、以前は昔ながらの携帯電話の開発をしていたのですが、ここ2年くらいはずっとスマートフォンの開発をしておりました。
ところが以前の携帯の部署で新機種を開発することになり、6月からはそちらの仕事に変わっておりました。すると6月半ばに、スマートフォンの担当していた機能が突然、オフショアで中国の会社で作ることになり、グループ自体が解散することになり、所属していた人員は、配置転換、または削減の対象となってしまったのです。
スマートフォンの新機種は次から次に発売されていくため、機能追加や改善は目白押しで、こんなことになろうとは、夢想だにしていませんでした。
この事は、一つ上の会社の人にとっても、寝耳に水の話だったようで、その時は、みんな茫然としていました。
今に至って、神様から大きな御守護をいただいていたことに、しみじみと気付かせていただいた次第です。
 『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございました。
 

神様はいつも共におわします

 投稿者:原能メール  投稿日:2012年 6月22日(金)01時26分25秒 softbank126005099009.bbtec.net
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に 真にありがとうございます。
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

今日、体験させていただいた出来事について、報告させていただきます。
初級者勉強会を卒業し、人霊フルバージョンのお諭しを覚えなければと思って、会社に行く途上の電車の中で、小さな声で、読ませていただいていた時の出来事です。
折角なので、神様に今から読ませていただきますと、ご挨拶をして、私のまわりにいる御霊様方もよろしければお聞き下さいと申し上げてから、始めさせていただきました。
読み始めてから、博多駅に到着するまでに半分くらいしか終わらないということに気付来ましたが、降りてから歩きながらでも最後まで読ませていただこうと思って、読み進めておりました。
すると博多駅間近になって列車が停まりました。
間も無く、博多駅で電源トラブルがあり満線状態で、入れないためしばらくお待ち下さいとアナウンスがあるではありませんか!
そして、そのまま読み進めて、最後まで読み終わると同時に、電車が動き出したのです。
あぁ、神様はそばにいらっしゃって、私達の一挙手一投足をいつもご覧になっておられるのだなぁと強く実感させていただきました。

と、ここまでにしようかとも、思ったのですが、恥を忍んでもう一つ、報告させていただきます。
中級者勉強会を終えて、翌日、昼過ぎに家に辿り着いたのですが、今日はもう何もしないぞと、ビールを飲んで、寛いで居りました。
これはお酒を嗜む方にありがちだと思うのですが、酔うほどに気が大きくなって、さぁ、今日は更につまみを買って来てとことん飲むぞ!
と思ったその瞬間、ドーン!と大音響がして、地面がグラッと揺れたのです。一瞬、何が起こったのか判りませんでしたが、家の間近に落雷した音でした。
良きにつけ、悪しきにつけ、神様は見守ってくださっているんですね。
何とか道を外れず、御心にかなった行動がとれる自分になりたいという想いを新たにさせていただいた次第です。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
 

今日の出来事

 投稿者:広森メール  投稿日:2012年 6月15日(金)00時30分57秒 EM114-51-251-4.emobile.ad.jp
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
 金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

本日6月14日の午前10時より京都のヤマちゃんさん宅にて、世界中の御神霊の方々へ、二度と罪を犯して罰を与えられる事のないよう徹底するように引き締めを行うので参加しませんか?とのメールを金生先生からいただき、急遽参加することになりました。
御神霊のお話しの中にはとても重要で意味深い内容がありましたが、実際の中身については後日DVD等もあるかと思いますので割合させて頂きます。

ただ、そもそも私が今回のお諭しを知る事になったのは一昨日の夜で、金生先生と私の喜捨の事でメールをしていた折、最後に先生から14日に上記の事をするけど良かったら参加しますか?と何気なく文章が添えられていたのがきっかけでした。

通常なら予定が入って無理なのですが、先月から14日には大阪で会議があることが決まっており、更に2日前に午前中のアポも15日に延期になっていたため日程的にはなんとか参加できそうでした。と言うより参加するべく御仕組みがあったと感じましたので参加させていただきました。

先月の高山に負けず劣らず晴天に恵まれ、先生とあねさん、ヤマちゃんさんと私の4人でしたが全てが順調に進んで、終了後雑談をしていました。私が先生に、最近、家の中で気配をよく感じること、眠っていても起こされるし、DVDや御守りを使いお諭しをしてもあまり変化が見られないのですがどうでしょうか?と質問をしている時、先生が原爆で被災した御霊の方々が集ってきてるのではと指摘がありました。
 その時、ヤマちゃんさんがここにこられてるからお諭ししますか、とお話がありそのままお諭しとなりましたが、出てこられたのはやはり原爆で猛烈な熱風を吸い込んでなくなった方々で、喉が焼けており、光の主神様に数回痛みを和らげていただくようにお願いしても簡単にはお許しが出ませんでした。更に数回続けると何とかお話が出来るようになり、「ここに来ている全員に水を下さい」との事でしたのでその旨を光の主神様にお願いし、再度日程を決めて改めて救霊させて頂くのでそれまで待っていただくようにお願いしました。

正式な日程を伝えお帰り頂いた後、次の方がお出ましになられました。その方は、私の母方の祖母のご先祖様で、お食事供養を遠慮されて我慢なされていたとのことで、再度全てのご先祖様のためのご供養ですとお伝えして、お食事をいただいた後天国へ導きました。(もちろん先生のサポートのおかげです)

その後、もう1名お出ましになられましたが、その方は私の御本体様でした。金生先生に深々と頭を下げ「私の指導不足でご迷惑をお掛け致しております。今後ともご指導のほど宜しくお願い致します」とお話されました。その言葉をきいて、やはり私もまだまだなんだなと痛感し、今後も精進しなくてはと思いました。
御本体様が御出になられたのは初めてでしたが、日頃の私の行いからご迷惑をおかけしてるんだろうなと容易に想像は出来ました。御本体ですので他人の感じはしませんが、それだけにご期待に添いたいなと自然に感じました。

来月には被爆者及び過去の戦乱での亡者などをお救いさせていただく予定ですが、そのための準備段階として今回の参加がお仕組みいただいていたのだと帰りの新幹線でも感じました。

「神様のなさることには一切の無駄がない」、この言葉の意味が本当に痛感させられた一日でした。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
 

高山勉強会のご報告

 投稿者:ダニエル  投稿日:2012年 6月11日(月)09時42分27秒 112.190.3.110.ap.yournet.ne.jp
返信・引用 編集済
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』、真に、真にありがとうございます!!
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます!


初日、水無神社と日輪神社において、順調に救神活動が進行しました。
特に日輪神社においては、一番最後に救われた御神霊(人霊を使って色々となさっていた)方が特徴的で、印象に残りました。

また、近いうちに、日輪神社が今までの刑務所としての役目を終えるだろうという事が言われました。

二日目には、位山への登山が予定通りに行われました。

私も去年は登れなかったので、今年こそは!と願っていましたが、無事に登れました!
快晴の青空に程よく雲が残り、暑くもないので、山登りに素晴らしい条件が整いました。『神様』がすべて整えて下さったのですね!

天岩戸と鏡岩での御諭しでは、それぞれの御諭しが同時進行で行われました。

会員の方々それぞれの、言い回しや振る舞い、出てくる御神霊などによって、同じ内容の御諭しでも、印象がガラリと変わって見えました。

中には、言葉にできない想いが込み上げてきて、感極まって涙を流す会員と、自分たちの為に泣いてくれる事に感動してもらい泣きする御神霊もいました。

私は一人の人間として、御諭しを見させていただきましたが、諭し役と御神霊の感情、溢れる想いに触れ、見えない世界ではあるけれど、素晴らしい感動の場面が展開されていた事が容易に想像できました。

実際に目にできたら、どれほど素晴らしい瞬間だったのでしょうか!

その後、最重要ポイントである御魂岩での御諭しがやってきました。
空気がピリピリと張りつめ、会員の方々も緊張したり、鏡役が浮き気味になってイライラしたりなど、重々しい雰囲気でした。

出てこられた御神霊の皆様は、私の想像を遥かに超えるほど上位の神々でした。

この方々が刑務所に入れられてしまった理由は、下の神々への指導不足の責任を問われた事でした。
実務担当の御神霊達にも、作業内容を教えるだけでなく、そこに込められた『光の主神様』の御心をしっかりと伝える事が、本来の求められた仕事内容であったそうです。

その部分が欠けていたからこそ、伝言ゲームのような状態になり、末端の神々に本来の重要事項が届かず、未熟な神々が大勢できてしまい、『光の主神様』の想いとは真逆の結果を生み出してしまったという事でした。

しかし、これからは、それらの事や日々の過ごし方、心の持ち方なども含めた、精神的な部分での指導をしっかり強化していく事を、神々の皆様は仰っていました。
今後、高山での御諭しをきっかけに、世界が大きく変容していくという事だそうです。

ところで、御自分が刑務所に入れられた理由は分からないけれど、分かるのであればスグにでも『神様』に御詫びを申し上げたであろう誠実さ、あれだけの大きな力を持つのに、下々の人間に対する態度の謙虚さ、御自分より下位の神々や人間の事を心から大切に想い、御自分の指導不足と不幸な神々や人間が増えてしまった結果を嘆き憂う偉大さ、持ち上げ過ぎる訳ではないですが、本当に素晴らしい!、やっぱり上の方の神々の皆様は違うなぁ!と感嘆しました。

終盤、御神霊の方と金生先生が握手をされた時に私は感動を覚えてジーンとなりましたが、他の会員の方々の投稿を読ませていただいて、皆さんも同じような体験をされていると知り、ますます驚きました!

そして下山時、天岩戸・鏡岩・御魂岩、そのどれもがスッキリしていて、御諭し前の、つたない表現で申し訳ございませんが、“何かいる”という感覚がなくなり、“ただの岩”になっていた事がハッキリと感じられました。

今回の事によって、今まで明かされなかった神界・霊界の秘密などが明かされ始める、そういう時期がやってきたと感じました。

私たちが勉強会で学んできた事は、神界・霊界の事象のほんの一部だったのですね!
これからの動向が、非常に楽しみです!

もう二度とやってこないような一大イベントに参加をさせていただきまして、私は本当にラッキーだった、光栄な事だったんだ!と、時間が経つにつれてより強く思えてきました。

今後は、これ程の重大な局面に遭遇する事もなかなか無いとは思いますが、『神様』の御計画は、これからますますスピードアップをして、地球とそれを取り巻く次元が大きく変化していくのだと思います。

皆さん、『神様』の御計画は今年いっぱいが最重要な局面を迎えるとの事です。
最初で最後のこの機会を逃す理由はないと思います。

掲示板をご覧になっている方、そうでない方も、誰でも大歓迎です!
『宇宙創造神』が望まれている、世界中を「幸せ一杯な家庭」で満たす御計画に参加したい方は、ぜひ勉強会にお越しください!

『神様』も御待ちですよ!
 

高山勉強会にまつわる出来事

 投稿者:あねさん  投稿日:2012年 6月 8日(金)19時43分26秒 FL1-118-108-125-155.gnm.mesh.ad.jp
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
 金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

高山勉強会の前後で色々と起きた出来事を、簡単ですがご報告させて戴きます。


 天の岩戸での諭し役の御役を戴き、お諭しの文章を作る宿題の為、過去の高山勉強会のDVDを、去年のものから遡って順に観ておりました。
 23年度のDVD、22年度のDVD、21年度のDVD…そして、ふと、ある事に気付きました。

 それは、
「とても丁寧な口調で説得力があり、スムーズにお諭しが進んで、御神霊の方が大きく頷いて、納得しているという方」
「御神霊の方がごねられても、上手くかわして、諭し役の方が自分のペースに持ち込んで、とんとん拍子でお諭しが進んだ方」
 その方たちだけが、今もこの会にいる、という事です。

 お諭しの文言が全く出て来なくて、補佐として付いていた上級の方がほとんど喋っているような方や、作文をただ読み上げているだけのような方、非常に高圧的な言葉で、御神霊に居丈高にお諭しをし、御神霊が大変怒ってしまい、お諭しが続けられなかった方、お諭しの言葉を間違い続け、しまいには笑いだしてしまい、御神霊に「何をふざけているんだ!」と怒られた方…
 そういった方々は、全員、今この会にいないのです。

 そして、去年、一昨年と位山に登れなかったのは、“許されない方達”が多かったから、御神霊が“来るな!!”と雨を降らせたのだ、と思いました。

 不思議な事に、今年は絶対に登れる、という確信があり、他の会員さんも、同じ意見でした。


 今回の高山勉強会は、当初30人ぐらい、という予定で、先生が宿を取る段取りをしました。

 その話が出た頃は、30人も揃うかな?という感じだったのですが、参加・不参加の確認をして行くと、あっという間に30人を超え、さらにタケルさん、ニコさんから「参加出来ます」という連絡があった同日、1人の方が突然小脳梗塞で入院になり、参加出来ません、という連絡…
 その後も状況が変わり、あれこれ手続きをしていたところ、先生がぽつりと
「30人て宿を予約したら、本当に30人になったなぁ」
 その時点で、ぴったり30人だったのです。

 そして直前になり、残念ながら参加出来なくなってしまった方がおりましたので、30人には1人欠ける29人となりましたが、全員無事参加のお許しを戴きました。

 今回参加出来なかった方は、感情がどうの、体調がどうの、といった事ではなく、「物理的に全くそこから動けない」という状態になった事や、タケルさん、ニコさんのように、参加出来るかどうか分からない、と言っていた方が、諭し役と鏡役で予定に入れられていたり(当初作成したスケジュールではお2人の名前はなく、別の方が行う予定でしたが、先生が神界にお伺いした所、お許しが出なかった、という事で、組み直しをしていたのです)、今回は、神界の方から“この人”と選ばれ、とても大きい使命を戴いた人たちなんだ、という事を強く感じました。

 そして、今回高山勉強会に参加出来なかった方達は、“お許し戴けなかった”、という事ではなく、“今、その時その場で果たすべき御役”を賜っているのであり、高山勉強会の後、つまり6月以降、別の大きな使命を戴くという事なんだろうな、という事も感じました。


