teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. なんてことない修理など(20)
  2. クラッチ交換インテグラルH1編(90)
  3. クラッチ交換インテグラル(125)
  4. 六郎丸・七郎丸(53)
  5. チキン・チューン その壱(0)
  6. 壊れた部品を眺めてみる…(0)
  7. A1・CDIジェネのチェック(19)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


書き込み禁止っす

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2010年 1月13日(水)18時17分18秒
  読み方ですが 新しい記事が手前にありますので「古い記事から」はじめて
前のページに戻りつつ 上へスクロールしながら読んで下さい。
このコンテンツは TカップBBSを利用して書いているものですが
ここに書きこみしないで 話題はメインBBS(消滅)
に書いてください。
よろしくお願いいたします。
Tカップの広告(↑のほうにあります)結構おもしろいのがありますので
時々みてやってくださいね♪ よろしくっす

http://クラッチ交換インテグラル

 
 

発進

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)23時39分34秒
  午後5時 A7ツルギ 無事に発進。
茨木を越えて天王山トンネルを350ならではのトルクでスイスイと駆け抜けていきます。
快調そのもの!!!
ここまでやれて本当に良かった。 泣けてくるほど楽しいなあ。

新造戦艦アンドロメダの晴れ晴れとしたテーマ曲を口ずさんでると
…あれ? なんか吹けアガリが ゴロゴロしてる。
あれ? あれあれ?? なんじゃ?

紺屋の白袴 終

http://紺屋の白袴

 

一気筒

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)23時33分41秒
  上り坂を上り詰めると 一気筒死ぬのは フロート室がガス欠になるからでした。
ありゃ?ポイントコンデンサーを交換したのも 点火時期をいじったのも IGコイルを換えたのも ガソリンコックを洗浄したのも バッフルを抜いて手にマメ作ったのも
すべてコレですか?

http://紺屋の白袴

 

さて

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)23時29分47秒
  油面を見ようと ジャムのビンの上に置きました。
あれ? ガソリンが落ちてこないよ…。
フロートバルブを抜いても落ちてきません。
あれれれれ??

http://紺屋の白袴

 

朽ち朽ちじゃん!

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)23時28分1秒
  キャブの中は緑色でね 所詮はのってないバイクです。
どこまで行っても バイクの売買なんてこんなもんです。
「走ってましたよ」という業績はたいへん大事で 走らないバイクは 走るようにするまでに色々あるよね。
でもとりあえずは走ってくれるなら これだけ色々と楽しめる。
シマップ君のところまで歩いてとりに行って 乗って帰ってきてこの数日間 本当に楽しませてもらいました。
毎日がすごく充実してました。 楽しくてしょうがないです。
でもこれが自分のバイクだったら もっとボチボチやるかもしれないし
逆に時間かけてじっくりやってたかもしれません。
どんなバイクでもオーナーが変わればこんなもんです。

http://紺屋の白袴

 

ダメ!

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)23時20分44秒
  翌2日土曜日もツルギで発進!
IGコイル交換しても 結局ダメでした。
サイデラスピードウェイを登りきったパーマ屋さんの前で一気筒死にます。
判で捺したようで笑えます。
じゃあ後はキャブしかないなあということで 仕事が終わったら片肺のツルギで帰ります。
キャブを開けて問題がみられなければ 日曜日1日いじってから京都へ。
日曜でダメなら7日の木曜日に知多半島かな と 考えつつ ガレージに着いたら
全部脱いでつなぎに着替えます。

2時から会議なんで1時45分に出れば間に合う。 んじゃ40分ある。
あさからテスト走行だなんやで何も食べてません。
飯よりもキャブだ。

フロート室のガソリンの量を見ます。
「全然入ってないじゃん! これは油面が低いで!」

http://紺屋の白袴

 

寝付けない

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)23時12分54秒
  夜寝ようとしましたが どうも気になって眠れない。
バッフルチューブだったら…。

1時に起きだしてバッフルチューブを抜こうとします。
例によって抜けません。
A7はマフラーエンドの三角コーンがバッフルにくっついてます。
三角がマフラーの壁についてるのでギコギこギコギコ プライヤーで回しながら引っ張ります。
こんどは真夜中にCRCでべっとべと。
電柱に横棒つないで発進したろかい!!