 出発の前々日前くらいから非常に肩が重くなり、カツヒロさんとその話をしていました。
 カツヒロさんが、「今回は皆さんに同じような症状が出てるんじゃないかな。こういう時は、お守りを使ってもダメなんだよね。高山にいる方たちは、そういうのが許されない方たちだから。“まだかまだか、早く早く”て来てるから、“26日、27日に高山の方へ行きますので、もう少しお待ち下さい”て言うしかないんだよ」
と言った所、途端に2人とも身体が軽くなったのです。
 それから当日まで、肩が重くなったり、頭が重くなったりする度、“26日、27日に高山の方へ行きますので、もう少しお待ち下さい”と言っていました。
 不思議と、高山に行く事をお邪魔されている、という感覚は全くなく、“早く来て”と請われている、という思いだけを感じました。

 26日は素晴らしく良い天気に恵まれ、高山に向けて出発しました。
 道中皆さん色々な事がありましたが、全員無事会場まで時間どおりに着く事が出来ました。

 先生の座学では、この高山勉強会の意義、これから起こるであろう事柄などをお話戴きました。
 そして、この後の神社でのお諭しの予行演習ということで、挨拶役、司会役、諭し役の方がそれぞれマイクを持ち、セリフを読み上げ始めたところ、次から次へと先生から修正が入ります。
 予め宿題として提出していた文章を、そのまま読むのでは済まない、きっとこれから、そういう事態が起こるのであろう、という事が感じられました。

 水無神社に移動し、挨拶役の方が奏上を始めた途端、“ざわざわざわ”と、一陣の風とともに、沢山の方が集まった、という感じがありました。
 本当に、沢山の御神霊の方が待っておられたんですね。
 待ちきれなくて、司会の方が話している最中に、もう鏡役の方に出てこられたりしておりましたが、無事に終える事が出来ました。

 そして日輪神社です。
 ここでは、明日の位山の予行練習という事で、車で神社まで行かず、鳥居の所から石段を登りました。とても急な階段で、「たったこれだけの階段でひーはー言ってたら、明日はもっと大変だね」、などと皆さんで汗を拭き拭き話しをしていました。

 お諭しが始まりましたが、なかなか進まず、ヤマちゃん、ニコさんが、「明日の位山の方々が来てる」「諭し役にちょっかい出してます」「これは、明日大変な事が起きますよ」などと言っていたところ、予想外の方が出てこられた、という事で、急遽諭し役をつるちゃんが行う事になりました。


 天の岩戸でのお諭しについては、それぞれの会員さんが書き込みをして下さったので、割愛させて頂きます。


 御魂岩でのお諭しは、とにかく凄い方がお出ましになられました。神々を司る系統の御神霊や、太陽系を統括されている御神霊が刑務所に入れられているなんて、一体誰が予想できたでしょうか。
 最後の方で、「御神霊だけではなく、人間も努力してもらわなければ」という言葉が聞こえました。
 それについて、帰りの車の中でおはなはんが
「先生が、一生懸命やるんだ、て勉強会で何回も言うようになった意味が、すごく“実感”出来た。前々から一生懸命やるんだよ、て仰ってたけど、ここ最近何回も何回も仰ってたのは、こういう事だったのか、て。御神霊と人間が共同で天国文明を作るんだから、御神霊だけじゃなくて、人間も一緒に霊格を高めていかないと、動けないもんね」
 言葉として理解していたつもりでもそれが本当に心に染み入った、という事を、皆が実感したのです。


 今回は合同勉強会ということもあり、沢山の方と過ごしましたが、とても充実した、楽しい2日間でした。そしてこの高山勉強会を境に、何か流れが大きく変わった事(勿論良い方向に)を、ひしひしと感じています。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
 

気付かせて戴いた事

 投稿者:ダニエル  投稿日:2012年 6月 7日(木)00時14分54秒 112.190.3.110.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』、真に、真にありがとうございます!!
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます!

これは私が気づかせて戴いた事です。
『真理=神理』の解説書の8ページに、“質問という大切なキーワード”という項目があり、勉強会中(とは限定していないですが)に質問をする事の大切さが説かれています。

私は気になっていました。
勉強会の中で、会員達が質問をすることが決して多くない事を。

そして同時に、仕方がないとも思っていました。
質問をする習慣が、特に日本の学校教育では育ちにくい事を。
決して私は日本の学校教育を批判・否定している訳ではありません。
私も同じですから。

でも、ここは学校とは違います。
ここは『真理=神理』の研究会です。
出る杭は打たれないのです。
出る杭を受け止めて、長く立派に伸びるように補助をしてあげる。
そういう場所だと思うのです。

私には今、ある目標があります。
それは、自分にしかできない質問をしよう、自分にしかできない質問を総てするまで、放棄してはいけないのだという事です。

自分にしか思いつかない事、自分だからこそ抱く疑問・・・。
突拍子もないように思えるかもしれないし、バカらしく感じるかもしれない・・・。

けれど、その疑問・質問を口に出さなければ、次に同じ疑問を抱く人が現れるまで何年かかるか分からない、もしかしたら二度と現れないかもしれません。

もしその質問が、誰かに不快感を与えたり、摩擦を起こすようなものであったり、個人的だったり、とてもじゃないけれど、勉強会中に皆の前で質問出来る様なものでなくても、口に出したり、紙に書いたり、ワープロに打ち出すなど、何かの形にはするべきだと思うのです。

そしてそれを、先生にきちんと報告すべきだと思うのです。

先生ならば、例えば、会員の守護神様と対話をする事が出来るので、自分ではどうして良いのか分からない事でも、答えを示して下さる事ができます。
言われた事がその時に分からなくても、納得できなくても、後になって理解ができる事があるのです。
私はそれを経験させていただきました。

これは、『真理=神理』の十訓の十番目です。
“摩擦を怖れるな。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は、『真理』から取り残される。”

『真理』から取り残されるとは、『神様』や守護神様、御先祖様方などが、あなたを幸せにしたくてもできない、貴方の幸せを願っている、望みを叶えてあげたいのに、それができなくて悲しい、もどかしい状態なのだと思いました。

この会や教えに対する事、自分の考えや本当の気持ち、今後自分がどうしていきたいのか等は、どんな事でも、とことん素直になって、とことんさらけ出す・・・。

それが、『神様』も御望みなのではないでしょうか。
 

第5回摂津特別勉強会のお知らせ

 投稿者:きょうじゅメール  投稿日:2012年 6月 6日(水)10時10分57秒 c024-084.intsurf.ne.jp
返信・引用
 

 『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
 金生先生、会員のみなさん、掲示板をご覧のみなさん、いつも本当にありがとうございます。

 次は、摂津特別勉強会です。毎回のことですが、この特別勉強会では新たなお示しを戴く事が多い素晴らしい勉強会でありますから、お気軽に参加してみて下さい。
 そして『神様』の御心を学ばせて戴きましょう。

  第5回大阪府摂津特別勉強会

☆ 日時:2012年7月1日 (第1週の日曜日)10:00 ~ 17:00 (12:00~13:00 昼休み)

☆ 場所:摂津市民文化ホール (いきいきプラザ内)2F 会議室
    会議室棟は独立しており、摂津市民文化ホール西隣のいきいきプラザとなります。
  〒566-0034  大阪府摂津市香露園32番19号
  TEL:072-635-1404  FAX:072-635-1425
   おにぎり弁当昼食は、各自でご準備下さい。(会場北側にコンビニが有ります )

☆ 勉強会は会員だけでなく、一般の方の参加もお待ちしております。

☆ 費用:講義の受講御礼は、喜捨としてご奉納ください。
   会場費等は別途ご協賛としてお願い致します。
   喜捨については、解説書【喜捨の心得】をご覧ください。
   解説書をお持ちで無い方は、“ 喜捨の心得 ”でPDFファイルがご覧いただけます。
   必要に応じて個別相談をお願いできます。

☆ 参加申し込み、ご質問及びお問い合わせは、この投稿者名の“きょうじゅ”のメールをクリック
      するとメールを送る事が出来ます。お気軽にどうぞ。

☆ 交通アクセス
  電車
   ・阪急摂津市駅より       徒歩約5分
   ・JR千里丘駅より       徒歩約10分
   ・大阪モノレール摂津駅より 徒歩約10分

  車
     ・名神高速 茨木ICより 車で約15分 (府道14号線 南へ)
    ・名神高速 吹田ICより 車で約15分 (中央環状 / 府道2号線→14号線南へ)
            府道14号線を南下 千里丘(交差点)を左折(東へ)すぐ

注)ホールには駐車場がありませんので、市立小川自動車駐車場(有料)か、
  近隣のコインパーキングをご利用ください。
  ・小川駐車場 駐車可能:58台  駐車料金 1台 300円
      障害者手帳をお持ちの方の自動車、又は障害者手帳をお持ちの方が
            同乗されている自動車は無料です。

 地図をクリックしますと、拡大表示されます。

 

初級者勉強会を終えて

 投稿者:原能  投稿日:2012年 6月 5日(火)21時26分53秒 221x246x62x162.ap221.ftth.ucom.ne.jp
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に 真にありがとうございます。

金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

昨年12月から6ヶ月に渡り、第13回初級者勉強会に参加させていただき本当にありがとうございまいた。

初級者勉強会を終えて、何とも言えない達成感に浸っています。
思い切って参加してよかったです。
九州から6ヶ月間通うなんて、仕事も忙しいしとても無理だと思っていましたが、この機会を逃すと次は無いような気がして、決断しました。
その時にちょっと驚いたのは、特に誰かが誘ってくださる訳でも無いんですね。
神戸市の勉強会とか、摂津市の勉強会に参加していたのですが、別に何も言われない!
これは、自分から言い出さないとダメなんだなと思い、先生に「参加のお許しをいただけますか?」とメールすると、その日のうちに先生から
 『神様』から既に招待状が発行されていますから、ご心配なくおいで下さい。
と返信があり、とても嬉しかったのが、昨日のことのように思いだされます。

参加が決まってから、不思議な感覚がありました、額の辺りがむずむずするというか、神様からの霊波腺がつながったような感覚。あぁ、参加者のリストに載ることができたんだなぁと実感できました。

勉強会に通い始めてから、まず感じたこと。
それは、見るとするとでは、大違いということです。
ネットやDVDでお諭しは何度も見ていて、頭ではどうやっていけばいいか判ったつもりで、一生懸命、お諭しの文章を暗記するまではできたのですが、そこまでで壁にぶつかってしまいました。
しかし、3月に鏡役無しでのお諭しを教えていただき、自分の全感覚を使って、無心になってお諭しに臨むコツがちょっと判ったかんじで、また、少しずつですが前進しはじめた気がします。
あと、霊界の構造図とか、宇宙についてとか、原子より小さい世界についてとか、教科書で読んでも、ピンときていなかったものが、講義を受けて、DVD起こしをする過程で、繰り返し学ぶことにより、ほんとにそうなんだと実感できるようになりました。
これは勉強会に参加したからこそ、到達し得た境地だと思います。

そして最後に高山での救神活動。
神様の御計画の節目に立ち会うことができ、身に余る光栄でありました。

終わってみて現在感じること。初級を受ける前は、自分自身が暗い闇の中にいたような気がします。
色々な点で、以前に比べて、良い方向に向かってきている実感があります。

初級者勉強会を終えて、最初の一歩ではありますが、確実に一段上にあがらせていただきました。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』、 真に、真にありがとうございます。

どうぞ、これからも沢山の御用にお遣い戴けますよう、御願い申し上げます。
 

初級者勉強会新規コースのご案内

 投稿者:あねさん  投稿日:2012年 6月 5日(火)11時43分39秒 FL1-118-108-125-155.gnm.mesh.ad.jp
返信・引用
  【群馬本部道場 初級者勉強会 新規コースのご案内】

 皆さん、いつも本当にありがとうございます。

 6月より、第14回初級者勉強会新規コースが開催されます。
 6ヶ月間、全6回コースとなります。
 初級者コースを修了すると、中級者コースに合流します。

★★今回の初級者勉強会は、12月の神人合一に間に合う最後のコースです★★

☆日程は、次の通りです。
(毎月第4日曜日とその前日の土曜日、土曜:14時~18時、日曜:9時~17時です。)

 第1回  6月23日(土)~24日(日)
 第2回  7月21日(土)~22日(日)
 第3回  8月25日(土)~26日(日)
 第4回  9月22日(土)~23日(日)
 第5回 10月27日(土)~28日(日)
 第6回 11月24日(土)~25日(日)

☆交通アクセス
 電車:JR線 群馬総社駅 送迎車が出ます
        ※電車をご利用の方は、本部の車で送迎いたします。
         土曜日は群馬総社駅13:05着に間に合うよう、いらっしゃってください。

 車 :関越自動車道 駒寄PAを降りて県道161号線を東へ 10分

☆費用
    講義の受講御礼は、喜捨として(1万円以上)御奉納ください。
        会場費(宿泊費)は、1,000円をお納めください。(当日幹事の方が集金します)
        喜捨については、解説書【喜捨の心得】をご覧ください。
        解説書をお持ちでない方は、当サイトトップ画面にあります“効果のある‘喜捨’の書き方”をご覧ください。
        ※必要に応じて、個別相談をお願い出来ます。

☆この新規コース受講にあたっては、昨年12月から今年5月まで開催された第13回初級者勉強会(6回分)のDVDを、事前にご覧になって学んで下さい。

☆上記DVDの購入、貸し出しについては、金生先生にお問い合せ下さい。

☆群馬本部道場の定例勉強会には、コース受講生以外の方もオブザーバーとして参加が可能です。
 コースの受講希望、オブザーバーとしての参加希望、共に、金生先生までご連絡をお願いします。

☆三重、大阪の勉強会にご参加の方も、群馬の本部道場で更に高度なお諭しの方法を学んで、沢山に『神様』の御用にお使い戴きましょう。

『神様』の御心を深く学んで、世救い、人救いにお使い戴きたい!と思っていらっしゃる方のご参加をお待ちしています♪
 

桑名特別勉強会の御礼

 投稿者:きょうじゅ・マダムメール  投稿日:2012年 6月 4日(月)16時31分11秒 c024-084.intsurf.ne.jp
返信・引用
   『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
 金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

 6月3日桑名特別勉強会が開催されました。
 今回も多数の遠方からのご参加を頂きまして誠にありがとうございました。
 また、勉強会会場を揺るがす程の大勢の御神霊の方々のご参加も頂き、会場いっぱいの皆様で学ばさせて頂きまして、
ありがとうございました。

 午前の学びは座学でした。5月26日27日の高山勉強会の感想と神界からの先生へのお示し等、今までにない教えを頂きました。
 年内は小さい御神霊を大きくさせることが大きな活動目的であり、その後は世界中の人霊の救霊が中心となる予定でありますから、
会員全員が人霊のフルバージョンを完璧にマスターすることを強く先生が望んでいらっしゃいました。

 そして、いつものことですが、何があっても神』に感謝の気持を持ち続けることを教えて頂きました。

 午後は、お諭しの実習でした。

・今回、お諭しの中で肉体のある時に戻って“幸せ一杯な家庭を築く方法”を学んで実行すれば、天国に行けても直ぐに落ちる
 ことが無く、更にその上にお許し戴けることを学ばさせて頂きました。
 皆さん、肉体のある内から小冊子“幸せ一杯な家庭を築く方法”の通り実行致しましょう。

・高山救神活動のお礼の神々が大勢いらっしゃって、感謝を述べられて下さいました。誠にありがとうございました。

・位山の御魂岩で救われた、神々を司って居られる光の神々の系列の天使の方々もお礼にいらっしゃいました。
 (ワァオー◎o◎

・A会員の娘さんが生き霊として出てこられ、親の本心を覗き見て、愛情一杯なことが分かり和解することが出来て、参加者
 全員が感動の涙を流しました。(ヨカッタネ^▽^

 今回も特別勉強会ならではの、新たなお示しを戴きまして素晴らしい勉強会と成りました。誠にありがとうございました。

 まだまだ至らぬ私どもで真に申し訳ございませんが、今後とも『光の主神様』の御心に適った神の子として、昇華のお許しを
賜われます様、謹みてお願いを申し上げます。


 『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
 

平成24年5月度高山勉強会

 投稿者:えいちゃん  投稿日:2012年 5月31日(木)21時04分33秒 p3196-ipad102fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用
  金生先生、掲示板を御覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます!


この度は平成24年5月度高山勉強会に参加のお許しを賜わりまして、また沢山に御遣い賜わりまして、真に、真に、ありがとうございます。私は今回、水無神社・日輪神社・天の岩戸(刑務所)・御魂岩(特別刑務所)での救神活動に於けます御挨拶の御役を戴きました。

例年通りの其々の場所で、当日お許し戴ける予定の御神霊全員がそれぞれの会員のお導きでお許し戴き、お救い賜わりました事がまず、本当に良かったと思います。

また、今年は、御魂岩という特別刑務所(重罪を犯した方々が収監されていた場所で、これまでの高山勉強会時にも、危険なので、近寄る事すら許されなかった所です)での、救神活動も行われました。

此処には何世紀も封じ込められていた大勢の御神霊の方々いらっしゃいました。諭し役が話を進めて行って判明した事ですが、こちらに居た方々は、これまでのお諭しで出て来られた、○○さんに関係がある!や御本体に関係がある!などでは無く、地球規模での行いが原因で収監されていた方々でしたので、非常に特殊なケースのお諭しとなりました。

この場所に、足を踏み入れて録画待ちの間、何やら重苦しい空気に包まれ、苛々する気持が高まっていたのも事実です。

お諭しは金生先生が時折御神霊から呼ばれ、お話しをしたり、諭し役が、話しをしたりで段々に進んで行き、こちらに封じ込められていた全員の御神霊が、お許し賜わり、大変感動させて戴きました。

それに金生先生と収監されていた方とが、とても近い間柄だったことが明かされ、最後に握手をされた場面では、私も思わずジーンと来て涙が出て来たのを鮮明に覚えております。詳細こそ明かせないことが多かったのですが、とても高い階層の方々がお許しになられましたので、これからどうなって行くのでしょうね。

このように今世紀最初で最後という特別な救神活動に参加のお許しを賜わり、貴重な体験をさせて戴きまして、真に、真に、ありがとうございます。

そして、今年特に感じましたのは、位山を下りようと天の岩戸の横を通り過ぎた時に、スカスカと言いますか、さっきまで刑務所でのお諭しを行いましたのに、もう刑務所では無いような、ただの巨石群になっていた様に感じたことです。

異空間に居るような長い様で短い高山勉強会でしたが、金生先生とも楽しいお話が沢山出来、終始山ちゃんとも行動を共にさせて頂き、他の会員の方々共お近づきになれて、とても充実した二日間でした。お諭しをされた方、幸せいっぱいの話をされた方、鏡役の方、この勉強会に参加された方々、本当におめでとうございます。
私の御挨拶は締まって良いですね!と言って下さったご長男さんもありがとうございます。


まだまだ至らぬ私で真に申し訳御座いませんが、今後とも『光の主神様』の御心に適った神の子として、昇華のお許しを賜われます様、謹みてお願いを申し上げます。


大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に、真に、ありがとうございます。
 

高山勉強会に参加させて戴いて

 投稿者:裕子  投稿日:2012年 5月30日(水)13時59分0秒 FL1-118-108-125-155.gnm.mesh.ad.jp
返信・引用
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』 真に、真にありがとうございます。
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

 高山での特別勉強会でのご報告をさせていただきます。
 高山に行く前は、「お前は山には登れないだろうから、車で留守番だよ」、と先生から言われ、私自身も登れるとは思っていなかったのですが、26日の夜、神社のお諭しが終わって宿へ帰り、静かな4人部屋で寝る前のお祈りの時に「『光の主神様』、明日は登れそうな気がします。私は何も出来ませんが、皆さんの様子を傍で見たいので、脚が大丈夫なら登れます。どうか、登らせてください」と御願いしました。
 すると、私ではなく、誰かに連れて行って貰ったようなイメージが頭の中に浮かび、「道は整備されているから、大丈夫だよ」という声が聞こえました。
 ああ、明日は登れるんだ、という感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 27日、いざ位山に登り始めると、行きは良い良いでした。
 おはなはんと麗子さんにハッパをかけられながら、脚が痛い、腰が痛いと言う2人と一緒に、それでもとても楽しく、何とか登る事が出来ました。
 1つの修行を成し遂げた、そんな感じがしました。
 爽やかな5月の薫り、ふきそよぐ風…胸がいっぱいになり、感無量です。
 泣けて泣けて、涙が止まりませんでした。

 そして、お諭しも終わり、お昼ご飯も食べ、さて、下りよう、という時です。昨日からそれまでは、登る事だけで頭がいっぱいで、帰りの事を全く考えていなかった、という事に気付き、我ながら呆れてしまいました。

 おはなはんに助けていただき、一足一足の置き場を教えて貰いながら、何とか下りる事が出来ました。一番最後になってしまいましたが、自力歩行で下りられたのです。何かと御神霊の方々に助けて戴き、歩くことが出来ました。
 『神様』、ありがとうございました。
 麗子さん、おはなはん、ご協力戴きまして、本当にありがとうございました。

 行事やその他は、皆さんがそれぞれの感動と感謝で行なって、それぞれに泣いて笑って、とやって来られたと思いますので、私は皆さんが心配してくれた、体調のご報告で申し訳ありませんが、『神様』及びお守り下さった御神霊の方々への御礼の方をご報告させて戴きます。

 大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』 、真に真にありがとうございます。この度は、沢山の御守護・お仕組み・お導きを賜りまして、真にありがとうございました。
 

高山勉強会に参加させて戴いて

 投稿者:おきちゃん  投稿日:2012年 5月30日(水)00時52分48秒 z103.58-98-202.ppp.wakwak.ne.jp
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に真にありがとうございます。
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

26日、27日の高山勉強会に参加させて戴きまして、本当にありがとうございます。

私は勉強会の2日前に体調が悪くなり先生に連絡させて頂いた所、勉強会に出るのを邪魔している方がおられると言われ先生にご指導頂いて喜捨をさせて戴きまして、高山勉強会に参加のお許しを戴きました。

私は水無神社のお諭しを担当させて戴きました。26日の一番最初のお諭しで凄く緊張しましたが、何とか遂行する事が出来ました!本当にありがとうございました。

私の後は、こひろさんが引き続き幸せな家庭を築く方法のお話をさせて戴きました。こひろさんも凄く緊張したと思われますが、お役目を許されて私も本当に嬉しかったです。

二人のお諭しが終わった後は周りが明るくなった感じがして、胸がす~っと軽くなって凄く清々しい気持ちになりました。

27日は朝から良いお天気で、位山に封じ込まれている御神霊のお救いでは、ご担当の方々のお諭しを聞いていますと、私まで胸が熱くなりとても感動しました。

最後に出てこられた御神霊の方と先生が握手をされた時は、胸が熱くなって涙がこみ上げてきました。

高山勉強会での救霊活動で沢山の貴重な経験をさせて戴いて真にありがとうございます。

今回の勉強会は、会員合同の勉強会でしたので、まだお会いした事の無い方々とお会いできて本当に嬉しかったです。皆さん本当にありがとうございました。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』、このたびの救霊活動に私をお使い戴き、真に真にありがとうございました。これからもどうぞ沢山にお使い戴ける機会をお与え下さいませ。

 

高山勉強会に参加させて戴いて

 投稿者:原能  投稿日:2012年 5月29日(火)07時59分19秒 softbank126005099009.bbtec.net
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に 真にありがとうございます。

金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

この度は高山勉強会に参加のお許しを賜りまして本当にありがとうございます。

私の場合は参加のお許しをいただくまでの経緯について報告をさせていただきます。

3月終り頃から今回の高山へは、新幹線と特急を乗り継いで行こうかなと思っていたところ、4月に入ってから片栄さんから一緒に行こうとお誘いをいただき、前の晩、博多から高速バスで京都まで行き、そこから京都の会員さんの車に同乗させていただくことになりました。
また高山に行かせまいとしている方に対して喜捨をさせていただいたらいいよと片栄さんからアドバイスいただいたので、そのようにさせていただきました。お陰さまで、休日出勤の予定も入らず参加できる状況になりました。ただソフトウェア開発という仕事の性質上、ソフトウェアに対するお客様からの問合せや、不具合対応が入ると、即日対応が求められることがあり、最悪、高速バスの出発に間に合わなければ、翌朝の新幹線になることを覚悟しておりました。
そのことを出発前日に片栄さんにお話すると、「今までに救霊活動に参加したことは?」と尋ねられ、ありませんと答えると、「では私が霧島神宮の御祭神と、高千穂神社の御祭神と、波上宮の御祭神にお願いしてあげるから、家に帰り着いたら、御祭神の方々に喜捨を書かせていただいて、宜しくお取り計らい賜りますようお願いしなさい。」と御指導いただきました。
そうしますと出発当日は、実に穏やかに仕事が進み、定時には会社を出ることができ、無事に片栄さんと落ち合うことができたのです。
そして、翌朝、京都の会員さんの車で一路高山へ。
京都の会員の方は鏡役ですし、片栄さんも能力のある方なのでお二人の会話は普通の人にはとても付いて行けないものに思えました。片栄さんは「話に付いて来てください」と言われるので、自分にはとてもとてもと言うと、京都の会員さんが「何を馬鹿な事を言っているんだ!」と大層ご立腹のご様子。尋ねると私の御本体様が来られて怒っているとのこと。自分の能力を限定してしまっていることに気付かせていただきました。また「私の周りに黒い物が湧き出している」と言われた時には、片栄さんから「今日は "ありがとう" をやってませんね!すぐにやって下さい!」と御指導いただき、"ありがとう" を毎日欠かさず実践する事の大切さに気付かせていただきました。
また、「今、前の車の上に御神霊が来られています。見えますか?」とか、「今のトンネルどう感じましたか?」とか、色々と教えていただき、大変貴重な体験をさせていただきました。
勉強会が終わって、その晩は名古屋に泊まったのですが、片栄さんから「今回、お誘いしたのは、あなたのお母さん ( 私の母は昨年他界しています ) から頼まれたからなんですよ。」と明かされ驚きました。
しかし驚きはこれだけではありませんでした。昨晩、掲示板に何について書かせていただこうかと思いを巡らせていたところ、知人が鹿児島に旅行したお土産を届けにこられて、見ると、「霧島神宮参拝記念 鉾餅」と書かれているではありませんか。
御祭神の方々のお働きがあって、お護りいただいて、参加することができたのだなぁと、深い感銘を覚えました。
『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』、真に、真にありがとうございます。この度は、高山勉強会に参加のお許しをいただき真にありがとうございました。
また、沢山の御守護・お仕組み・お導きを賜りまして、真にありがとうございました。どうぞ、これからも沢山の御用にお遣い戴けますよう、御願い申し上げます。

 

高山勉強会に参加させて戴いて。

 投稿者:コミキメール  投稿日:2012年 5月28日(月)22時56分50秒 ml7ts009v13c.pcsitebrowser.ne.jp
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に真にありがとうございます。

金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありが とうございます。

26日、27日の高山勉強会に参加させていただいて、沢山の閃き体験と、感動の体験をさせていただきましたので、投稿させて下さい。

私は27日の、鏡岩でのお諭しの御役を戴きました。

最終的に文言が整ったのは、24日の深夜でしたので、暗記するのは厳しいなと不安になっていたのですが、その文言の練習の時には、不思議なことに目をつむって、ゆっくり声に出していると、次から次へと正確な文章が浮かんできて、全て正しく唱えられるのです。
しかし、早口で、自分の記憶を頼りに話そうとすると、まったくダメなのです。
お諭しは、私の意志でやるのではなくて、『光の主神様』に使って戴くのだから、心を真っ白にしていれば、閃きを受信して、とてもスムーズにさせて戴けるのだなぁと、ビックリしました。
何度やっても同じなので、とても感動し、実感しました。

また、文章を読見返す度に、涙がポロッとでできました。
勝手に出てくるのです。

読めば読むほど、胸がじわっと熱くなるのです。

この時には、それほど涙の理由は気にしていませんでしたが、27日の鏡岩でのお諭しの時に、不思議な体験をさせて戴きました。

お諭しの始まった直後、声が裏返りそうになり、「あれ?緊張してしまったので、声が変なのかな?深呼吸しようかな。」と、考えていると、突然、大粒の涙がボロボロ落ちてきて、不思議な胸の温かさを感じました。
声が出なくなってしまった訳ではないので、止まらない涙は気にせずに、先に進ませていただきましたが、涙はいっこうに止まる気配がありません。
話す言葉にも、不思議な感情が移入してきて、無我夢中でボロボロ泣きながらお話を続けていました。