手にまめができて痛くてしょうがなくなったところで やっとこ抜けました。
「はあ なんかあったっすか?」
ってかんじで バッフルが抜けてきました。
真ん中で折れてますけど 二重構造してるので例によって抜け落ちてませんが
こってこてで詰まっちゃうような感じもなし。
マフラーから覗いても 特に何にもないような…。
こいつはまあいいんじゃないかな。
もし明日なんかあれば キャブを開けてみよう ということで こてっと寝てしまいました。

http://紺屋の白袴

 

まだまだベイベ~~~♪

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)22時51分56秒
  わずか一時間ぐらいの間に ガンガンIGコイルの交換をしました。
嫌だなあで後送りにしているところにやっぱりいつも答えがあるのかな…。

IGコイル交換終了。
青影くんのコイルがダメだったとかそういうオチは勘弁して欲しいです。
土曜日は仕事があって2時から商工会の会議が4時まであります。
終わったら発進して英兄やんのところまで …走りたい。
コイル交換でよくなるんだろうか?
でもイッコイッコつぶしていくしかないでしょ~。

http://紺屋の白袴

 

さっさと

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)22時47分39秒
  積みます。 クワガタ端子茶色線と黒線 んで水色線をコイルにつなぎます。
これでどないじゃ!!!!

あ~~~~なつやすみ~~ ずっとおどりつかれむねに♪

http://紺屋の白袴

 

もいっちょ♪

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)22時45分19秒
  ♪イッツオーライ だれだってインじゃない 焼けた~すはーだ~を~♪

抵抗値は左右でちょっと違いますが まあこんなもんかなあ。
この辺になると ガソリンは気化して ガレージの床は汗でボトボトです。
とにかくコイル交換が一番時間かかるんでサクサクやるんじゃー!!

http://紺屋の白袴

 

ハイテンションコイルを

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)22時42分49秒
  青影に使ってたコイルにさして 一次コイル側の抵抗値を見ます。
コイツが通電不良だと話しにならんもん。

♪あ~~~夏休み~ そんで踊りつかれ胸に~ まだまだベイベ~~~♪

http://紺屋の白袴

 

汚い…

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)22時40分27秒
  もうね おしてしるべしでしたけど タンク下が汚いです。
この数日 毎日もうなんぼ洗っても取れないぐらいに 手が汚いです。
お客さんの視線がつらい。
コイルなんかもう汚くて…でもとにかく解決しちゃうんだい!
だっだっだ とネジを緩めます。

♪イッツオーライ泣いちゃっていーじゃない こ~んなで~あいは~♪

http://紺屋の白袴

 

おらぁ

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)22時36分22秒
  ガソリンタンク(昨日満タンにしたよね)のリンケージのチューブからガソリンが出るのが落ち着いたら
このリンケージはフレームの鞍の上を通るように余裕を持って左右つないでおいてやろう!
その方が外す時に困らないから!

もうガレージの床 ガソリンで一杯だよ!
チューブはワイヤリングしといてやるぅ!!!

防波堤押しかけて~わけばなくセミ~ 熱冷め遣らぬフ~たり 飛び込む水のおーとー♪
ホーミタイ 夢とちゃうのかい こ~んな出合いは~ なーつのかずほど 恋したいけーどー♪

http://紺屋の白袴

 

IGコイル交換開始!

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)22時31分0秒
  仕事から帰るとカミさんはうちの実家に娘の浴衣姿を見せにいってるらしい。
作戦開始♪ クルマをガレージの外にほりだして 単車のセンターを立てます。
なぜかあの唄がアタマに流れます…

♪湘南で~みた ヨシヅの君は~ だれかれふ~りむくき~れこみ~
フィールソ グー~♪
夏の少女~ 一度お願いしたいね~ アイラビュー連発する渚の狼ボーイ

昼間一度外したシートなので サクサク外れます。
ガソリンはやはり…前のリンケージのチューブだけは どれだけガソリンを抜いてても
抜いたとたんにガレージはガソリンの海です。
エンジンがまだ熱いので火が出ないかひやひやします。
熱いのと脱水とガソリンの匂いでアタマがくらくらします。
引っこ抜いて勢いよく出るところにホームセンターのチューブを刺します。
刺したチューブはジャグに落そうとするんだけど なんかともかくガンガンこぼれます。

http://紺屋の白袴

 

ついでに

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)22時21分1秒
編集済
  チェンジペダルの根元が六角でとまってて またスプラインが甘くなってるので
ガタが大きいので 六角ではシメこめないのでボルトに交換しました。