お諭しを終えてから、タケルさんとニコさんに、コキミさんの近い関係の方みたいですね。と教えて戴き、なにか不思議な気持ちでいましたが、カツヒロさんに、御本体様の子供とか孫なのでは?と、言われた時に、あっ!と、ピンときて、腑に落ちる感じがしました。

まさに、刑務所に自分の子供や孫が入っていたら、そして苦しんでいたら…。
人間と違って、寿命がないので、何百年でも何千年でも、子供が刑務所で苦しんでいたら、ゲヘナの炎で焼かれてしまうのではなんて悲しんでいたら、そして、今、出して戴けるチャンスが来たのだと考えたら、このお諭しのときの感情にピッタリで、とても驚きました。

きっと、それぞれの会員の御本体様の、親、子供、孫、兄弟姉妹、従兄弟、従姉妹、友人を、それぞれの会員が、お諭しをさせて戴いたんだなぁと、気が付きました。

そして、私が勉強会に出席させて戴くようになったのは、深夜の睡眠中に、御本体様に私の心臓を握られて、「早くお諭しを覚えなさい」と、言われたのがきっかけです。
この時の御本体様の気持ちが、良く解りました。
自分の子供、孫がこんなに苦しんでいて、ゲヘナの炎に入れられそうだなんてときに、いつまでも分魂が気付かずに、のうのうとしていたら、心臓を握り潰そうとしてでも、メッセージを送りたくなりますね。

そして、お諭しの文言でも言っている「御神霊と人間が力を併せて天国文明の建設を推進する」ということが、私の中で現実味を帯びてきて、神様に頼って任せてばかりではなくて、私も努力しなくてはならないのだなと、気付かせていただきました。

また、位山からの下山途中に、足腰の疲労感はあるのに、なんだか楽しくなってきて、気が付けば、突然、大声で鼻歌を歌い出してしまい、あれ?しかもこれ、なんの曲?クリスマスに良く聞くなあ。
と、あねさんに聞いたのですが、今日になって、歌詞の意味を調べて下さって、内容をみたら、とても驚きました。

先程のあねさんの投稿で解説して下さっていますが、「我々を牢屋から出してくれる(救ってくれる)主(救い主)がきた!長いこと待ってた救い主が来てくれた!」
「本当に、刑務所から出して戴けて、嬉しい!」という意味だと聞いて、とても驚いて感動しました。

御神霊の皆様、こんなに喜んでくださって、私達を遣ってくださって、真にありがとうございます。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』、 真に、真にありがとうございます。
この度は、高山勉強会にて、沢山に私達をお遣い戴き、また、沢山の学びの場を戴きまして、真に真にありがとうご ざいました。
どうぞ、これからも沢山の御用にお遣い戴 けますよう、御願い申し上げます。
 

高山勉強会に参加させて戴いて

 投稿者:あねさん  投稿日:2012年 5月28日(月)19時49分42秒 FL1-118-108-125-155.gnm.mesh.ad.jp
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に 真にありがとうございます。
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

今回は、とても沢山の御守護・お仕組みお導きを戴きましたので、それを投稿させて頂きたいと思います。

26日、27日と、2日間ともとても良い天気で、特に26日は、姫さんが高山に向かう最中の電車の中から、とても不思議な形の虹が見えたそうです。
逆さカーブというか、直線の虹が見えたので、それをご主人にメールしたところ、それは『神様』がとっても喜ばれているんだね、良かったね、というようなお返事が来たそうです。

今日(28日)、とあるサイトを色々見ておりましたら、なんと、埼玉、栃木、茨城、愛知…と至る所で、姫さんが見たのと同じような、直線の虹が観測されていたのだそうです。観測された所は全て快晴で、晴れた空に虹が出ている写真が沢山アップされていました。
この虹の形は、「天使の通る道」と言われていて、とても良い事が起きる前触れだ、という事が書かれており、大変驚きました。

 私は、27日の位山での天の岩戸正面でのお諭しを担当させて戴きました。
 準備に少し時間がかかりましたので、その間にお諭しの文言を思い返していると、どうにも涙が出てきます。
 それは、もしかしたら本番で泣いてしまうかも、と思うぐらい、ぐっとこみ上げてくるものがあるのです。
 こきみさんも、同じ感じがする、と言い、「なんだろうね。始まったら分かるかね?」などと話していました。

 いざ、始め、となった時です。
 『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』の、「だい…」と言い始めた途端、お腹の方からぐぐぐっとこみ上げてくるものがあり、涙がばっと浮かび、声が震えにふるえて、今にも号泣、という状態になりました。

 あれ、これは私自身の涙ではない、私の御本体様が泣いておられるのだろうか、それとも天の岩戸に封じ込められている御神霊の方々の気持ちが流れ込んできたのだろうか、と、思う「私」がいます。
 辛い、とか、苦しい、とかの涙ではありません。感極まった、という感じでしょうか。

 先生が、「語尾まできちんと言って」と言っているのが聞こえるのですが、言葉が最後まで発音出来ず、泣くのをこらえるのが精一杯です。

 どうしよう、このままでは、座り込んで号泣をしてしまうのではないか、というぐらいの状態にまでなった時、後ろから先生が
 「落ち着いて」
 と一言、ささやいて下り、その途端、すっ、と、その泣いている状態の方が治まったのです。

 そこからは普通に声を出すことが出来ました。

 本当に不思議な感覚でした。

 その後は、少し時間がかかってしまいましたが、無事に諭し役としてお遣い戴き、終える事が出来ました。


 そして、次の鏡岩でのこきみさんのお諭しを見学しようと、場所を移動すると

 もうニコさんに御神霊の方が出ています。
 木の枝を地面に殴るようにたたきつけ、「ここ(鏡岩)はムカつく」「早くしろよ」
 とイライラした様子です。(後でニコさんに聞いたら、これは男性の御神霊の方でした)

 それが、お諭しが始まるとすぐに
 「先ほどの方はもういません」と女性の御神霊の方が出てこられました。
 なんと、こきみさんも、第一声から、号泣です。ぼろぼろと涙を流し、声を震わせ、涙をぬぐいながらお諭しの文言を一生懸命、声に出していました。
 すると御神霊の方も、そんなに私たちのために泣いてくれるなんて、と号泣です。
 2人して号泣していると、突然バラバラと雨が降り出し、ビックリしました。

 お諭しが終わると、タケルさんとニコさんが、
「どうやら、こきみさんの御本体にとても近い関係の方(親子、兄弟姉妹、孫など)だったようですね」
と教えてくださり、こきみさん自身も、「自分が泣いた」という感覚ではなく、お諭し中は、本当に遣って戴いた、という感じで、自分の意志ではなく、誰かの何かが私の体から溢れてきた、というとても不思議な感覚だった、というので、こきみさんの御本体様はそれが分かってたから、涙が出たんだね、と話していました。

そしたまた、これも不思議な事に、お諭しが終わり、ニコさんとこきみさんが天の岩戸の正面側の方に移動を始めた途端、雨が止んだのです。

「御神霊が、嬉しくて泣いてたんだね」
と誰もが思ったそうです。

  そしてこれは、私とこきみさんが先生から庶務作業を頼まれ、皆さんより先に下山していた時です。

 あちこち写真を撮りながら、きゃっきゃ きゃっきゃ言いながら降りていき、帰りもとにかくすごい急斜面で大変だったのですが、いきなりこきみさんが大きな声で歌い出しました。
「あれ?あたし、何で今こんな鼻歌が出たんだろう。おねえ、この歌知ってる?」
「それ、JOY TO THE WORLDだよ。喜びの世界、という意味の歌だね、御神霊が喜んでいる気持ちを受信したんじゃない?」
するとまた、こきみさんが
「今度は、ベートーベンの第9の歌が浮かんできた」
「本当に喜んでいらっしゃるんだねぇ」

 帰ってきてからも、どうもこのこきみさんの口ずさんだ鼻歌が気になり、意味を調べてみました。
「JOY TO THE WORLD」というのは、「たみ(民)みな(皆)よろこべ(喜べ)」という歌詞で、賛美歌として有名です。
日本では、「もろびとこぞりて」という賛美歌です。ご存知の方も多いかと思います。

海外と日本では、同じ楽曲に全く別の歌詞がついているのですが、ここに2つとも掲載させて頂きます。

JOY TO THE WORLDの歌詞を翻訳すると

  民皆喜べ 主は来ませり
  心を開きて 迎え奉れ
  迎え奉れ 心を開きて
  御恵みの光 世に遍(あまね)し
  海山島々 いさ歌へよ
  いさ歌へよ 海山島々
  呪はれし地にも 茨生えず
  幸ひあれよと 祝ひませり
  祝ひませり 幸ひあれよと
  正しき裁きを 行ひ給ふ
  我が主の御旨に 皆従へ
  皆従へ 我が主の御旨に

そして、日本で歌われているもろびとこぞりての歌詞

  諸人(もろびと)こぞりて 迎えまつれ
  久しく待ちにし 主は来ませり
  主は来ませり 主は、主は来ませり
  悪魔のひとやを 打ち砕きて
  捕虜(とりこ)をはなつと 主は来ませり
  主は来ませり 主は、主は来ませり
  この世の闇路(やみじ)を 照らしたもう
  妙なる光の 主は来ませり
  主は来ませり 主は、主は来ませり
  萎(しぼ)める心の 花を咲かせ
  恵みの露(つゆ)置く 主は来ませり
  主は来ませり 主は、主は来ませり
  平和の君なる 御子を迎え
  救いの主とぞ 誉め称えよ
  誉め称えよ 誉め、誉め称えよ
※第2節前半は「悪魔のひとや」はかなで書いた事が災いし、後に「一夜」「一矢」など、誤った解釈がなされることも多いが、正しい漢字は「人牢」である。この歌詞は1954年の改訂版で、1931年版までは「鉄(くろがね)の扉 打ち砕きて、捕虜(とりこ)を放てる…」であった。

 御神霊の方々が、今回の事を本当に喜んでいらっしゃる、その喜びの大きさと、『光の主神様』への感謝、これからの事諸々を、私たちによく分かる「歌」で、教えて下さったのだと思います。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』、真に、真にありがとうございます。この度は、高山勉強会にて、沢山の御用にお遣い戴き、また、沢山の御守護・お仕組み・お導きを賜りまして、真にありがとうございました。どうぞ、これからも沢山の御用にお遣い戴けますよう、御願い申し上げます。


 

高山の救霊活動に参加させて戴いて

 投稿者:広森メール  投稿日:2012年 5月28日(月)13時10分42秒 KD118159070100.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に 真にありがとうございます。
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

 この26、27日の2日間、岐阜県の高山において大規模な救霊活動があり、2日間とも天候に恵まれ、全て予定通りに終了することが出来ました。

 私は、27日に予定された位山の天の岩戸側でのお諭しを担当させて戴きました。
長きに渡り閉じ込められておられた御神霊の方々ですので、『光の主神様』から外に出るお許しを戴いた時は大変喜ばれておられました。

 お諭しが始まるまでは、私自身心穏やかにいたつもりでしたが、実際に始まってみると、やはり緊張の為か、途中で話が止まってしまうことがありましたが、側にいて下さった片栄さんの的確なサポートにより何とか無事に終了する事が出来ました。

「早く出たいのだからくどい話はしなくてよい」というタイプの御神霊の方でしたので、結果的に早目にお救いする事が出来た様で、外に出られた折「我々が一番最初だな」と少々御満悦のご様子でした。

 その他にも、今回の救霊活動を通じて沢山の経験と感じるところがありましたが、多くを学んだと同時に、寧ろ私自身が救われた気がします。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』、このたびの救霊活動に私をお使い戴き、真にありがとうございました。
 これからも、どうぞ沢山にお使い戴ける機会をお与え下さいませ。
 

マサノリさんの投稿を読ませていただいて

 投稿者:ダニエル  投稿日:2012年 5月21日(月)23時00分28秒 112.190.3.110.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』、真に、真にありがとうございます!!
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます!

先日のマサノリさんの投稿を読ませていただいた後、いくつかに関して金生先生に質問させていただきました。
その質問と、いただいた回答を投稿させていただきます。

質問①
先日の山手線沿いの御救いで、救われた御神霊の総数がずいぶん大勢(一万名以上)いらっしゃったのですが、東京だけでもこんなに多いのに、まだまだ救われていない御神霊はどれほど多いのでしょうか?

回答①
東京だから御神霊の数も多かった。
人間の数が多い所には、やはり御神霊も多くいらっしゃる。その逆も然り。
今回救われた御神霊の方々は、未だ救われていない残り約10億名の一部。
今回の人数(神数)には、それぞれの方の家族・子孫等は含まれていない。
また、救われた分魂の数も含めていない。

質問②
今回東京で救われた御神霊の方々の中に、外国の御神霊の方々も含まれていましたか?

回答②
いないです。

質問③
今回の東京の様に、世界の大都市で、まだまだ救われていない御神霊の多い都市は残っていますか?

回答③
あります。
しかし、今年中に勉強会中で御救いをさせていただく機会を御仕組み戴けるそうです。

質問④
今年中に、小さな御神霊は皆御救いする(大きくする)ような方向であると耳にしましたが、それは人間(分魂)に障る恨みの御神霊も含めてですか?

回答④
そうです。
 

哺乳瓶のお供え

 投稿者:あまのメール  投稿日:2012年 5月17日(木)10時56分40秒 softbank126110207240.bbtec.net
返信・引用
  初めまして私は関西地区の組手です 初めてあなたのホームページを見ました

何もかもの驚きです。

仏壇にお供えしている哺乳瓶について知りたいです
 
    (管理人) ・・
 崇教真光の教えの間違いから飛んできたのですね。
 そのページにあるリンクが壊れてしまっていますので、取り敢えず下記をクリックしてご覧になって下さい。

 http://6301.teacup.com/kinseireisui/bbs/537

 不明な所はまた御質問下さい。
 
 

山手線沿線の救霊活動に参加させて頂きました。

 投稿者:マサノリメール  投稿日:2012年 5月16日(水)01時50分23秒 110-134-234-85.rev.home.ne.jp
返信・引用
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に真にありがとうございます。
金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

 5/14(日) に、金生先生からお誘いを頂きまして、山手線沿線の救霊活動に参加させて頂きました。それを御報告させて頂きます。
 それは、8時頃の金生先生からのお電話から始まったのですが、私はまだ床の中におりまして、失礼ながら寝惚け眼で対応させて頂いたのですが、「これから、山手線の救霊活動に参加しませんか?」との先生のお言葉に、一気に目が覚め、急いで支度をし、待ち合わせ場所へ急行致しました。

 待ち合わせ場所は、山手線の池袋駅で、11時より、先生のお導きにより、先生と鏡役の鶴藤さん、そして私の3人で回らせて頂いたのですが、それは、池袋駅から外回りの電車に乗り、池袋 → 大塚 → 巣鴨 → 駒込 → 田端...といった順番で行われました。
私自身、「足手まといにならないだろうか?」という危惧を抱いていて、その通り、残念ながら役に立たない感じで同行させて頂いた次第なのですが、それでも、貴重な救霊活動に御一緒させて頂けるのは大変ありがたく、実際、“救霊活動”自体も初めての事で、興味津々、「目が離せない!」といった感じで参加させて頂きました。

 まずは大塚駅は何事もなく通り過ぎ、次は巣鴨駅。
 先生と鶴藤さんは、「3名くらいかな? 人霊がいるね。」といった会話を交わされていらっしゃいましたが、はい、私はまったく分かりません。走る列車の中から、「はい、こちらの御守りをご覧ください。御守りを見て天国へ行きましょう。」と、呼びかけられる先生と鶴藤さんに合わせて御守りを指差すことしかできませんでした。
 その後の駒込駅では7名くらいの人霊がいらっしゃったようなのですが、それも同様です。
 そして、その後、田端駅で一旦下車をして、鶴藤さんの鏡役による、先生の、プラットホーム上でのお諭しが開始されました。田端駅では御神霊がいらっしゃったようなのですが、(私は、おふたりの様子から察するのみで、残念ながら感じ取れません。) 先生のお諭しにより御神霊をお救いし、その後に、その御神霊の方に、人霊の地縛霊を救って頂きました。地縛霊は20名ほどいたようです。
 「御神霊がいると楽なんですよ。」と、先生はいつもと変わらない笑顔で言われました。

 その後も、日暮里駅、秋葉原駅と東京駅で下車をして田端駅同様に、それぞれで御神霊たちをお救いし、人霊を救って頂く状況が進みました。それは、回を重ねる毎にスケールアップしていくのですが、(お救いする人数が増えていきました。) 特に東京駅では駅下の地下に歩を進め、お諭しをされました。それは、成田エキスプレスのホーム近くであったと思いますが、私は、以前の新小岩駅での救霊活動の関連で、その場所でお諭しをされたのかと思いましたが、先生がおっしゃるには、「人体に例えれば、指先でするより胸元でする方が効果が高いでしょう?」とのことです。

 そして、それは田端、日暮里、秋葉原の各駅でも、先生からご説明を頂き感じた事なのですが、自分にとって東京駅が特に分かり易かったので、ご報告させて頂きます。
 と言いますのは、東京駅では地下でのお諭しになりました。相変わらず、私は見ているしかないのですが、それは、周囲の様子です。
駅の地下というと、これをお読み頂いている方にも想像し易いと思うのですが、薄暗く、じめじめとして、少し暗がりに行けば何かがいそうな、(実際にいらっしゃるわけですが、) 一般的な“霊感”といったものが感じられない方でも、歩みを躊躇しそうな雰囲気があるのです。それが、お諭しが終わると、立ち所に無くなるのです。
 それは、お諭しが終わると、ただの暗い場所になります。
私には、それほどはっきりとは見えないのですが、なにやら、ごくごく、うっすらと霞が掛ったような印象を受けていた風景が、お諭しが終わるとキッチリとピントがあった画像のように鮮明になります。
「不思議なんだよね。カメラにはあまり写らないだ。」と、先生です。

 研究会で、勉強会へ参加させて頂き、それは、そうではなくても、例えば私の場合は崇教真光で霊の存在等を学ばせて頂き、その存在を信じていたとしても、その地下道のちょっと、ひるんでしまうような感覚が、「御霊さんの影響によるものだ。」という考えには結びつかない私でした。
 今回、このような活動で目の当たりに体験させて頂き、ようやくに気がつかせて頂きました。そして、それは私に限らず一般の方々も、ごくごく日常の中で御霊さんと本当に接しているという事実ですね。

 ちなみに、秋葉原駅では500名近い御神霊の方々をお救いして、駅を中心に3km四方の地縛霊等の御霊さんたちをお救いして頂き、その数は6万名にのぼりました。
 印象深かったことは、最初に鏡役の鶴藤さんへ、つかわされた御神霊の方が、「自分の言うことを聞いてもらえず、やりたい放題に荒らされています。」といった告白から始まったお諭しで、その御神霊の方が力を取り戻されると、その周囲の御霊さん達が逃げ出してしまうということです。
 そして、それを放っておかれる先生でもありません。即座に、「はい、御奉仕の御神霊の皆様、逃がさないで下さい!」と、お願いをされて一挙にお救いをされてしまうという、御奉仕の御神霊の皆様も大活躍される、新鮮な体験をさせて頂きました。(普段の勉強会では、すでに御奉仕の御神霊の方々がいらっしゃる教室へ、お諭しを受ける御霊さんがつかわされるので。)

 秋葉原駅では昼食も取り、小休止を経て、さらに、その後は効率良くテンポアップしていきました。そして、東京駅では約600名の御神霊をお救いし、今度は5km四方の、約12万名の人霊をお救い致しました。
 皮肉にも、この東京駅では、中央線は国立駅での人身事故の知らせを受けました。
 先生が言われるには、「当初は中央線で救霊活動をする予定だったんだけど、昨日に、ふっと“山手線”という考えが浮かんだんですよ。だから、朝のお祈りで、もう一度、お伺いを立てたら“山手線だ!”という閃きを頂いたから、山手線にしたんだけど、皮肉だね。きっと、そういうお仕組みだったんでしょう。」とのことでした。

 そして、その後は、品川駅では約1000名の御神霊と、約60万名の人霊を、渋谷駅では約2500名の御神霊と、約170万名の人霊をお救い致しました。(この数字は、共に下車をした駅のみです。それ以外でも電車内からお救いさせて頂きました。そして、いきなり人数が跳ね上がったのは、先生が品川駅では、「線路両脇1kmの範囲で、渋谷駅1km手前まで。」 渋谷駅では、「新宿駅1km手前まで。」と、お救いした御神霊の方々の、徳積みのお救いの範囲を広げられたからだと思います。)
 確かに、五反田、恵比寿、渋谷駅などでは大きな繁華街を有し、時折、血生臭い事件、事故でニュース等を賑わせておりますね。特に渋谷駅周辺では旧日本軍の跡地があったり、NHKの敷地近くには2・26事件での慰霊碑もございます。
 これもまた皮肉ながら、目黒、恵比寿駅では、まるで新幹線を思わせる防護柵がありました。私は知りませんでしたが、よほど飛び込みが多いのでしょうね。この会へ、そして、このような救霊活動へ参加させて戴けなければ、私も他の方々と変わりないのですが、人知の儚さが感じられました。

 さらに、救霊活動は続きます。
 新宿駅で下車をし、再び地下街へ進みました。先生は救霊すべき中心的な場所へ向かっておられましたが、それもまた皮肉というか、それは鉄道警察隊の分駐所だったのです。(派出所のような場所で、実際にも、そのようなものだと思います。) 先生は、「これも不思議だよね。霊的な中心地を探すと、こんなものがあったりするんだよね。」と言われておりました。
 場所は新宿駅ですし、(あとで調べましたが、JRでは日本一 利用客の多い駅で、その数は神戸市の人口にも匹敵するとか。) 地下街は喧騒としています。先生は、警察官以外は誰もいない分駐所内を「5分程度、使わせてもらえるように。」と、交渉されましたが、つれない警察官は、「宗教活動は一切、お断りです。」の一点張りで、やむなく分駐所のすぐ外でのお諭しとなりました。
 新宿駅では、約3000名の御神霊と、約1000万名を超える人霊をお救い致しました。範囲は、有名な歌舞伎町を含む、線路両脇1kmの範囲で池袋駅までです。

 そして、最後は池袋駅に戻って参りまして締めくくりです。
 そう、池袋駅から出発したのですが、池袋駅ではお諭しをしなかったのですね。「なんで、何もしないで行ってしまったんだ !? って不思議がってるよ。」と、いたずらっぽく笑顔を浮かべる先生でした。
 そして、「大変、お待たせを致しました。」と始まるお諭しです。池袋駅では約4500名の御神霊と約2000万名の人霊をお救い致しました。
 そして、そのお諭しでは、

・これから、自殺を促すような、人間に憑いている御霊を救うこと。
・そして、「死にたい。」と思っていた人には、ぽっと、『真理=神理』の研究会の上級の 技を使い、明るい、「あ、こんな良い事もある!」というような思いを浮かばせて欲しい こと。
・そして、これからは、この山手線で人身事故等の事故の発生を“0”にすること。
・それは、今回の救霊活動を、「『真理=神理』の研究会によるもの!」と広く伝えてき、 『光の主神様』のご存在を世に知らしめるもので、『光の主神様』の御名を穢さないため にも全力を注いで欲しいこと。

 このような内容が総括として、今までお救いしてきた御神霊の方々にお集まり頂き、伝えられました。


 “歴史的”と言いましょうか、 このような救霊活動に参加させて頂きまして、ありがたい限りなのですが、以前の、先生から教えて頂いた例えで言わせて頂けば、「あまりにも高い場所にいる先生の足の裏を眺めている。」ようで、いまいち実感が持てない私です。
 それでも、今回の救霊活動でのお諭しの内容で身近に感じられた内容は、ここ最近の勉強会でも繰り返し、繰り返し、ご指導頂いていること。それは、

・総てにおいて、まず、『神様』に感謝。
・とにかく、今いる場所で余計な事を考えずに、自分の役割を一生懸命に行うこと。
・一生懸命に頑張っていれば、必ず、目をかけ、助言をしてくれる人が現れる。その時に  は、その方に素直に従うこと。

 です。
 「これは、私に対しても言って下さってるんだな。」と感じました。
 本当にありがとうございます。

 そして私が、今回のお諭しで新しくつけ加えられたと感じたものは、

 神界にある『真理=神理』の研究会に入会して、総ての勉強会へ出席して、これからも真理を学び続けましょう。
 “勉強会へ出席し続ければ、例え、ちょっと真理から外れる間違いがあっても、すぐにお許し戴けますからね。”

 という内容でした。


 大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に真にありがとうございます。
 そして、金生先生、今回の救霊活動にお誘い下さいまして、本当にありがとうございました。ところどころで、暖かいアドバイスを下さった鶴藤さんにもお礼申し上げます。
ありがとうございました。これからも、よろしくお願い致します。


 これは余談ですが、自分の中で驚きの体験をさせて頂いたので、それも合わせてご報告させて頂きます。
 私はオートバイに乗っているのですが、年を重ねる毎に、バイクから足が遠退いてる現状です。その実、ここ最近も3/25(日)の初級者勉強会へ出席させて頂く際に乗ったきり、動かしておりませんでした。
 車もそうですが、バイクもあまり乗らないと動かなくなります。「この5/13(日)は乗ってあげなきゃ。」と考えていた私は、救霊活動へお誘い頂いたことを幸いに、渋谷駅までバイクで移動したのです。そして救霊活動を終えてから、さらに距離を重ねたのですが、ちょっと思いついて首都高速から湾岸線と、その後は鎌倉まで足を延ばしたのでした。

 そして、鎌倉の鶴岡八幡宮のそばを移動したのですが、「参拝はさせて頂きませんが、私用でそばを通らせて頂きます。失礼を致します。」なんて、つぶやきながら、通過しようとすると、何か感じるのです。私は、鶴岡八幡宮を背に海へ向かったのですが、境内にとてつもなく大きなものが、いらっしゃる気配を感じました。こんな感覚は初めてです。
 「何かいる!何かいる!」と、ちょっと興奮状態です。(それは、御祭神に間違いないのでしょうが。)
 「救霊活動へ参加させて頂いて、感覚が高まったのだろうか?」と、ちょっとウキウキでした。

 大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』真に真にありがとうございます。
 金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

 まだまだ、分からないこと、感じられないことばかりですが、日々、出来る限り頑張らせて頂きます。これからも、どうぞ、よろしくお願い致します。
 そして、金生先生へ、今回の報告は、私のメモや記憶によってご報告させて頂きました。何か不備や誤りがありましたら、どうか訂正頂きますよう、よろしくお願い致します。

 本当に、ありがとうございました。
 

この会の会員は不動明王様が直接取り締まっていらっしゃる! - その2 -

 投稿者:あさがお  投稿日:2012年 5月11日(金)20時22分9秒 udp258371uds.hawaiiantel.net
返信・引用
   先生のご長男に憑いていた大勢の御神霊が救われた後、まだ腎臓の痛みは残っておりました。

 先生が次を呼び出すと、今度は鷹が出て来ました。鷹はその鋭い爪を彼の腎臓に突き刺しておりました。しかし、どうやってもその鷹は飛び去りません。

 最後の手段で、先生は、不動明王様、この鷹を排除して下さい、とお願いしましたら、不動明王様がお出ましになりました。

 不動明王様とは、『真理』から外れた邪神に対して、破邪の剣で邪を切り離し、正しい道へ矯正する御役の神で、四十八の神々様とは別格の方です。

 ところが、「私がこの鷹を使っておりました」と言われるではありませんか!ガーン!!! しかも「この者を切る」とおっしゃって破邪の剣をご長男に振り下ろしているのです。

 理由は「この者は『光の主神様』のお邪魔をしたから」でした。これには一同、大ショックでしたが、本人が一番ショックだったのではないでしょうか。不動明王様御自ら「要らない」と言って切り捨てられるとは!