さてこれで乗ってみましたが これが不思議なことに サイデラスピードウェイの
登りきったところのパーマ屋さんの前で一気筒死にます。
暑い気候の裏腹に「何でよくならんの!」と心臓の上を冷や汗が流れます。
一応一気筒でも走りますのでそのままモモヤマダイスピードウェイに入って木陰で休みます。
プラグを8番から9番に交換。
プラグは決してべたべたになってなくて ピッカピカの新品です。
不思議なことに 失火したプラグをもう一度使っても ちゃんと火花が出てます。
一度ダメになったプラグは使えないはずなのにね。

のぼりでダメになる…なんかあるんだろうか?
のぼりを パーシャルよりもちょっと開け気味にした時に ぼそっと左が死にます。
走り始めは 混合気は明らかに濃いです。
走りはじめから症状が出てるときはありません。
家の周りをチョコチョコはしった程度では出ないンですが
何キロか走ったら出ます。 ごまかしたいけどごまかせないです。

ひとつはイグニッションコイルが半死にで 温もると横ションとか 火が飛ばないでだめとか。
よくあるトラブルです。
アメリカ人がのってた頃から なんとなく調子が悪い
たぶんこれは伝装系だろう 火花がおかしい気がするので コンデンサーがダメなんじゃないか
純正が手に入らないから 手持ちのものをシート下につけておこう
…長年火花が半死にだったのかもしれません。
コイルを交換するか…いやだなあ タンクを外す時は 左右リンケージのチューブを外したとたんに
ガソリンでベトベトになるな…。 頼むから ガソリンタンクだけは外したくなかったなあ。

もうひとつの可能性は マフラーがつまってるんじゃないか?と。
手でかざした排圧はまあまああるけど 出るところがつまってるので
マフラーの中にチュルチュルのオイルがたまってボトボトと落ちる。
「そのものじゃないの♪」
全体を見ると 悪いけどこの整備状態ですので バッフルなんか抜いたことはないんじゃないのか?
マフラーがアウトだと もう脱水小僧の汗太郎作戦が延期になるなあ。

もうひとつは わざと避けてるキャブが疑わしい…。
油面が高すぎて 坂道ののぼりでエンジンの負かがかかると 濃すぎて燃えなくて失火する。
坂道の登りきりで出るので 車体前輪が上に上がるとでる。 勘違いしてますけどマッハシリーズは
タイヤが上に上がるとオーバーフローします。 ところがその ドレンのチューブを
最初の方で大気圧に出す ということでチューブにつないでます。
そのチューブがなんかの事情でキンクしてるんじゃないか?
つないだチューブが太いものしかなかったので カバーから出るところで ふさがっちゃってるんじゃないか??
キャブの問題がないかフロート室を開けるとして フロートパッキンがないので
ちょっと遠慮したいなあ。
パーコレーションがひどいとしても 死んだ気筒のプラグがキレイなもんなんだよね。
ベットベトのジュルジュルなら やっぱりチョークがとか 色々なことがいえるんだけど…。

8月2日の夕方には第壱走者の英兄やんにはバイクを届けたい。
問題箇所をイッコイッコ消すしかないのですが 一番厄介なのは イグニッションコイルです。
仕事が終わったら即家に帰って ポイント時代の青影のコイルに交換してみよう。
結論としたらまずそこから消すことにしました。
仕事が終わったら シャッターを閉じるのももどかしく 家に向かって走りました。
走る途中も負荷をかけると一気筒死にます。

一次圧縮が著しく低い?  そんなのもありえるけどオラシラネ。

http://紺屋の白袴

 

配線

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)17時49分52秒
  コンデンサーはIGコイルからポイントに向かうところに並列で接続されていました。
ジェネの横にあるコンデンサーを交換するのが面倒なので ここで接続しておけばいいじゃない?という考え方。
まああっちのコンデンサーがパンクしてると考えれば コンデンサーの極盤の間が導通しちゃってるということなので
ジェネ横のコンデンサーがパンクしたならばジェネ横を外さなければ意味がないような気もします。
でも ジェネ横がなくなってるとしても このシート下のコンデンサーって タイラップでフレームに留めてあるだけで
アースに落ちてる感じがしないんですけど…。
まあとにかく謎のコンデンサーへいく線ははずして正式の接続に直しておきました。

http://紺屋の白袴

 