 そこでご長男は『神様』と不動明王様に「申し訳ございませんでした、お許しください」、と低頭お詫びをしましたら、「よし、それではこれからのお前の精進次第で決める」と言うことになりました。

 この時、前辞めて行った会員さん達のイメージが出て来ました。それを先生に言いますと、先生は不動明王様に色々と質問をされ、そこで、不動明王様御自ら彼らに姿を見せ、辞めさせた、と言った事実が判明されました。

 彼らは破邪の剣で切られてしまったのですね、本当にお気の毒です。。。

 このことを特級勉強会で報告しましたが、そのDVDを見ていた鏡役の能力をお持ちの会員さん、ヤマちゃんが、「ご長男のお額に不動明王様がいらっしゃる」と言いました。

 先生は、不動明王様は今息子の行動を監視していらっしゃるのですよ、と答えておりました。そして、ご長男は、と言うと、「何だかあの日から閃きが良く入るようになった」そうです。

 さて、もう1人、切られそうになった方がいました。それは先生の奥様です。同じように、不摂生が原因です。奥様は一度血栓が詰まり、その時に言語障害が残りました。それでも健康管理を怠っておりましたので、その後6回も心臓発作を起こしておりました。

 息子さんのことがあった2日後、今度は奥様が具合が悪い、と言うので先生がお諭しをされました。私はこの時も鏡役で使って頂きました。

 なんと、お出ましになられたのは観音様でした。初級勉強会の奥様のお諭しの時に、「御本体です」、と出られたのも観音様でした。奥様は生まれた時から観音様に導かれていたようです。

 その時、白鳥が見えて、あなたを引き上げますよ、と言われました。どうも、白鳥に乗せて引き上げる、と言われたようです。しかし、最初誰もその意味が分かりませんでした。きっといつも頑張っていらっしゃるので霊格を上げて戴けるのかしら、と解釈してしまいました。ところが、どうもそうではなかったようです。

 次には不動明王様がお出ましになられ、奥様の心臓発作は私が起こしました。とおっしゃられたのです。理由は戒告です。先生はそこでてっきり、ご自分への戒告だと受け取りましたが、それは奥様への戒告でもあったようです。

 何故なら、次の日は奥様が脳の血栓が詰まって苦しまれ、直ぐに入院されたからです。事務室において、私が鏡役で、先生の長女のアネさんがお諭しをしましたら、直ぐに観音様がお出ましになられ、私がやっております、とおっしゃって、しきりにお手を動かしていらっしゃいます。何度も戒告をしていたのに、改めなかったので、もう引き上げます、という事でした。

 これは大変!とアネさん:母に重々言い聞かせますので、どうぞそれは思い止まって下さい、と必死にお願いしましたら、「それでは、くれぐれも頼みましたよ、今回は治しましょう」、と言って治して行って下さいました。

 お蔭さまで奥様は大事に至らず、お諭しや先生と家族の皆さんの霊的治療で言語障害も良くなり、順調に回復されていらっしゃいます。

 アネさん曰く:この会の会員は霊格が高いので、観音様や不動明王様が直接管理されていらっしゃるのですね。

 全くその通りですね!

 先生は「一日の終わりに反省文を書きなさい」、と指導されておりますが、世界一のレベルの霊的指導者を目指しているこの会の会員は、『神様』に戴いた肉体を大事にして、常に精進を怠らず、驕り高ぶらず、純粋さを保ち、己を省みていかないと、直ちに “切られる”のですね。

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』、いつもこの会の会員達を正しい方向にお導き下さり、真に、真にありがとうございます。
 

この会の会員は不動明王様が直接取り締まっていらっしゃる! - その1 -

 投稿者:あさがお  投稿日:2012年 5月11日(金)20時11分9秒 udp258371uds.hawaiiantel.net
返信・引用
   金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。4月の初級勉強会と特級勉強会では大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。

 さて、勉強会に参加させて頂く度に新鮮な驚きで、今回はどんなことが起きるのかな、と本当に楽しみですが、今回ほどびっくりさせられたことはありません!

 きっと、生涯忘れられないでしょう。

 まず第一に驚いたのが、先生に突然、今回の初級勉強会では君が鏡役だよ、と言われたことでした。いつも他の方達に鏡役の能力が開花し、凄いな、と思いながら横で見ていた私です。しかし、まさか、自分が鏡役になれるとは夢にも思いませんでした。

 全然自信の無い私に、先生はすかさず『神様』にお祈りをされて、光の玉を私の頭上から下ろされたのです。そうしましたら、アラアラ不思議、本当に本番では鏡役になれたのです。

 ぶっつけ本番、連続4時間の鏡役をさせて頂きましたが、身体は軽くて暖かくて、何時間でも平気でさせて頂けるのです!しかもその間ずーっとイメージを受け取る為、集中し通しですのに、頭は冴えたまま!

 この広大な宇宙を創られた最高の『神様』の御用をさせて頂くのって、こう言うことか、と新鮮な驚きでした。金生先生、本当にありがとうございました!

 しかし、これはまだまだ序の口でした。それでは本番に入ります。

 お諭しの練習も終わりに近づき、最後のお諭しを受けたのが、先生のご長男でした。彼が横に座った途端、黒い霧がワーッとこちらに来ました。そしてその霧と一緒に来られた方は、な、なんと死神でした!

 初級勉強会の最中であり、DVDにも映しているし、まさか、先生のご長男に死神が出ているとはいくら鏡役でも言えません。あなたは誰ですか、と聞かれて、「それは言えませぬ」と思わず答えておりました。

 宗教指導者のご家族が信者のカルマを背負ったりして、早死にしたりするケースはよくあることです。しかし、この会ではそう言う事は絶対に起こりません。

 もちろん、余りにも救いの力が凄いので、この会が弘まるのを脅威に感じて先生やご家族を攻撃してくる他の宗教団体の御神霊は後を絶ちません。でも、皆さん、全員が最後は救われて行きますから、影響は残らないのです。

 実は、ご長男はご自分の不摂生で腎臓を病んでおりました。健康管理が全然出来ていなかったのですね。しかし、死神まで出るとは、これは余程のことだ、と次の日に先生とご本人に伝えました。

 案の定次の日はご長男は体調が優れず、先生は直ぐにお諭しをされました。私は鏡役で使って頂きました。

 まず出られたのがブランと空中に二つ折りでぶら下げられた状態のご長男でした。今にもゲヘナの炎に投げ込まれそうなお姿でした。その上に仏陀がおりました。仏陀はご長男のことを心配され、お救いしたい、と言われておいででした。

 次にお出ましになられたのは、本人の御本体様でした。御本体様は、ご自分の分魂が大切な役目を戴いているにもかかわらず、その上にあぐらをかいているので、腎臓を悪くして戒告をしている、とおっしゃいました。そして、分魂が頑張らないので、自分も苦しい状態にいたのです。先生は、御本体様に力を付けさせ、それでは過去に戻ってご自分の分魂の再教育をされて下さいと言われました。

 そこで、御本体様が、やり直しをされ始めた途端、身体が硬直してしまい、前に進みません。分魂が心根を変えなければ、前に進めない、と言う事でした。

 そこで先生は色々と息子さんに反省を促され、本人もどんどん内面を変えていかれたようでした。すると、硬直していた御本体様の身体が少しずつ解れていき、やり直しが許されました。

 次に、彼に障っている御神霊のお諭しに入りました。が、先生はここで『神様』に止められてしまい、本人に救わせなさい、と言う支持がありました。

 ご長男さんはこうして障っていた沢山の御神霊を自分で救っていきました。恨みの方達は救われて飛行機雲と一緒に消え去り、最後にこの方達が背中に付けていたコンクリートの塊みたいなものが取り除かれて落下していきました。

 それが終わった途端美しい天使達が舞い降りてきました。そして、美しいレンガ造りの塔が視界に入り、その横にご長男さんが立っておりました。会の新しい本部なのでしょうか。

 しかし、話はこれで終わりではありません。まだまだ驚くべき事実が判明したのです。

 つづく
 

5月度特別勉強会のご報告

 投稿者:ダニエル  投稿日:2012年 5月 9日(水)23時19分9秒 112.190.3.110.ap.yournet.ne.jp
返信・引用 編集済
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』、真に、真にありがとうございます!!
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます!

5月に大阪府摂津市で開かれた、『真理=神理』の研究会の特別勉強会のご報告をさせていただきます。
本勉強会では、お諭しがとても印象的でした。
ある60代の女性会員の方が鏡役を務めてくださったのですが、勉強会中に金生先生から鏡役のご指名を受けて、能力を光の玉で戴いた後すぐに、練習なしでお諭しに入りました。

最初は不安がっていた彼女でしたが、お諭しに入るときちんと霊動が出ていました。
御霊の感情もよく感じる事ができたそうで、怒りを感じたり涙を流す場面も多々あり、これには鏡役本人が一番驚いていた様でした。
なかなか言葉を話さなかったのですが、金生先生が『光の主神様』や御神霊の皆様に鏡役の能力が発揮できるように御祈りをしたところ、言葉を話し始めたのです。
鏡役の能力が開発される瞬間を目撃できたので、とても印象に残りました。

最初の内は、神界の方で鏡役に配慮して戴けたのか人霊ばかりが出され、その後に御神霊が出るようになりました。
人霊も御神霊も、いつもより素直な方が多かったように思えます。
勉強会ではいつも、神界で調節をして下さるので、諭し役と鏡役の技量に合わせた御霊が出されるのです。

座学では最初に、地縛霊の喜捨の書き方と地縛霊の諭し方が説明されました。
その他、水子への語りかけ(従来のものを補完したもの)が口上で教えられ、それぞれが教科書に書き込みました。

私は今回、千葉県から参加をさせていただきましたが、出席させていただいて本当に良かったです!
いつも思うのですが、例えどんな苦労があっても、遠距離から時間をかけて来ただけの価値はあった!と最後には思えるから不思議です。
参加者全員が、それぞれ努力や苦労をした分以上の価値あるものを得られるのです!

掲示板のご覧の方々、群馬県でも三重県でも大阪府でも、どなたでも勉強会に参加ができますし、大歓迎です!
参加しようかどうか悩んでいらっしゃる方、参加した方が得ですよ!!
時間とお金、労力を費やして来るだけの見返り(こんな表現で申し訳ございません)=本当に素晴らしいものを得られますから、ぜひぜひお越しください!
必ず最後は、“あぁ、来て本当に良かった!”と思えますよ!
 

第15回桑名特別勉強会のお知らせ

 投稿者:きょうじゅメール  投稿日:2012年 5月 9日(水)10時45分52秒 c024-084.intsurf.ne.jp
返信・引用
 

『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
金生先生、会員のみなさん、掲示板をご覧のみなさん、いつも本当にありがとうございます。

  5月6日 大阪府摂津特別勉強会が開催されました。
 午前中は先生より、会員の居るところには大きな災害は来ないとの事例をお話し下さいました。
 午後からは、お諭し実習で全員の方がお諭しを受けました。そして、桑名特別勉強会に続きまたまた
 嬉しいことに、新たに鏡役の方が開花されました。
 後半の授業は会員の講師による“いつもありがとう”の挨拶の実習をしました。
 毎回のことですが、この特別勉強会では新たなお示しを戴く事が多い、素晴らしい勉強会であります。

 次は、桑名特別勉強会です。『神様』の御心を学ばせて戴きましょう。
 お気軽に参加してみて下さい。
 

   第15回 桑名特別勉強会

☆ 日時:2012年6月3日 (日)10:00 ~ 17:00 (12:00~13:00 昼休み)

☆ 場所:スター21 2F 研修室
   (〒511-0912 桑名市星見ヶ丘8丁目601番地  TEL:0594-31-7625)
          駐車場:35台+第2駐車場有り
   おにぎり弁当昼食は、各自でご準備下さい。( 会場近くにコンビニが有ります:車3分 )

☆ 勉強会は会員だけでなく、一般の方の参加もお待ちしております。

☆ 費用:講義の受講御礼は、喜捨としてご奉納ください。
  会場費等は別途ご協賛としてお願い致します。
  喜捨については、解説書【喜捨の心得】をご覧ください。
  解説書をお持ちで無い方は、“ 喜捨の心得 ”でPDFファイルがご覧いただけます。
  必要に応じて個別相談をお願いできます。

☆ 参加申し込み、ご質問及びお問い合わせは、この投稿者“きょうじゅ”のメールをクリックすると
  メールを送る事が出来ます。お気軽にどうぞ。

☆ 交通アクセス
  電車: 近鉄線・JR線 桑名駅より 車15分

  車  :  東名阪自動車道   桑名インターを降りて国道421号線西へ インターより約5分
       伊勢湾岸自動車道  湾岸桑名インターを降りて県道69号→258号を北へ
               そして西別所立体交差点で左側方向の国道421号西へ
               インターより約20分

 地図をクリックしますと、拡大表示されます。

 

位山での服装等の連絡

 投稿者:きょうじゅメール  投稿日:2012年 5月 7日(月)17時36分52秒 c024-084.intsurf.ne.jp
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。
金生先生、会員のみなさん、掲示板をご覧のみなさん、いつも本当にありがとうございます。

 5月26日(土)・27日(日)の2日間に亘り、5回目の高山市での勉強会が開催されます。

☆集合場所:臥龍の郷 岐阜県高山市一之宮町5525(国道41号線沿)
           TEL 0577-53-3933

☆集合時間:26日(土)の13時からの勉強会開始に間に合うようにお越し下さい。

☆宿泊地 :臥龍の郷 4~6人の相部屋となりますので宜しくお願い致します。
      男性と女性のグループに別れます。

☆服装装備:1日目の26日は通常の勉強会の服装でお願い致します。

      2日目は位山の駐車場より天の岩戸まで標高200m登りますので、ハイキングとか
      トレッキング の服装で可です。
      靴はスニーカーとかキャラバンシューズ等を用意して下さい。サンダル・ハイヒール
      では登れません。

      雨具は傘と簡単なカッパがあればご用意願います。

      お諭し等される男性はワイシャツとネクタイの服装でお願い致します。

      2日目雨天の場合は天の岩戸のお諭しは別の場所(位山スキー場の食堂など)で
      行います。

      服装は下記の写真を参考にして下さい。
 

特級者勉強会中に戴いた御守護

 投稿者:ダニエル  投稿日:2012年 5月 4日(金)23時16分13秒 112.190.3.110.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』、真に、真にありがとうございます!!!
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます!

これは、私が先週の特級者養成勉強会(以下、特級勉強会と略させていただきます)の折に賜った御守護です。
私は、今回の特級勉強会に行かせていただいたのですが、実は金銭面での余裕がほとんどありませんでした。
交通費などの最低限の出費を除くと、勉強会の次の日からの食費などが工面できなくなってしまうような状況でした(私が節約に努めてこなかった事も原因です)。

しかし勉強会二日目の朝、私は自分から何も言っていないのに、ある会員の女性の方から急に“おこづかいをあげるね”と5000円をいただいたのです!
私は最初は気が引けてしまい、一度は断らせていただいたのですが、他の会員の方々から“ありがたく受け取るのも素直なんだよ”と後押しをしていただいて、受け取らせていただく事にしました。
そして勉強会後の生活費が出来たので、安心して帰宅する事ができたのです!

後に金生先生とお話をさせていただいた時、以前、私が喜捨等に分不相応なお金の使い方をしてしまい、それを見かねて私の銀行カードを失くすように仕組んで下さった事、及び今回、他の会員の方々を使って私に御守護を下さった事などを説明されて、深く自分の心に刻ませていただきました。

大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』、いつも本当に沢山の御守護と御仕組みと御導きを賜りまして、真に、真にありがとうございます!!!!!

私におこづかいをくださった会員の方、及び、あの時に私にお金を受け取るように後押しして下さった会員の方々、本当にありがとうございました!!
大変お世話になりました!
 

特級者勉強会のご報告(その2)

 投稿者:ダニエル  投稿日:2012年 4月29日(日)22時55分7秒 112.190.3.110.ap.yournet.ne.jp
返信・引用 編集済
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』、真に、真にありがとうございます!!

引き続き、4月度特級者養成勉強会のご報告をさせていただきとうございます。

今回も、特級勉強会ならではの大物を呼び出すお諭しも行われました。

今回は、初級者勉強会に一度も出席された事のない会員(仮称Aさんとします)が参加されました。
Aさんは、今月の週の数え方を勘違いされて、今回の週末に初級者勉強会があると思われていたそうですが、実はそれも総て神仕組みで起きた事だったのです。

その事が理解できたのが、お諭しの時でした。
Aさんのお諭しの際には、かつてAさんの御本体(80点)に僅差で負けて、分魂を降ろす任務が戴けなかったので悔しくて障ってきた御神霊(79点)が出てこられました。
悔しさのあまり、これまでAさんが周囲から嫌われるように影響を与えてきた事が判明しました。
Aさんが、ご自分では何にも悪い事をしたり発言しているつもりはないのに、何故か周囲がAさんの言動を事あるごとに悪く受け取って、嫌がられてしまう事があったそうなのですが、その原因はこの御神霊の強力な障りでした。
周囲との関係が悪化するので、結果としてAさんの仕事や金回り全般も悪くなってしまったのです。

最初は悔しがって障っていた御神霊でしたが、長年に渡り障りを続けた事で身体が小さくなってしまい、力も出なくなっていました。
しかし諭されて、力を付けて、これまでの障りを元に戻し、Aさんに障っている大勢の御神霊や人霊達をゴッソリ救って徳積みをされたので、身体がとっても大きく立派な御神霊になりました。

その後にAさんの御本体が出てこられ、第一回目の勉強会から『真理』を学んで、更に大きな力を付けていただけました。

人生全体を悪くさせる、その元の原因の大物を呼び出して救えて、御本体も大きな力を付けられたので、これからAさんの人生は急激に良くなっていくでしょう!

本当に素晴らしいお諭しを拝見させていただきました。
正に、特級勉強会ならではの特徴です!
 

特級者勉強会のご報告(その1)

 投稿者:ダニエル  投稿日:2012年 4月29日(日)22時51分59秒 112.190.3.110.ap.yournet.ne.jp
返信・引用 編集済
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』、真に、真にありがとうございます!!
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます!

平成24年度4月の特級者養成勉強会(以下、特級勉強会と略させていただきます)のご報告をさせていただきます。
長文になってしまったので、二分割をさせていただきます。
どうぞ御了承くださいませ。

特級勉強会も今回で5回目を迎え、参加者同士でも、初めて参加した方と何回も出ている方とでは、霊力(霊感)の差がハッキリとしてきたように思えます。

まず最初に説かれたのが、不摂生と、自分の立場を忘れて行動する事の危険性でした。
勉強会以前、金生先生のご家族が不摂生を重ねた事で不動明王様をはじめとする神々の皆様から戒告を受けて、一時は非常に危険な状態になってしまった事が明かされたのですが、私個人としては、それでも御詫びをすれば再生のチャンスを与えて下さる『神様』と神々の皆様の慈悲深さを感じました。

自分の身体の管理も、人間の大事な役目である事が周知徹底されました。
その一環として、自分のエネルギータンクの補充の重要性と、ある大物政治家の例を挙げて、自分の想念によってエネルギータンクの色や形、更にはその中のエネルギーの質が変わってしまう事も説明されました(場合によっては、他人のエネルギータンクに穴を開けてエネルギーを抜いてしまい、疲れさせてしまう事が『神』から許されるそうです)。

その他、※1生霊への対処の仕方=納得させる事(生霊ではあるが、過去世を思い出して過去世の罪穢を反省する事はできる事、既に救われた先祖とは話ができるので、場合によっては先祖に説得をしていただける事)も説かれました。
※1 生霊とは、現在肉体がある人の魂が強い想い・念を持って人間に悪影響を及ぼす現象

特級勉強会の定番である訓練も、勉強会の回数を重ねる毎により高度化してきているように感じました。
・カード上に書かれた記号や自分の考えた数字を相手に送るテレパシーの訓練
・お札(ピン札)を相手が手から放した瞬間にキャッチする訓練
・イルカやコウモリが超音波で周囲の状況を把握するのと同じように、目をつぶって自動車や建物など周囲の状況を把握する訓練
・上記の応用で、目隠しをして歩いて、携帯機器から出る音楽を聞きながら周囲の人の立っている位置を把握する訓練
・両手を合わせた方の手をもう一人の人が叩こうとする気配を察知して避ける訓練、・・・等が行われ、参加者全員がとても楽しく学べました!

参加者によっては、自動車などの物質の表面の凹凸や木の色などがイメージできたそうです。

(その2)に続きます。
 

初級者勉強会後のお諭し

 投稿者:ダニエル  投稿日:2012年 4月23日(月)21時30分7秒 112.190.3.110.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』、真に、真にありがとうございます!!
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます!

これは、先週末の初級者勉強会の後の出来事です。
勉強会終了後にも関わらず、私は気分・体調共に重苦しくて、気力・体力がどんどん奪われているような感覚を覚えました。
他の会員さんに手かざしをしていただいても、スグに疲労感・脱力感に襲われる状態でした。

実は、勉強会一日目の内から他の会員の方々にも、私は沢山の御霊を背負っている、この一週間の内に何かおかしな事をしたり、変な場所に行かなかったか、などと指摘を受けていました。

確かに思い当たる節がありました。
先週中に学校からの帰路の途中で、ふと“いつもの帰路と違う道を通ってみよう”という気持ちになって、自転車で、地方の電車の線路の北側(通常の帰路は南側)を沿線沿いに帰る事にしたのです。
ところが、進めば進むほど道に迷ってしまい、暗闇の中で途方に暮れてしまいそうな気分になるほど、全く違う方向にかなりの距離を進んでしまったのです。
無事に帰宅させていただきましたが、通常約40分の帰途が5時間前後も掛かってしまっていました。

話を戻しますが、勉強会の後、他の会員の方々のご好意もあり、諭し役:金生先生、鏡役:あさがおさんという形で私のお諭しを設けていただきました。

本当に大勢の御霊達が出てこられました。
お諭しの中で判明したのですが、私が道に迷ったのは、大勢の御霊達に呼ばれたという事だったそうです。

ご自分の神社が無くなってしまって、ご自身を心の牢獄に閉じ込めていた御祭神の方が出てこられて、救われた後はその方の御先祖様方や御家族の方々で、他の御霊達の御救いに御協力をいただきました。

私の身体が、力を抜いていても自然と傾いてしまう原因は、私の身体に大きな錠前が掛けてあり、そこに犬神が閉じ込められていた事が判明しました。
その錠前も取れ、犬神の方も救われたのですが、それでも次々に身体に異変を感じました。

原因は、私の右肩にありました。
私は勉強会以前より、右肩に違和感や痛みを感じていたのですが、御守りを使っても一向に完治する気配がなかったのです。

御神霊の方々によると、その部分に霊道のようなものが出来ているそうなのです。
金生先生曰く、これは私自身の想念により作られたものであるとの事でした。

私はこれまで、救う力も無いのに、大勢の方々を救いたい!という想いに駆られてきました。
そして、その想いが自分で自分に穴を開け、霊道を作ってしまったのです。
自分の気持ちが先走りをしてしまった事を『神様』に御詫び申し上げました。
そして、それを修復していただきました。

金生先生に、『神様』の御用は、神界で調整して下さったものを自然体で受け止め、させていただくものであり、自分が救いたい!、という事ではない事を改めて教えていただきました。
また、救霊活動はあくまでも『神様』の権限である事が、今回の事で改めて認識させていただきました。

その後、御協力をいただいた御神霊の方々に、私は心が弱すぎて、スグに障られてしまう、夢に向かって一直線に考えすぎる、強い心でいなければならないよ、という助言と忠告を戴きました。

そして思い出したのは、以前に“功をあせってはいけない”という事を、私が実家の方でとても御世話になっている御祭神の方々が、おみくじで見せて下さった事があるという事でした。
今後は深く反省をさせていただきます。

霊道を修復していただいた後も人霊や御神霊が憑いてきたのですが、恨みの御霊だけでなく、面白半分に私を攻撃する御霊もいたそうです。

その方々には、いつまでも身体に憑いていると、霊界のゴミだと思って地獄のゴミ箱に捨ててしまうよ、いつまでも甘えるな、という警告を出しました。

大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』、沢山の御守護・御仕組み・御導きと、御光と御教えを賜りまして、真に、真にありがとうございます!!!
御奉仕の御神霊の皆様、『真理=神理』の研究会に御縁のある御神霊の皆様、私が御世話になってきました皆様、沢山の御守護・御仕組み・御導き・御協力を戴きまして、真にありがとうございます!!
金生先生、会員の皆さん、沢山に御世話になりまして、真にありがとうございます!
 

4月度初級者勉強会のご報告

 投稿者:ダニエル  投稿日:2012年 4月23日(月)09時46分17秒 112.190.3.110.ap.yournet.ne.jp
返信・引用 編集済
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』、真に、真にありがとうございます!!
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます!

先週末の『真理=神理』の研究会の初級者勉強会のご報告をさせていただきとうございます。
初級者の方々も、いよいよ次回が高山での救神・救霊活動という事になりました。
その為、二日目のお諭しの実習では、参加者16名全員分のお諭しを、午後の授業の4時間を使い、それぞれの方が約三回ずつ諭し役を務めました。

今回は、鏡役の能力が新たに開花した「あさがおさん」が約4時間に渡り鏡役をしてくださいました!
あさがおさん、本当にありがとうございます!
驚いたのは、一番最初のお諭しの際、まだ鏡役が御霊の言葉を口から出せない際に、金生先生が『神様』に“鏡役が言葉を話せる力を御与え下さい”という祈りをした後、まもなく鏡役が言葉をしゃべりはじめ、その後はどんどんスムーズに話せるようになっていった事です。
あさがおさん曰く、勉強会の前は鏡役の練習をしても、イメージも何も浮かんでこなかったけど、勉強会の際はハッキリとイメージができたそうです。

出てこられた御霊達も、驚く程バリエーションに富んでいました。
最近は動物霊が以前よりも多く出てくるようになったな、と感じていましたが、今回も虫になっている御霊等が出ました。
その他、参列者の御先祖様や御本体様方も御出ましになりました。

なお、今回オブザーバーとして参加された方のお諭しでは、極めて興味深い方々がお出ましになりました。
一人目は、その方のご主人の生霊でした。
奥様が勉強会に参加する事に心配をして出てこられたそうですが、勉強会の様子を見て安心されたようでした。

その後には、何と、この会とも縁の有る某宗教団体の創始者の御本体が出てこられました。
金生先生曰く、ご自分の我等の原因により、『神様』に祈る事も許されず、ご自分の宗教団体に『真理』を取り入れる為の働きかけを行うにも力が足りない状態となっていました。
しかし最終的には許されて、その宗教団体の現在のトップの方に、『真理=神理』の研究会からのアプローチが届くように御協力を下さる事となりました。

一日目、講師のヒロタケさんの座学では、教科書に書き込んで付け加えるべき事が説明されました。
特に、“余計なおせっかい”がどのようなカルマを生み出すのか、前世での自分のしてきたおせっかいが、今世の自分にどのような影響を与えるのかは目から鱗でした!
皆さんも必ず書き込んでくださいね!
 

4月度中級者勉強会のご報告

 投稿者:ダニエル  投稿日:2012年 4月17日(火)16時07分30秒 kuisif.kuis.ac.jp
返信・引用
  大宇宙の総ての総ての創造主『大元の光の主神様』、真に、真にありがとうございます!
金生先生、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます!