翌日

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)17時36分16秒
  8月1日 いよいよ明日の夕方には京都まで走って引き渡さなければなりません。
点火時期を調整したことで直ってしまうのでしょうか。
朝一番から走ってみます。 なんと!サイデラスピードウェイを登りきるパーマ屋さんの前で左気筒が失火しました。
「なんじゃこりゃ~~!!」
あわてて飛び降りてプラグを交換します。
プラグは不思議なことに ベトベトとかでありません。
むしろさらっとして新品のプラグみたいです。
火花は飛んでます。 キックしてもかかりません。
ありゃ?もう一度出勤前に押せ押せか?
スピードウェイを逆に下りながら押しがけしたらかかりましたが
左は火が入ったり切れたりしながらです。
右はこの前は点火時期が遅すぎたのでパワーがなかったので 右だけで走ることはできませんでしたが
今日は右だけでもずいぶん走れます。 何とか押さなくてもたどり着けました。

朝一番に店にSimap君が来たのでその話をしたら…
「そうですよ ポイントコンデンサーパンクしてるでしょアレ」
はぁ?
「それでかシート下にコンデンサーあるんですわ。」
なんじゃそれ?
アメリカから来たときからシート下にコンデンサーがあるらしいです。
サイドカバーの裏側に見えるんで 昼休み慌てふためいて家に帰ってシートを外しました。
シートは横開き式ではありませんが リアウィンカーを留めているボルトを緩めると
ズボッと外れます。
でかいリアキャリアがついてるのでシート外すのが面倒で外さないで作業してました。

むっ これがコンデンサー?
アルミのステーに留めてフレームにタイラップ留めしてあります。
USAボンファイヤーかと思いましたが 一応マジメにポイントコンデンサーだと考えて組んだんでしょうか?

http://紺屋の白袴

 

あわてて

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)17時01分16秒
  まだ少しタイムアップには時間があったので ガソリン入れがてらテスト走行に出ます。
近くにできたガソリンスタンドに行きましたが 新装開店で安いのか 長蛇の列!
天気が怪しいので いつものサイデラスピードウェイの向こうのガソリンスタンドに直行しました。
サイデラスピードウェイにかかる前にもうバケツひっくり返したような雨になりました。
あまりの雨にそろそろと走りますが ガソリンは確か1リットルぐらいしか入れなかったので経済走行です。
数日前押し押しの刑に処された地点を何とか越えてGSにたどり着きました。

大雨なんで ちょっと遠慮気味に走ってますが …なんか根本的に解決された感じではない 嫌な予感がします。
雨と一緒に振り切るように走って帰りました。 つづく

http://紺屋の白袴

 

長いこと

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)16時54分17秒
  結局長い時間格闘したんですが
まず ベースプレートは どちらかに傾けきらないようにして なるべく真ん中の位置で
点火時期が両側合うようにしました。
ギャップを調整してからベースプレートを動かすと ベースプレートは同心円で動かないので
どちらかのポイントヒールを押しつつ んでどちらかはポイントヒールを緩めながら回転しますので ふつうに点火時期が進んだり遅くなったりしませんです。
写真は残ってませんが 両側上死点前23度よりも 見た目ほんの少しだけ遅くなる(線と線はあってるけど線の厚みぐらい遅い という感じ)であわせました。

マジックで「つるぎ」と命名しました。 果たして登戸を目指せるのか!

http://紺屋の白袴

 

んで

 投稿者:ジロ吉  投稿日:2008年 8月 3日(日)16時33分39秒
編集済
  ポイントギャップを 色々といじくっているうちに
写真のように線に近くなったりします。
ポイントギャップを調整するというか作るってのは
まずポイントが一番開いた状態の部分にもって行きます。
そこってポインターが合いマークと合うあたりでポイントが開くでしょ
んでカムを回して行って180度(反対側の点火時期)よりも30度ぐらい手前のところが一番開いているというか 横ばいで安定しているところであわせました。
ねじ二個が緩んだ状態にして ポイントヒールをポイントカムに押し当てると ばねが効いてますので ある程度押し込んでバネのテンションがかかってる状態でポイントの接点側を
押していいギャップにもって行きます。
なれたら目で見た感じで0.3より広いとか0.4ぐらいだとかわかるようになります。
そんな風にあわして ポイントが離れるところをみれば そのうちにいいところになってきました というのが下の写真です。
よくみてもらって面白いのは イッコ下の写真と見比べて ベースプレートも逆に目一杯動かしてます。
すなわち点火時期がさらに遅くなるほうに回してるのに 線に合う側に動いてます。
ベースプレートが 同心円で調整回転されてないってこともあります。

http://紺屋の白袴

 

レンタル掲示板
/38