先週末に開かれた、『真理=神理』の研究会の中級者勉強会のご報告をさせていただきとうございます。

 本勉強会の最大の特色は、四十八の神々(『光の主神様』から数えて24階層目)よりも更に上の「神様」(20階層目)が御出ましになった事です。
この「神様」は、太陽系の運行及び地球上に起こる大災害等の発生を総指揮される程の強大な御力を御持ちなのですが、それほどの上の方の「神様」が御出ましになったのには理由がありました。

今回は、世界中の国々や、諸々の宗教団体に携わる大勢の神々の御救いが許されましたが、その中でも、今までにない、特殊なケースの御神霊の方々も大勢救われました。

実は東日本大震災発生の折、ご自分の力不足の所為で人間達が命を落とすのを防げなかった、守ってあげられなかったと思って嘆き悲しみ、自ら神界の刑務所に入ってしまった御神霊の方々が大勢いらっしゃったのです。

今回は、そのような方々を御救いするという意味でも、極めて大きな意味のある勉強会でした。
そして、御救いの中で、人間を守れなかった事はその御神霊達の罪ではないという事を、大災害を指揮する一番上の「神様」から通達していただく必要があったのでした。

そして同時に、悲しみ、辛い想いをする事も、御神霊達が強くなる為に必要な『神鍛え』である事が通達されました。

その他にも、昔(例:100年前)の分魂と現在の分魂の違い(御神霊の障りがあるかないか)や、今年中に焼却処分に遭わなければならない人間の魂の数等、とても興味深いことが明かされました。

その他、五月の高山勉強会にむけての準備も着々と進行していき、会員それぞれの御論しの向上の他、高山勉強会の際、誰がどの役割を執り行うのかも決定されました。
 

今は、過去世の罪穢の清算期なのですね。

 投稿者:金生 麗水メール  投稿日:2012年 4月13日(金)02時49分20秒 FL1-118-108-125-155.gnm.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
   4月12日の午後9時頃に、京都に住んでいる鏡役のヤマチャンの所に、強く憑いてきた御霊がいました。
 ヤマチャンは苦しくて耐えられないので、私に電話を掛けてきました。

 その御霊が言う事には、「人を何人も殺してしまった!」と、大騒ぎをしていて、私の問い掛けに対しては、真面目な反応をしませんでしたので、「ここに来て素直に私の言う事を聞かないのなら、帰って下さい。」と言いますと、「連れて来られたので、ダメだと言われている!」と言うのです。

 (私は、その時には、京都の祇園で7名が死んだ事故が有った事は、まだ知りませんでした。)

 その御霊に「『光の主神様』私は大勢の人を殺してしまいました。誠に申し訳ございません。どうぞお許し下さい。」と祈らせましたら、大罪を犯してしまったと大騒ぎをしていた御霊が「え、何で許されるのだ!!」と大騒ぎなのです。
 それをなだめて「『光の主神様』真に、真にありがとうございます。」と繰り返して祈らせましたら、たちまちの内に光り輝く世界に引き上げられてしまったのです。

 この御霊をヤマチャンの所に連れてきたのは御神霊で、その御神霊がおっしゃるには、この男性は『神様』の御用にお使い戴いたのだという事でした。

 この事故で死んだ方々の魂を救おうと思いましたら、御神霊から止められてしまいました。

 今の時代は、過去世に積んだ罪穢の清算期ですから、過去に大勢の人を殺した方は、今世で徳積をして過去世の罪穢を消して戴かないと、自分の命で償わされて、その上、魂はゲヘナの炎に放り込まれて、焼却処分になってしまうのだそうです。

 この文を読んだ方に申し上げます。

 徳積をして『神仏』に気に入って戴けるように、心掛けましょう!
 

崇教真光の皆さんへ : 幹部や組み手など、貴重な人材はもっと有効に使って貰いたい

 投稿者:あさがお  投稿日:2012年 4月 8日(日)01時23分37秒 EM117-55-65-135.emobile.ad.jp
返信・引用
   金生先生、会員の皆さん、この掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

 さて、一年半ぶりの真光に関する投稿です!今朝『神様』へのお参りで戴いたメッセージです。次のようなことを書きなさいということでした。

 『神』は『神』の御計画を地上に成らしめるために、『神』の御使い人をこの世に送り、宗教的・精神的な教育をして来られました。

 その方達が学ぶために真光など、色々な教えが下ろされました。そのもとへ、そういった方達は集り、色々と学びを深めていきました。

 そうやって学んだ方達は、人類の救いに勇んで参加するようになりました。本当に自分を投げ打って一生懸命される、信仰心深き方達です。自分の為では無い、総て『神様』のためにされる、本当に純粋で素直な心の方達。

 しかし、この方達は、同時に、ご自分がまだ霊界に関する情報が全然足りないがために、反対に大変苦しみ、ある方は死んでいきます。これはミソギである、と『神』に感謝しながら死んでいきますが、本当は死ぬ必要のなかった方達が大部分でした。

 そして、その情報が足りないが為に、自分の持てる能力が発揮出来ません。本当は大勢の方達を一瞬で救う力があるのに、一生かかって数名しか救えません。その救いは、又、完全ではありません。中途半端な救いに終わっております。

 『神様』は人間にこのような中途半端な救いではなくて、幸せ一杯になって欲しいのです。そのための教えを次々と下ろされて、学んで欲しいと願っています。

 その『神様』の願いを邪魔しているのが、真光で言う、“聖なるライン”、そして“初代の神格化”など、その方達を洗脳するような教えに他なりません。

 次の教えがドンドン出されているのに、“そちらには目を向けるな”、と縛り付けているのです。

 私が真光のことを今まで色々書いてきたのは、その事実に目を向けなさい、と言いたかった為です。そういった、『神様』の貴重な人材に、“脱皮しなさい、古い殻を脱ぎ捨てて、前進しなさい”と言いたかったのです。

 私も真光でいろいろ学ばせて頂いて、本当に感謝しております。今日の私があるのも、この会で学ぶ為に必要な基礎を与えてくれたのも真光ですから。

 母校の繁栄を心から願っています。その為には、新しい情報を取り入れて、救いの力を出して欲しいのです。その為の働きかけを先生は今日までされましたが、全て無駄な努力に終わりました。

 メンツを保つのではなく、素直に『神』の教えを取り入れて行くことで永遠の繁栄が可能だと思いますが。

 真光を変えることが不可能な状態の現在、真光で御神業されていらっしゃる、『神様』の貴重な人材の御本体様は、ご自分の分魂をこちらに導こう、といろいろ努力をされておいでです。

 この会の教えに、“御神霊も人間も、動物も植物も、この世のすべてのものは『神様』のお体の一部なのです”とあります。言い換えれば、人間は『神』と同質なのです。

 ですから、『神』は人間を変えることは出来ません。人間の我を取ることはできません。人間が自分で気づいて変わるしかないのです。

 その気づかせる為の資料を準備しておいてやらないと、御本体様もどう働かれて良いやら分かりません。

 その資料が先生の出された“崇教真光の教えの間違い”であり、皆さんの掲示板の書き込みなのです。この会の救う力の凄さは、ここに載っている数々の体験談で既に証明済みです。

 自己満足で御神業をしていても『神』はお喜びになりません。ひとりでも多くの方達を救ってこそ、『神』はお喜びになられるのです。あなたは人を本当に救っていますか?自分は救われていますか?

 『神』の貴重な人材を『神様』に有効に使って貰いたい。これが先生とこの会の皆さんの切なる願いです。まずはこの会で学んでみて、実際に自分で体験してみては如何でしょうか。駄目だったら、又元に戻ればいいだけでしょう?

『大宇宙の総ての総ての創造主  大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。崇教真光に残っている『神様』の貴重な人材をお救い下さい。
 

マタマタ奇跡です!

 投稿者:あさがお  投稿日:2012年 4月 8日(日)00時55分34秒 EM117-55-65-135.emobile.ad.jp
返信・引用
   金生先生、会員の皆さん、掲示板をご覧の皆さん、いつも本当にありがとうございます!

 また素晴らしい奇跡を戴きましたので、ご報告させて頂きます。

 これは先週戴いた奇跡です。早く書かなきゃ、と思いながら忙しさにかまけておりましたら、先ほど、お諭しの初めにマリア様(ヨトヤのスの神様)がお出ましになりました。

 イメージでお出ましでしたが、この様な時は、自分の中で今一番気になっているのは何か、と自分の気持ちの中を覗くと、そのメッセージが分かるのです。

 普段でも、「あーこれをしなきゃ」、と思った時は、決まって観音様やマリア様、或いは自分の御本体様からのメッセージです。いつまでもやらないでいると、お諭し中にお出ましになられます。

 お諭し中というのは、『神様』の御光に包まれて、大勢のご奉仕の御神霊に守られていますので、神界からのメッセージが戴きやすいのですね。

 それでは、本題に入ります。

 2月25日、タイの会員のランジャナさんから、自分の元教え子で、現在ナコーン・サワン県の大学の先生が脳腫瘍なので、お諭しの話をして欲しい、と言って来ました。

 この方は、7年前に脳腫瘍の摘出手術を受けております。その時に、真光の道場に来て手かざしを受けてから手術を受けましたが、腫瘍が目の後ろの神経にくっ付いていたので全部取れないまま終わりました。

 それから毎年検査を受けておりましたが、最近また腫瘍が大きくなって、瞼が腫れて来たのです。

 そこで彼女と電話で話すと、直ぐに喜捨が振り込まれ、一日おきに3回、それから少し間を置いてもう一回させて頂きました。先祖家族を恨んでいる方一同のお救いもさせて頂きました。

 彼女は上の方の国津神の分魂なので、かなり強い障りを受けておりました。そして大勢の人霊も障っていました。中世のイギリスで地主だった人の身体に入った彼女は、酷い扱いを受けた農民達にも障られていました。

 また、脳腫瘍で亡くなった先祖霊も救われたくて憑いていました。この中には仏教の僧呂や先祖供養の間違いで脳腫瘍になった日本人の先祖などがおりました。

 1回お諭しする毎に御神霊や人霊の数が減って行き、最後には御神霊が3、4名ほど出て来るだけになりました。

 腫瘍の細胞さんとも話をさせて頂き、良い細胞に生まれ変わるように言いますと、素直に言う事を聞いてくれたようです。この時、面白い体験をしました。細胞さんとのお話が終わった後、何だか横に黒い御神霊がいるのです。

 「あなた、そこで何をしているの?」と聞くと、脳腫瘍を作る担当の御神霊だと言うのです。そして、もうここでは役目が終わったから移動するところだ、と言って、去って行きました。「へー、脳腫瘍を作る担当の方がいるんだ」、と驚きました。

 瞼の腫れの状態も少し良くなった、と言うので、様子を見るために、3月23日に初めて彼女に会いました。そして、「あなたがこの会にご縁があるので、ご本体様が脳腫瘍をお作りになってお諭しの機会を与えたのです。もし会員になって『神様』の御用に立たせて戴けるようになったら、御本体様の目的が果たせるので、脳腫瘍も無くして下さるでしょう。」と話しましたら、その場で入会金を出されて会員になりました。

 腫瘍が自然分解するまで待つように言っておきましたが、会員になった直後に手術の日が決まってしまいました。

 国立病院での手術は待ち患者が多くて、いつ手術出来るか分からない、と言われていましたので、2ヶ月ぐらいは掛かるだろうと思っていたのです。

 しかし、これもきっと『神様』のお仕組みに違いない、と思い、「きっと今回はきれいに取って戴けるかも知れないよ」と話しました。

 3月28日に手術を受けましたが、思ったとおりで、脳腫瘍はきれいに取り除かれた、と報告がありました。きっと神経にくっ付いていたのが、お諭しで剥がして戴いたのだと思います。

 医者は彼女に以前から、手術をしても全部取れないが、小さくはなる、と言っていたのです。ですから、きっと医者も驚かれたのではないのでしょうか。

 私の言葉通り、会員になった途端、『神様』は脳腫瘍を無くして下さったのです。あれは、実は、私の口を借りて彼女の御本体様がおっしゃった言葉だった、と気が付いた次第です。

『大宇宙の総ての総ての創造主  大元の光の主神様』、このような素晴らしい奇跡を賜りまして、真に、真にありがとうございました。今後もどうぞ私をお使い下さいませ。

 そしてこの方がこちらの会で沢山にお使い頂けますように、どうぞこれからもお導き下さいませ。
 

第4回摂津特別勉強会のお知らせ

 投稿者:きょうじゅメール  投稿日:2012年 4月 2日(月)21時17分34秒 c024-084.intsurf.ne.jp
返信・引用
  『大宇宙の総ての総ての創造主 大元の光の主神様』真に、真にありがとうございます。

 金生先生、会員のみなさん、掲示板をご覧のみなさん、いつも本当にありがとうございます。

 4月1日第14回三重県桑名特別勉強会が開催され、総勢21名の参集を頂きまして、地元会員として嬉しく
お礼申し上げます。いつもありがとうございます。
 午前中は先生より神界の構成とか、嫁いだ時に遡ってのお互いの御先祖様への御挨拶を実践させて頂きました。
 午後からは、お諭し実習で全員の方がお諭しを受けられました。そして、嬉しいことに新たに鏡役の方が
開花されました。
 毎回のことですが、この特別勉強会では新たなお示しを戴く事が多い、素晴らしい勉強会であります。

 次は、摂津特別勉強会です。『神様』の御心を学ばせて戴きましょう。
 お気軽に参加してみて下さい。


  第4回大阪府摂津特別勉強会

☆ 日時:2012年5月6日 (第1週の日曜日)10:00 ~ 17:00 (12:00~13:00 昼休み)

☆ 場所:摂津市民文化ホール (いきいきプラザ内)3F 大会議室
    会議室棟は独立しており、摂津市民文化ホール西隣のいきいきプラザとなります。
  〒566-0034  大阪府摂津市香露園32番19号
  TEL:072-635-1404  FAX:072-635-1425
 おにぎり弁当昼食は、各自でご準備下さい。(会場北側にコンビニが有ります )

☆ 勉強会は会員だけでなく、一般の方の参加もお待ちしております。

☆ 費用:講義の受講御礼は、喜捨としてご奉納ください。
   会場費等は別途ご協賛としてお願い致します。
   喜捨については、解説書【喜捨の心得】をご覧ください。
   解説書をお持ちで無い方は、“ 喜捨の心得 ”でPDFファイルがご覧いただけます。
   必要に応じて個別相談をお願いできます。

☆ 参加申し込み、ご質問及びお問い合わせは、この投稿者名の“きょうじゅ”のメールをクリック
するとメールを送る事が出来ます。お気軽にどうぞ。

☆ 交通アクセス
  電車
   ・阪急摂津市駅より      徒歩約5分
   ・JR千里丘駅より       徒歩約10分
   ・大阪モノレール摂津駅より 徒歩約10分

  車
・名神高速 茨木ICより 車で約15分 (府道14号線 南へ)
  ・名神高速 吹田ICより 車で約15分 (中央環状 / 府道2号線→14号線南へ)
       府道14号線を南下 千里丘(交差点)を左折(東へ)すぐ

注)ホールには駐車場がありませんので、市立小川自動車駐車場(有料)か、
  近隣のコインパーキングをご利用ください。
  ・小川駐車場 駐車可能:58台  駐車料金 1台 300円
      障害者手帳をお持ちの方の自動車、又は障害者手帳をお持ちの方が
同乗されている自動車は無料です。

 地図をクリックしますと、拡大表示されます。
 

/35